« ファーストリテーリング(9983)がキャビン(8164)をTOB? | トップページ | Credit Agricoleが日本に生命保険会社を設立 »

2006年7月22日 (土)

トヨタの異変-崩れた品質神話


という内容で、週刊東洋経済が特集を組んでいる。
これはかなり面白い。
トヨタのリコールがなぜ急増しているのか、その原因を分析し、「急成長のひずみ」あるいは「現場の疲労」を挙げている。

トヨタのリコール台数は、去年史上最大規模となった。
200万台弱で、ホンダや日産の5倍以上!

しかも、恐るべき予測がある。
モルガン・スタンレー証券のアナリストによれば、このまま品質低下問題に有効な手が打たれないと、「2008年から10年にかけて、トヨタのリコールは今の規模をも上回り、史上最悪となる可能性が高い」

急速なグローバルにより、現場は慢性的な人材不足、トヨタの部品関係も下請けに丸投げすることが多くなった。

特にプリウス。
プリウスの主要部品はトヨタ自らが作っているとの触れ込みだったが、実はハイブリッド関連の部品でさえ外注を始めているのだ。

しかも、リコールの内容というと、シートベルトを固定するナットの付け忘れという驚くものもある。

トヨタは最近、プリウスをハリウッドスターに広めたり、北米や中国の工場計画を発表したり(これは豊田章一郎会長がストップかけた)と派手なアピールばかり目に付くが、このままでいいのか?

製造現場から見たリコールの内側 Book 製造現場から見たリコールの内側

著者:五代 領
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トヨタ・レクサス惨敗―ホスピタリティとサービスを混同した重大な過ち Book トヨタ・レクサス惨敗―ホスピタリティとサービスを混同した重大な過ち

著者:山本 哲士,加藤 鉱
販売元:ビジネス社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


レクサスのジレンマ Book レクサスのジレンマ

著者:金子 浩久
販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トヨタとホンダ Book トヨタとホンダ

著者:塚本 潔
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ファーストリテーリング(9983)がキャビン(8164)をTOB? | トップページ | Credit Agricoleが日本に生命保険会社を設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2761598

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの異変-崩れた品質神話:

« ファーストリテーリング(9983)がキャビン(8164)をTOB? | トップページ | Credit Agricoleが日本に生命保険会社を設立 »