« 表参道ヒルズの異常な価格はバブルの予兆か? | トップページ | 森伊蔵も佐藤も見つかった!~僕の焼酎日記 »

2006年5月31日 (水)

チャートが教えてくれる日本株の転換局面

週足で一目均衡表を見ると、遅行線が日々線に突入して下回りそうな感じ(下の図では、黒い線が遅行線)。
去年の8・9月頃からの上げ相場の状況が完全に変化した様子だ。

下げ相場が始まるのか、もみ合いになるのか、上げ相場に向け調整完了するのかは、もうちょっと様子を見ないとわからないが、少なくとも急いで仕掛ける必要はない。

休むも相場とは、よく言ったものだ。
この遅行線が、日々線や雲に対してどのような動きをするのか、見極めてから行動しても遅くないようだ。

一目均衡表の見方を知らない人は、以下の本を一度読んだ方がいい。
一目均衡表は日本人が考え出したチャートだが、今や世界の多くのトレーダーが使っている。
この本は、その一目均衡表の見方だけでなく、その他の多くのチャートの使い方役立ち度も書いてあり、非常に参考になる。


投資の王道―株式市場のテクニカル分析 Book 投資の王道―株式市場のテクニカル分析

著者:新井 邦宏
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Chart_2

|

« 表参道ヒルズの異常な価格はバブルの予兆か? | トップページ | 森伊蔵も佐藤も見つかった!~僕の焼酎日記 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2017629

この記事へのトラックバック一覧です: チャートが教えてくれる日本株の転換局面:

« 表参道ヒルズの異常な価格はバブルの予兆か? | トップページ | 森伊蔵も佐藤も見つかった!~僕の焼酎日記 »