2007年3月18日 (日)

投資家保護以上に投資家教育が必要

ライブドア元社長のホリエモンに、判決が下った。
判決は有罪。

粉飾、それも会社の中身を相当偽る粉飾を行ったのだから、当然といえば当然といえる。
粉飾が発覚してから同社の株価はどんどん下がった。
本業がまったくの赤字で振るわなくて、ファイナンスで利益を出して会社の延命措置を施していたわけだけど、そのファイナンスも粉飾なのだから、中身がまったくの空っぽの会社であり、嘘で吊り上げられた株価は瞬く間にしぼんでしまった。

日興証券も粉飾があったが、会社の実態にそれほど影響を与える金額でもなく、本業も堅調であったため、株価がそれほど下がらなかったことからいえば、実に対照的な結果である。

ところで、なぜこのような中身が空っぽな会社に個人投資家は投資したのだろうか。
ホリエモンが若い人間でありながら、会社を上場企業に育て上げたから応援したいという理由もあったようだ。
また、経団連に加盟できたことを理由に投資した人もいたようだ。
しかも、退職金を丸々つぎ込んだ人もいたらしい。しかし、それらのこととその会社が投資対象として適格かであることとは別問題だろう。

今、ライブドア株で損を抱えた株主たちが損害賠償を求める動きがある。
投資家保護が不十分と主張している人がいるが、果たしてそれだけであろうか。
それ以上に投資家教育が徹底されていれば、ギャンブルと割り切る人間以外は投資しなかったのではないか(この場合、当たりのないギャンブルだったわけだが)。

大体一つの銘柄に丸々資金をつぎ込むことが筆者には信じられない。
しかも、このような中身のない会社。
本業はまったくだめで、ファイナンスで何とか儲け、しかも黒い噂が付きまとう。

そのような企業に投資することが筆者には考えられない。
普通に投資家教育を受けていれば、ライブドアに投資するなんて考えられないだろう。
投資家保護という名目で規制をかけても、投資家に投資の判断に必要な知識がなければ、投資につまずく人間を多数生み出すだけだ。

日経会社情報 2007年 春号 [雑誌] Book 日経会社情報 2007年 春号 [雑誌]

販売元:日本経済新聞社出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

会社四季報 2007年 2集春号 [雑誌] Book 会社四季報 2007年 2集春号 [雑誌]

販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (13)

まだまだある、支離滅裂!みのもんた笑劇場~みのもんたのその場限りの安直なコメント

先日、クラスター爆弾の生産禁止条約作成を目指すオスロ宣言が採択された際、日本は宣言に参加しなかった。
防衛庁長官の久間は、防衛上必要だと寝ぼけたことを言っているが、大体防衛上でこのような兵器を使用する理由がなく、筆者は日本も参加すべきだと考えている。
日本に他国が攻めてきたとき、この兵器を使って敵を排斥したとしよう。
その後不発の子爆弾だらけの国土で、どのように復興しようとするのか?

話を元に戻すと、このニュースで、みのもんたは宣言に参加すべきと言っていた。
でも、イラク戦争でアメリカもクラスター爆弾を使用したんだけど、どういうわけかイラク戦争ではイラクが悪いとみのもんたは考えているのだ。
不当な言いがかりをつけて他国に攻め入った挙句に、クラスター爆弾まで使うアメリカってとんでもない国であるわけだが、みのもんたはクラスター爆弾に反対してもアメリカは非難しないんだなあ。

そもそも、このような事態があるからオスロ宣言を採択して、クラスター爆弾の生産禁止条約締結を目指しましょうよと言っているのだ。
現にイラクも復興に際してこのクラスター爆弾の不発弾には悩まされている。
戦争が終わってもとの住まいに戻っても、手や足が吹き飛ばされてしまうのだ。

そんなことも見えないみのもんたのクラスター爆弾反対コメントなど、安直としか言いようがない。

サニーのおねがい 地雷ではなく花をください Book サニーのおねがい 地雷ではなく花をください

著者:柳瀬 房子,葉 祥明
販売元:自由國民社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続・地雷ではなく花をください―サニー カンボジアへ Book 続・地雷ではなく花をください―サニー カンボジアへ

著者:柳瀬 房子,葉 祥明,吹浦 忠正
販売元:自由國民社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サニーのゆめ ありがとう地雷ではなく花をください Book サニーのゆめ ありがとう地雷ではなく花をください

著者:柳瀬 房子,葉 祥明
販売元:自由國民社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (11) | トラックバック (2)

支離滅裂!みのもんた笑劇場~こんな人間がニュースの司会をしていていいのか?

みのもんたが朝っぱらから支離滅裂なコメントをしている「朝ズバッ!」だが、最近の支離滅裂ぶりは本当にひどい。
ホリエモンの判決が先日出たが、その中でどういうわけか、日銀の福井総裁ファンド出資問題をしきりに口にしていた。
福井総裁が出資したのは、村上ファンドじゃん。
どうして、ライブドアの粉飾に直接結びつくのかさっぱり意味不明。
それに、福井総裁は結局村上ファンドへの出資での利益だけでなく、元手も全額寄付したが、それでもみのもんたは気に入らないらしい。
本当に支離滅裂で頭おかしいよ、みのもんたは。
いじめ問題で一般視聴者が寄せたFAXを本にして儲ける方がよほど感覚がおかしいと思うが。

いのちまるごと―子どもたちは訴える(保健室からの緊急レポート) Book いのちまるごと―子どもたちは訴える(保健室からの緊急レポート)

著者:田中 なつみ
販売元:高文研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

日銀の失敗~2月の利上げは正しかったか?

ここ数日、世界同時株安が発生している。
上海や深センでの株式市場の急落が、世界同時株安を引き起こしたと、テレビを中心に一般的なマスコミは解説しているようだが、筆者は、上海株式の急落は世界同時株安のきっかけでしかないと考えている。
それはあくまで経済をあまり理解していない人向けの単純な図式でしかない。

むしろ、アメリカでのGDPの確報値の大幅な低下や1月の耐久財新規受注の大幅な悪化が要因として大きいと筆者には思われる。
バーナンキFRB議長が利上げを何度か行ってきたが、これがアメリカ経済にジャブのように効いてきているようだ。
アメリカは景気低下に向けた軟着陸に成功しつつあるという大方の予想を裏切ったのが、今回の大幅なアメリカの株安であり、これがむしろ世界経済に悪影響を及ぼしそうだとして、投資家が株式市場から資金を引き上げたと思われる。

上海や深センでの株式市場の急落といっても、もともと国内投資家専用の市場が過熱気味だったのが、政府による引き締めにより景気悪化しそうだとうわさが広まって資金を引き上げだしたことが原因。
オリンピック特需に沸いている中国国内の投資家がバブルを引き起こしていたわけで、PERも40倍ぐらいと他の市場に比べてかなり高すぎた。
他の市場のPERは10数倍であり、それほど高くはない。
中国市場の急落はあくまで中国人投資家にしか影響がない範囲だったわけで、中国発の世界同時株安というのは短絡過ぎる。

さて、日本では2月に日銀が利上げを行った。

一部には、政府の反対を抑えて日銀の独立性を示したと評価する向きがあるが、筆者は全く逆の意見である。
なぜこの時期に利上げしたのかの理由が不明確だからだ。

日銀は1月の利上げを見送ったが、この理由としては、個人消費が伸び悩んでおり物価が上昇していないことが理由として挙げられた。
安倍政権の反対に屈服したのか否かという評価はさておき、物価が上昇していないから利上げはしないというのは実に経済学的に整合的な論理である。

それなら利上げを行った2月に物価や個人消費に関する指標は改善したのだろうか。
答えは否だ。
では、なぜ利上げを行ったのか。

2月のG7で、日本が低金利政策を続けているがために、円で資金を調達し高金利国通貨で運用する円キャリートレードが、世界経済を不安定にしていると声明が出たからである。
円キャリートレードが膨張していたのは1月でも同じである。
だったら、1月にでも利上げを行い、円キャリートレードによる投資の過熱を抑えることが必要だったのではないか。
2月に利上げを行い日銀の独立性を保ったなんていう人もいるが、円キャリートレードを恐れる外圧に肩を押された格好なのだ。

このような状況の中、日米の金利は今後どのように展開し、どのような経済環境を生み出すのか。
米国では、経済指標の悪化を受け、利下げを求める声が高まる可能性が大きい。
すると、日米の金利差が縮小し、円キャリートレードの巻き戻しがより加速するかもしれない。
つまり、買っていたドルを売却し円に換え、調達した円貨を返済することになるわけだ。
その結果、一時的かもしれないが、大幅な円高が加速する可能性もある。
すると、輸出企業の想定レートの見直しも余儀なくされて、企業業績が下方修正されることおそれがある。

株価の調整が一時的なものだと思っている人も多いようだが、その予想を裏切る結果になるかもしれない。
いずれにせよ、今回の世界同時株安が、今後日米の金利差や株価にどのような影響を与えるかは、あらかじめ意識しておいたほうがよかろう。

投資家のための金融マーケット予測ハンドブック Book 投資家のための金融マーケット予測ハンドブック

著者:住友信託銀行マーケット資金事業部門
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来 Book 国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来

著者:富田 俊基
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(上) 為替と金利はなぜ、いつ動くか編 Book 藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(上) 為替と金利はなぜ、いつ動くか編

著者:藤巻 健史
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (14)

菊地凛子さんがオスカーを逃したけど・・・

まあ、しょうがないか。
だって、前にもこのブログで書いたけど、アカデミー賞って、ハリウッドのための祭典だもの。
最近では、徐々に傾向も変わってきて、難しい役どころを演じた人が受賞する例もあるんだけど、やっぱりハリウッドらしい映画の女優が賞を取ってしまった。

難しい役どころをこなしてオスカーを取ったといえば、小生は「ボーイズ・ドント・クライを思い出す。
菊地さんは健常者でありながら聾唖の女子高生という難しい役を立派にこなしたそうだが、例えば、「ボーイズ・ドント・クライ」のヒラリー=スワンクも、性同一性障害の女性を演じきって素晴らしい出来であった。
女性でありながら、女性である自分に違和感を持ち、男性として生きる女性。
彼女は女性でありながら、あたかも男性のようにスクリーンで振舞っていた。
何気ない仕草(櫛で髪をとかす手つきなど)までもが男性のようであり、決して大げさではなく、自然な男性の振る舞いであった。
小生の妻も、彼女を見て「この人本当に女性なの?」と驚いていた。

そのほかにも難しい役どころをこなしたといえば、ウディ=アレンの映画「ギター弾きの恋」で、口が聞けなくてやや知恵遅れ気味の少女ハッティを演じたサマンサ=モートンが挙げられるだろうか。
彼女もオスカーにノミネートされたが、受賞には至らなかった。

いずれにせよ、これらの演技派の女優が、映画を変えていくかもしれない。

ボーイズ・ドント・クライ DVD ボーイズ・ドント・クライ

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ギター弾きの恋 DVD ギター弾きの恋

販売元:メディアファクトリー
発売日:2001/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (4)

2007年2月26日 (月)

みのもんた笑劇場~菊地凛子さんにみのもんたが言った珍言

みのもんたは前々からアホだと思っていたが、ここまでアホとは知らなかった。
それは今朝の「朝ズバッ!」の話。

アカデミー賞の会場に向かわんとする菊地さんに向かって、衛星中継でみのもんたがインタビュー。

曰く、「菊地さんって、映画に詳しいそうですね」だそうだ。

はあ?

菊地凛子さんを誰だと思っているんだよ?

女優だよ、しかも映画に何本も出ているんだよ!!

アホかみのもんたは。

イチローに、「野球がお好きなんですね」と訊くのと同じぐらい愚問だよ。
本当にみのもんたはアホだよ。
世の中、こんなアホが好きなバカもいるようだけどね。

余談

ところで、スポーツ新聞を飛行機内で読んでいたイチローに対して、「野球がお好きなんですね」と尋ねた強者のキャビンアテンダントがJALにはいたそうである。本当にイチローそのものを知らなかったらしい。

菊地凛子さんが出演している映画を挙げておくので、みのもんたは見ておくように。

笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション DVD 笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰がために DVD 誰がために

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2006/02/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (6)

2007年2月17日 (土)

疑惑の東京マラソン~どう考えてもファシスト都知事石原の自己満足だろ?

さて、2/18に東京マラソンとやらが開かれる。
もともと存在した東京国際マラソンと東京シティロードを統合して開くらしいが、石原が誘致に熱心な東京オリンピックの予行演習の目的も兼ねているようだ。

筆者は東京オリンピックの誘致に反対しているので、東京マラソンにも反対だ。
大体、そんな無駄金使って東京の中心部の交通を長時間止める人間の気が知れない。
ドイツのファシストのヒトラーも、ベルリンオリンピックにご執心だったから、このようなスポーツ大会の大々的開催というのは、ファシストに共通した心理なのだろう。
わざわざ起点を東京都庁にしたところも、その心理の表れなのかもしれない。

しかもこのマラソン、当初は青梅マラソンと見事にバッティング。
どう考えても都知事石原が仕組んだと思うのだが。
というのも、都知事石原が東京オリンピックの計画を出したとき、多摩地方の市町村は反対した。
オリンピックの開催場所がほとんど23区内とその周辺で完結する内容だったため、恩恵がない多摩地方の市町村はその計画にブーイングを浴びせたのだった。
それに対し都知事石原は、「吠え面かくなよ」と言ったそうである。
都知事石原が東京マラソンの開催日を伝統ある青梅マラソンの日程にわざとぶつけたと筆者は推測している。

「他国のマラソンイベントの関係で2月に実施した」というようなことを都知事石原は言っていたそうだが、額面どおりに受け取るわけにはいかない。
ここ数年、前身の東京国際マラソンは2月の第2日曜日に開催されていた。
必ずしも2月の第3日曜日である必要はない。
ここ数年アスリートが務めていた青梅マラソンのスターターを今年は都知事石原が務めたことからも、主催者の1つ青梅市あたりが「名誉職」を都知事石原に与えてなだめたのだろうかと邪推してしまう。

いずれにせよ、ファシストの考えることはろくでもない結果しか招かないということだ。

余談
ところで、「朝ズバッ!」では、「石原都知事はちゃんと東京マラソンを実現したではないですか」などと、褒め称えるようなことをみのもんたが言っていた。
こんなファシストを讃えるみのもんたは、やっぱりレベルの低い司会者ということだ。

ぼくたちが石原都知事を買えない四つの理由。 Book ぼくたちが石原都知事を買えない四つの理由。

著者:姜 尚中,宮崎 学
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (10)

みのもんた笑劇場~下手なお笑いより面白い、みのもんたの珍言妄言

一昨日の「朝ズバッ!」(一昨日だったかも)だったか、またまたみのもんたが珍言妄言を振りまいていた。

曰く、「安倍首相の支持率が低いのは、安倍さんのせいではない、国会議員皆さんのせいだ」そうだ。

はあ?という感じである。
大体さあ、国民の大半が興味ない改憲に熱心で(相当岸信介の亡霊に取りつかれているようだ)、格差問題など肝心な経済問題をおろそかにしているのは安倍シンゾーだろ?
しかも、不明朗な事務所費支出を行っている人間を大臣に登用しているんだから、支持率下がって当然。
にもかかわらず、公共の電波を使って、安倍シンゾーをかばいまくっているみのもんた。
こんな人間がニュース番組の司会をするのだから、TBSはおかしいよ。

安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介 Book 安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介

著者:宮崎 学,近代の深層研究会
販売元:同時代社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月12日 (月)

おかしな日本食をバカにするおかしな日本人・その2

先日の東スポでくだらない記事を見つけた。
筆者は買っていないが、電車で読んでいる人がいたので、何気なくのぞいたときに見つけたのだ。

スペインの回転寿司屋で、餃子が回ってきたという内容だった。

だからどうだというのだ。
海外に変な日本食があふれていると言いたいのだろうけど、いくら東スポとはいえ、それをいちいち記事にすることなのだろうか。

日本の回転寿司屋なんて、ヨーグルトのような洋風デザートが回ってくるが。

東スポが一部いくらするか知らないけど、そんなことに取材費を使うという神経がわからない。
これは記事がうさんくさいというレベルではなくて、他国の変な日本食を批判するくせに、自国で同様なことが行われている事実に気づかないという記者の知能の低さを露呈しているということなのだ。

NHKためしてガッテン定番の裏ワザ「和食」 Book NHKためしてガッテン定番の裏ワザ「和食」

著者:NHK科学・環境番組部
販売元:アスコム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年2月11日 (日)

夕張の1万円成人式を単なる「美談」で終わらせていいのか?

話がちょっと古くなって恐縮なのだが、財政破綻した夕張市は成人式を挙げる若者に成人式の開催費用として1万円を渡したそうだ。
随分少ない額だが、市民の協力や全国からの寄付金もあって、非常に印象深い立派な成人式を挙げることができたということだ。
それはそれで結構だが、筆者は釈然としないものを感じた。

夕張は財政破綻してしまった。
その一方で、東京都では、都知事石原が自らの飲食に都税をつぎ込んだ(早い話がネコババである)。
その額たるや、1,000万円以上といわれているが、裁判で返還するよう命ぜられたのが40万円ほど。
しかも、都知事石原がそれを不服としたため、都が控訴したそうだ(これも都税なんだろうなあ)。
都知事石原の寄生虫行為が発生している自治体がある一方で、たったの1万円で成人式を挙げなくてはならない自治体も存在するわけだ。

こんな不条理が罷り通るのが日本なんだけど、マスコミは夕張の成人式を「美談」として取上げるだけで、テレビを中心に都知事石原の寄生虫ぶりを非難する報道が目立たないのはなぜだろうか。

夕張の困窮は、天変地異によるものではない。地震や洪水の被害者への支援と違って、財政破綻である。
そして、夕張の予備軍とされる自治体は多々あるのだ。
そんな中、心温まる援助が夕張に多数寄せられたという報道がどれほどの意味があるのか。
これから夕張と同じ運命をたどる自治体が数多く発生すれば、一般市民の善意による寄付では何ともならないだろう。

地方と都市圏の格差の拡大という中で、夕張の財政破綻と都知事石原の寄生虫ぶりを捉えないと、格差拡大という問題は解決できないだろう。

ぼくたちが石原都知事を買えない四つの理由。 Book ぼくたちが石原都知事を買えない四つの理由。

著者:姜 尚中,宮崎 学
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

«関西テレビがいい加減な報告書を提出~だから、いい加減放送免許を取上げろって