« 何と!ジダンの頭突きゲームが登場! | トップページ | リンナイのライバル、パロマ製湯沸かし器事故で15人死亡 »

2006年7月14日 (金)

史上最悪の法律「障害者自立支援法」~この法律は障害者の生活を破滅に追いやる

最近、悪法の制定や法令の改悪がはびこっているように思われて仕方がない。
道路交通法の改正もその中の一つだと思うが、ここでは「障害者自立支援法」を取り上げたい。
この法律はどんな目的か。

第一条  この法律は、障害者基本法 (昭和四十五年法律第八十四号)の基本的理念にのっとり、身体障害者福祉法 (昭和二十四年法律第二百八十三号)、知的障害者福祉法精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 (昭和二十五年法律第百二十三号)、児童福祉法 (昭和二十二年法律第百六十四号)その他障害者及び障害児の福祉に関する法律と相まって、障害者及び障害児がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、必要な障害福祉サービスに係る給付その他の支援を行い、もって障害者及び障害児の福祉の増進を図るとともに、障害の有無にかかわらず国民が相互に人格と個性を尊重し安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与することを目的とする。

まっとうなことを書いているように見える。
しかし、問題はその中身だ。

この法律には障害者自立支援法施行令および施行規則がある。
この法律および二つの政令によると、預貯金・現金を350万円超保有している知的障害者は、知的障害者のための授産施設や更正施設等を利用する使用料の個別減免が受けられなくなるのだ。

その結果、今どんなことが起こっているかというと、知的障害者の親が、知的障害者のお金で投資信託や年金保険や債券を金融機関や証券会社に申し込んでいるのである

知的障害者の金だよ。その金で、投信や年金保険や国債含む債券だよ。
知的障害者の場合、判断能力は標準だが身体のみ不自由や身体障害者より自立するのが難しい。
後者の場合、肉体労働は無理でも頭脳労働で収入を得ることができるかもしれないが、前者の場合、頭脳労働はもちろん肉体労働でも収入を得ることが困難だ。
健常者が普通にできることを、知的障害者はそれ以上に時間をかけて教育しないとできない。
だから、仕事に就いて収入を得るのが難しいし、一旦就職しても順調に続けられるとは限らない。
したがって、不測の事態に備えて、手元に自由にできる預貯金や現金を置いておくのが望ましい。
しかし、この法律だと、個別減免を受けるために、年金保険や投信、債券などより仕組みが複雑で元本割れする可能性のある金融商品を買わなくてはならない。
預貯金や現金を350万円超保有していると、個別減免が受けられないからだ。
現に、市町村役場の福祉関係の職員は、個別減免を受けたければ、こういった複雑で元本割れの可能性のある金融商品を買いなさいと勧めているのである。

大体このような金融商品では普通の高齢者でもトラブルが起こっているのである。
まして、判断能力の水準が普通の人より低い知的障害者に買わせるのである。

当然、金融機関や証券会社では、金融資産を保有している知的障害者本人に判断能力がないため、申込を断り、その結果手間のかかる成年後見制度の裁判を、知的障害者の親が起こさざるを得なくなるのである。
となると、結果として知的障害者が自立するどころか、成年後見人の助けがないと社会生活できないことになるのだ。

こんな滅茶苦茶な法令があろうか。

それにしても、マスコミはこんな滅茶苦茶な事態をどうして報道しないのか。
畠山鈴香容疑者の事件の報道に熱中しているようだが、こっちの方がより大きな社会的問題を孕んでいるのだ。

障害者自立支援法と応益負担―これを福祉と呼べるのか Book 障害者自立支援法と応益負担―これを福祉と呼べるのか

販売元:かもがわ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高齢者・障害者の権利擁護とコンプライアンス―法律家と実務家が多くの事例をもとに記す Book 高齢者・障害者の権利擁護とコンプライアンス―法律家と実務家が多くの事例をもとに記す

著者:高野 範城,小湊 純一,荒 中
販売元:あけび書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 何と!ジダンの頭突きゲームが登場! | トップページ | リンナイのライバル、パロマ製湯沸かし器事故で15人死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2646947

この記事へのトラックバック一覧です: 史上最悪の法律「障害者自立支援法」~この法律は障害者の生活を破滅に追いやる:

» 高所得者層、法人を厚遇する施策から、「社会・会社から疎外される若年者層」に対する施策を!! [青山はここにありました]
私のブログの最近の目的の一つを記載しよう。低所得者層、個人を犠牲にし、高所得者層、法人に対する減税措置を推進している、コイズミ・奥田路線は、若年者層を社会・会社から疎外している。と言うことを言いたい。[原記事は、2006年6月19日に掲載したものです]... [続きを読む]

受信: 2006年7月18日 (火) 01時24分

» 悪法「障害者自立法」の見直しを [競艇場から見た風景]
小泉政策は「痛みを分かち合う」どころか痛みは弱い者、障害者・高齢者に集中して負わせるものでした。同法が一部施行された4月以降、障害者の自立は困難になり、改正医療法では高齢者の負担増で医療・療養が困難になっています。 「障害者自立支援」とは名ばかりで、障害者..... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 16時15分

» 弱い立場の人に「冷淡な国」 [競艇場から見た風景]
「北の核」やら「バカ息子発言」やら「共謀罪」問題+風邪を引いてしまいやらでエントリーが遅れてしまったが、世の中には声も上げられない弱い立場の人たちがたくさんいる。この様な人たちを助けようともせず、見殺しにする「国」が本気で国民を守ると思いますか? ミサイル..... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 21時45分

» 小泉のアホンダラの退任に際して [キーサン日記--皿澤 剛の日記]
 とうとう、小泉のアホンダラが退任しました。次は安倍の超アホンダラが首相になりました。別になんの感慨もありませんが、この5年間いろいろなことがありました。日本全体も荒廃しました。僕らもたくさん振り回されました。確かに小泉の前もひどい状況でしたが、小泉の5年間で... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 18時32分

« 何と!ジダンの頭突きゲームが登場! | トップページ | リンナイのライバル、パロマ製湯沸かし器事故で15人死亡 »