« 東証REIT指数が過去2番目の下落幅――オリックスF急落で | トップページ | 個人投資家の投資方針で一番気になること »

2006年6月20日 (火)

W杯徹夜観戦で6人突然死 中国、過労など原因


       

共同通信によると、ワールドカップで興奮のしすぎや徹夜で6人が突然死したそうです。
中国もサッカー盛んなんですね。
というより、代表が参加しているわけでもないのに、何でそこまで興奮できるんだー!?

 19日付の中国紙、揚子晩報によると、サッカーのワールドカップ(W杯)のテレビ中継を徹夜で観戦して過度に疲労したり、興奮したことが原因で、中国国内でこれまでに6人が死亡した。
 浙江省杭州では、連日の観戦で睡眠不足となっていた高血圧の女性ファン(43)が、13日夜に韓国がトーゴに勝利したことに興奮。目まいを感じながらシャワーを浴びた後、意識を失い死亡した。
 このほか、湖南省長沙や広東省珠海などで20代から60代までの男女5人が同様に徹夜で観戦後に突然死した。
 中国は今回、W杯に出場していないが、サッカーは人気の高い国民的なスポーツ。上海では、大画面を用意して未明まで試合中継を見せるバーなども多い。

点が入るたびに「アイヤー!」と叫んでいるのでしょうか。恐るべし中国パワー・・・。

THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX] DVD THE LEGEND OF THE FIFA WORLD CUP FIFAワールドカップ歴代大会全記録[DVD SPECIAL BOX]

販売元:日活
発売日:2002/04/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 東証REIT指数が過去2番目の下落幅――オリックスF急落で | トップページ | 個人投資家の投資方針で一番気になること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2300095

この記事へのトラックバック一覧です: W杯徹夜観戦で6人突然死 中国、過労など原因:

» ブラジルスタメンはどうなる? [zara's voice recorder]
朗報?ロベカルら日本戦休養 6回目の優勝を狙うブラジルは18日、ミュンヘンでオーストラリアと対戦し、後半4分にFWアドリアーノ(24)が先制弾、終了間際にはFWフレッジ(22)が追加点を奪って2―0で勝利。2連勝で勝ち点を6に伸ばし、10大会連続で1次リ..... [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水) 07時03分

« 東証REIT指数が過去2番目の下落幅――オリックスF急落で | トップページ | 個人投資家の投資方針で一番気になること »