« シンクタンクのいう「経済効果」は当てになるか? | トップページ | 日経平均下げ幅300円超える! »

2006年6月13日 (火)

日銀福井総裁も、村上ファンドに出資していた?

日経QUICKによれば以下の通りだそうです。

 福井俊彦日銀総裁は13日、参院財政金融委員会に出席し、「村上ファンド」の前代表、村上世彰容疑者との関係に関して、「村上氏が独立した99年夏に自信があるかと問うたところ、『企業統治の基本的な考え方には自信がある。ただし、お金を集める自信がないと言っていた』。そこで富士通総研の数人で、私も入り、1人1000万円を、当初の志を激励、サポートする意味で拠出した」と述べた。拠出した時期は99年秋で、その後も現在に至るまで現金化や解約はしていないという。
 当初拠出した資金が現在いくらになっているかについては、「よく分からない。帳簿上の利益については適切に納税している。あまり大した金額ではない。巨額にもうかっているという感じではない」などとして明言を避けた。
 民主党の大久保勉議員に対する答弁。

政局でも一波乱ありそうです。

|

« シンクタンクのいう「経済効果」は当てになるか? | トップページ | 日経平均下げ幅300円超える! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2198406

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀福井総裁も、村上ファンドに出資していた?:

» ワールドカップの間隙を縫ってたまにはまじめに小泉政権末期を占ってみようかな。 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
1.小泉政権の5年間は旧利権の破壊と新利権の創造、いいかえれば、創世会の破壊にあった。 日本郵政VS全銀協の対立に象徴される。(特定郵便局利権の破壊と金融護送船団方式を破壊し、日本郵政に吸収) 2.そのブレーンとして、暗躍したのは、竹中平蔵とオリックスの宮...... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火) 12時14分

« シンクタンクのいう「経済効果」は当てになるか? | トップページ | 日経平均下げ幅300円超える! »