« 「未公開株」詐欺にご用心! | トップページ | 民主党小宮山洋子は日本の証券取引の規制状況を知っているのか? »

2006年6月 7日 (水)

村上ファンド事件 海外投資家、反応は冷静~ロイター通信は猛省せよ

村上ファンド事件で海外投資家が日本株への投資を手控えるとの憶測が一部であったが、筆者はむしろ当局の規制が働いたという点で、評価されると信じていた。

そんな中、今朝の日経新聞で、次のように報じられた。イギリスの著名な投資コンサルタントは「規制当局の監視機能が働いた表れで歓迎すべきことではないか」とのこと。スタンダードチャータード銀行のエコノミストも日本株への影響は限定的、むしろ日本企業のコーポレートガバナンスを向上させると考えている。

そりゃそうだ。

中国のような不透明な市場では、投資家は安心して取引できない。

海外の投資家からは、今回の逮捕を比較的冷静に見ているのが現状だ。

翻って、先日のロイター通信はどうだ。

先日のブログにも書いたが、あたかも日本が自由経済に反しているかのように記事を書いているが、本当の投資家というのは、マーケットの規律を重んじるのだ。

このような記事を書いたロイターは猛省した方がよい。

そういえば、毎日新聞の編集委員の岸井も、村上が逮捕されるのはしょうがないですね、というようなことをいっていたが、おいおい、検察の行きすぎを非難していたあの態度はどこに行ったんだ。

マスコミのレベルも落ちたものだ。

|

« 「未公開株」詐欺にご用心! | トップページ | 民主党小宮山洋子は日本の証券取引の規制状況を知っているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2113240

この記事へのトラックバック一覧です: 村上ファンド事件 海外投資家、反応は冷静~ロイター通信は猛省せよ:

« 「未公開株」詐欺にご用心! | トップページ | 民主党小宮山洋子は日本の証券取引の規制状況を知っているのか? »