« 信用評価損益率マイナス17.41%!~個人投資家大丈夫か? | トップページ | 道路交通法改正は誰のため?民間活用を叫びながら、警察官の天下り先を確保 »

2006年7月27日 (木)

8月の米産牛肉の輸入再開を決定

日経QUICKによれば、以下のとおりだ。
賛否両論の中、ついに輸入解禁。
本当に大丈夫なのかね。
アメリカの大手業者のために解禁しているとしか思えないのだが。

それはそうと、最後の吉野家の一杯をめぐって殴りあった人おめでとう。
思う存分牛丼を食べれるね。

その日の食べ物にも事欠き亡くなっていく人が大勢いる地域がある一方で、こんなことで殴りあうなんて、まさに飽食ニッポンの象徴だよ。

農林水産省と厚生労働省は27日、BSE(牛海綿状脳症)対策本部などを開き、米国産牛肉の輸入解禁を正式決定した。同日午後には川崎二郎厚労相らが記者会見で再開決定を発表し、食品安全委員会にも報告。同日中に米国に解禁を伝える段取りだ。8月前半にも米牛肉が市場に出回ることになる。 米国産牛肉は、昨年末にいったん輸入が解禁されたが、1月にBSEの特定危険部位である背骨の混入が発覚。再び輸入禁止の措置が取られた。 日本向けの米牛肉は、生後20カ月以下で脳などの特定危険部位を取り除くことが基本ルール。日米両政府は背骨混入の原因究明や、ルール違反の再発防止策などの協議を重ねてきた。 先週末、日本政府は米国の対日輸出施設35カ所すべての査察を完了。このうち34カ所は安全管理体制が整っていると判断した。残る1施設についても体制が整い次第、出荷を認める。それ以外の施設からの出荷は半年間、認めない。 輸入再開後も、日本政府は米施設の抜き打ち検査に同行したり、検疫を拡充するなどして、監視体制を強化する。

BSE―米国産牛肉輸入再開問題 Book BSE―米国産牛肉輸入再開問題

販売元:農林統計協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ノンコンプライアンス・レコード―日本向け米国食肉処理施設におけるBSE違反記録 米国産牛肉の安全性は保障されていない! Book ノンコンプライアンス・レコード―日本向け米国食肉処理施設におけるBSE違反記録 米国産牛肉の安全性は保障されていない!

販売元:合同出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 信用評価損益率マイナス17.41%!~個人投資家大丈夫か? | トップページ | 道路交通法改正は誰のため?民間活用を叫びながら、警察官の天下り先を確保 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2823964

この記事へのトラックバック一覧です: 8月の米産牛肉の輸入再開を決定 :

» いよいよ、アメリカ産牛のご来日ですw [ネット的記憶装置]
しっかり産地表示してくれて、選択することが出来ればいいが絶対口の中に入るもんなー。はよ、BSEの全容解明しろよ〜、頭いい人。米産牛肉、輸入再開を決定http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060727AT3S2700B27072006.html農林水産省と厚生労働省は27日、BSE(牛海綿... [続きを読む]

受信: 2006年7月27日 (木) 20時59分

» すき家好きやブロガー同盟 [喜八ログ]
米産牛肉輸入を正式決定 半年ぶりに再開 (共同通信社 2006年 7月27日 (木) 12:44)  農水省は27日、牛海綿状脳症(BSE)対策本部(本部長・宮腰光寛副大臣)を開き、脊柱(せきちゅう)の混入で今年1月に止まった米国産牛肉の輸入を、約半年ぶりに再開することを正式決定した。厚...... [続きを読む]

受信: 2006年7月28日 (金) 21時08分

» 牛丼「すき家」社長が、吉野家を批判! [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
ごもっともなご意見です。 [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 04時41分

» 米産牛肉の輸入再開!日本でシェア回復に全力 [浮 世]
米産牛肉の輸入再開、日本でシェア回復に全力…米政府日本が米国産牛肉の輸入再開を決めたことで、米政府や関連業界は、かつて最大の牛肉輸出相手国だった日本市場でのシェア(占有率)回復に全力を挙げる方針だ。米国産牛肉輸入再開について会見する川崎厚労相=東京・厚...... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 22時11分

« 信用評価損益率マイナス17.41%!~個人投資家大丈夫か? | トップページ | 道路交通法改正は誰のため?民間活用を叫びながら、警察官の天下り先を確保 »