« 日銀の福井俊彦総裁が村上ファンドで得た年間利益について説明! | トップページ | 世界最長の曲「ヴェクサシオン」聴きたいなあ~シャープの携帯電話のCMより »

2006年6月16日 (金)

公人の証券がらみの行為に規制がなくてもいいのか?~福井総裁の村上ファンド出資騒動が示したもの

今、日銀が揺れている(と当事者は思っていないかもしれないが)。

日銀を統べる福井総裁が、村上ファンドに1千万円出資していたというスキャンダルである。

村上ファンドを立ち上げたものの、資金があまり集まらないのを見かねて手助けしたといえば、聞こえがいいが、問題はそんなところではない。

この一連の騒動をめぐって、当の本人と小泉政権の人間は、あきれるほど非常識な回答をしていた。

福井自身、村上ファンドへの出資が報じられたとき、どれぐらい儲かったかわからないなどと、とぼけたような回答をしていた。

しかも、国会で答弁を求められたから答えたと、この事件について何とも感じていない様子。

その上、それ以外にも株をいくつか保有していたことが後になって発覚。

挙句の果てに史上最高の愚昧な大臣の一人、与謝野が「自分の財産ならば、法令に違反しない限り何に投資しようが差し支えない」と開き直った。

いったい福井は日銀総裁の立場をどのように考えているのだろうか。

日銀といえば、アメリカのFRB(連邦準備理事会)に相当し、金融政策を取りまとめるところである。

したがって、日銀の出す政策やその総裁の発言は、一国の通貨の金利や為替相場に大きな影響を与えるわけであり、その立場は公正中立でなくてはならない。

そのためには、多少給料はずんでもいいから、できる限り資産公開や証券取引禁止などで、日銀の役職員の透明性や公平性を担保するような体制を採るべきだ。

さもないと、一国の金融政策が個人的な目的のために利用されたり歪められたりする。

例えば、こんなことだって起こりうる。

「今度の会合だけど、金利引き上げが決まりそうだな。他の委員に感触を聞いてみると、みんな賛成のようだ。だったら、債券先物を売っておこうかな。金利が上がって債券価格が下がるから、債券先物の売りで儲けられるぞ」

この例からもわかるように、日銀の役職員の透明性や公平性を確保することは非常に重要なことなのだ。

であるからして、福井は村上ファンドへの出資が明らかになった時点で、真摯に反省し、日銀内で規程がないことを問題視して、体制の改革を行うといった姿勢を明らかにすべきだった。

本当は、私が軽率だった、申し訳ない、早急に対応すべきだと明言し、実行すべきだったのだ。

にもかかわらず、儲けはいくらかわからないなどと間抜けな回答で国会答弁を行い、挙句の果てには大臣まで出て、「法律に違反していないのだから問題ないのだ」と開き直った。

こんな日銀総裁や政治家にその職務を全うする資格はない。

大体考えてみてほしい。

金融商品取引法(以前は証券取引法)が典型だが、実に細かいことまで規定している。

しかも金融行政の管轄官庁からは細かいことまで検査を受けている。

これは、日本の金融が公正に運営されるためではないのか。

民間企業にはあれこれ規制や検査でがんじがらめにしておいて、その官庁のトップが何の規制もなく、好き放題証券がらみの行為を行って、挙句の果てに法律にないのだから問題ないと開き直る。

そんな政府が、国民にも外国にも日本への投資に向かわせようと政策をこねくり回しているのだから、笑わせる。

だから、この問題は、日本の金融制度が世界に伍するものかどうかを占う試金石だったわけであり、その結果は日本の政治・官庁のトップに金融制度を作る資格がないことを証明したのであった。

その後、asahi.comで以下の記述があるのを知った。

日銀の内規では、職務上知り得た秘密で利殖行為をすることを禁じ、在職中に株式を売買した場合には報告を義務づけている。また、「世間からいささかなりとも疑念を抱かれることが予想される場合には、個人的利殖は慎まなければならない」とも定めているが、日銀は福井総裁の投資について「ルールには違反していない」としている。

証券会社や金融機関に課しているルールに比べれば、なんて緩々なんだろうか。

つくづく思うが、公のトップというのは何で身内に甘くて民間に厳しいのだ?

聖人君子たれとは言わないが、民間に厳しさを求めるのであれば、それ以上の厳しさをもって自らを律するべきではないか。

金融商品取引法ハンドブック―証券・保険・預金の法律と裁判実務 Book 金融商品取引法ハンドブック―証券・保険・預金の法律と裁判実務

著者:桜井 健夫,石戸谷 豊,上柳 敏郎
販売元:日本評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 日銀の福井俊彦総裁が村上ファンドで得た年間利益について説明! | トップページ | 世界最長の曲「ヴェクサシオン」聴きたいなあ~シャープの携帯電話のCMより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2246611

この記事へのトラックバック一覧です: 公人の証券がらみの行為に規制がなくてもいいのか?~福井総裁の村上ファンド出資騒動が示したもの:

» 日本銀行 福井俊彦総裁 村上ファンドで「利益数百万円の年も」 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『村上ファンドに1000万円を投資していた日本銀行の福井俊彦総裁は16日の衆院財務金融委員会で、「年によっては数百万円の利益も出ていることがあった」と話し、ファンドが高い利回りで運用されていたことを明らかにした。 具体的な運用状況については「可及的速や....... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 21時21分

» 村上ファンド [ビジネスアシスト新都心センター社長の趣味]
            以下の記事を目にしました。              金融相、日銀規定「見直しを」                              総裁の投資問題   2006年06月16日12時10分  日本銀行の福井俊彦総裁が村上ファンドに1000万円を投資していたり複数銘柄の株式を保有していたりした問題で、与謝野金融相は16日の閣議後会見... [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 21時27分

» 日本銀行福井俊彦総裁、ウソ答弁だった!? 「2月解約」の疑惑、さて後任は誰でしょう。 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『村上ファンドへの1000万円投資が発覚した日銀の福井俊彦総裁。「なぜ、今年2月になってファンドを解約したのか」をめぐって、いくつもの疑惑が浮上してきた。1 3日の苦しい弁明には、不審な点も多い。15日午後には、参院での参考人質疑に臨む福井氏。その答弁....... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 12時18分

» 村上ファンドと日銀総裁 [One And Only]
村上世彰容疑者と福井総裁。 バッチリですね。 日銀の福井俊彦総裁は13日午前の参院財政金融委員会で、証券取引法違反の疑いで逮捕された村上世彰容疑者(46)が代表を務めていた「村上ファンド」に1000万円を拠出していたことを明らかにした。大久保勉参院議員(..... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 16時41分

» 日銀福井総裁の件について思う [taki-log@たきもと事務所]
   やや新鮮味も薄れましたが、日銀総裁の福井俊彦氏が、現在取調べ中の「村上ファ [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 17時34分

» 日銀福井総裁、波紋広がる [のなか通信日誌]
先日、参院財政金融委員会で村上世彰容疑者が代表を務めていた通称・村上ファンドに資金を投資していたことを自ら明らかにした日本銀行の福井俊彦総裁は、今日の参議院予算委員会に参考人として出席した。 その中の答弁で福井氏は Q.日銀総裁就任時に村上ファンドへの投資を解約しなかったのはなぜか? A.日銀法や内規違反でないことや当時は適切な処置ということと判断した Q.今年2月にファンドの解約を申し出た理由は? A.(阪神電鉄買収など)村上ファンドの変質 Q.投資で得た利益はどのくらいか... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 19時50分

» 福井日銀総裁、2年前の「仰天講演」〜不道徳な商品とは [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 福井俊彦日銀総裁が、村上ファンドに1000万円を投資していた問題(総裁になる際に精算しなかった問題でもある)は、さまざまな切り口が可能である。野中広務元自民党幹事長が19日、「福井総裁は辞任すべきだ」と発言した。しかし、単に辞任して済むという話ではない....... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 19時09分

« 日銀の福井俊彦総裁が村上ファンドで得た年間利益について説明! | トップページ | 世界最長の曲「ヴェクサシオン」聴きたいなあ~シャープの携帯電話のCMより »