« 男前豆腐店を書類送検=大豆殻を不法焼却-京都府警~時事通信より | トップページ | マスコミに見る人権意識の異常な低さ~やっぱり金(視聴率や発行部数) »

2006年7月 6日 (木)

株、ソフトバンク(9984)に大口売りの正体は…――需給に再び警戒感


ソフトバンクに大口の売りが出たそうだ。信用の見切売り?何にせよ、需給が重しであることは間違いない。株に手を染めた個人投資家が、逃げ遅れて大きな被害を受けているのは間違いなさそうだ。とにかく、失敗したらさっさと手を引くこと。これができないようでは相場では生き残れない。相場の格言は昔からそのようなことを説いているので、読んでみるべし。

 6日の日経平均株価は続落した。北朝鮮によるミサイル発射や日米の金融政策に対する不透明感を背景に、いったんは薄らいだ需給面への警戒感が再び頭をもたげた。 この日の東京株式市場では、前場は堅調だったソフトバンク(9984)が後場に入って急速に下げ足を速めたことが話題となった。前日比5円安の2550円へと下げに転じたのは13時19分。この1分間に日通し売買高の2%強に当たる約100万株の売りが出た。これをきっかけに追随売りを巻き込み、14時13分には同105円安の2550円へと下げ幅を広げた。 この売りの主体について、市場では個人投資家との見方が出ている。ソフトバンクの年初来高値(5190円)は1月4日。その後の下げ局面を信用取引で買い向かった個人が、6カ月の決済期日接近で手じまいに動いたとの読みからだ。 丸和証券の小林治重・調査情報部長は、「個人の投資心理は(人気株が)高値を付けた直後の下げ局面ほど押し目買いの好機ととらえる傾向がある」と指摘する。その結果、売り逃げるチャンスがないと、期日到来で返済売りを迫られるか、買い付け代金全額を証券会社に支払って現物株を引き取る(現引く)ことになる。 実際この半年間、ソフトバンクは、信用買い残が5月中旬まで右肩上がりで増加する一方、株価はほぼ右肩下がりとなっており、「しこり玉」の整理売りは、簡単には一巡しないとみられている。 「北朝鮮のミサイル発射のショックもあってか、休み明けの外国人からの注文は全般に売りが目立った」(CLSA証券の矢萩正弘セールス・トレーダー)との指摘もあり、必ずしも6日のソフトバンクへの大口売りが個人投資家からとは限らない。それでも、今後の株式市場全般の需給動向を読むうえでは、「ソフトバンクは大きな指標の一つ」(東海東京調査センターの隅谷俊夫シニアストラテジスト)であるとは言えそうだ。(日経QUICKより)

格言で学ぶ相場の哲学 Book 格言で学ぶ相場の哲学

著者:鏑木 繁
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する



|

« 男前豆腐店を書類送検=大豆殻を不法焼却-京都府警~時事通信より | トップページ | マスコミに見る人権意識の異常な低さ~やっぱり金(視聴率や発行部数) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2526814

この記事へのトラックバック一覧です: 株、ソフトバンク(9984)に大口売りの正体は…――需給に再び警戒感:

« 男前豆腐店を書類送検=大豆殻を不法焼却-京都府警~時事通信より | トップページ | マスコミに見る人権意識の異常な低さ~やっぱり金(視聴率や発行部数) »