« 首相小泉の靖国参拝とそれをヨイショする人々のあきれる行状 | トップページ | ポンドを買っておけばよかったなあ。 »

2006年8月25日 (金)

靖国神社に祀られている人しか見えない靖国参拝論者の想像力のなさ

8月15日に首相小泉は靖国神社を参拝した。
参拝した理由を問われた小泉は、記者会見で答えを述べた。
記者会見の内容は首相官邸ホームページにも掲載されているので、そこから以下抜粋した。

小泉総理インタビュー

平成18年8月15日 【質疑応答】

【質問】 総理、今回はどのような気持ちで参拝されましたでしょうか。

【小泉総理】 これは毎回申し上げているのですが、日本は過去の戦争を踏まえ反省しつつ、二度と戦争を起こしてはならない。そして今日の日本の平和と繁栄というのは、現在生きている人だけで成り立っているのではないと。戦争で尊い命を犠牲にされた、そういう方々の上に今の日本というのは今日があると。戦争に行って、祖国の為、また家族の為、命を投げ出さなければならなかった犠牲者に対して、心からなる敬意と感謝の念を持って靖国神社に参拝しております。今年もこの気持ちに変わりはありません。

 今までの過去5年間の私の靖国神社参拝に対する批判をね、よく考えて見ますと、大方、3点に要約されるんじゃないかと思います。(中略)

 もう一つはね、A級戦犯が合祀されているから行っちゃいかんという議論。これはね、私は、特定の人に対して参拝しているんじゃないんです。この戦争でね、苦しい思いをされ、できれば避けたかった、戦場に行きたくなかった多くの兵士がいるんです。そういう方々の気持ちを思ってね、何という苦しいつらい体験をせざるを得ない時代に生まれたのだろうかと、そういう犠牲者に対してね、心からやっぱり哀悼の念を表すべきだなと、これ日本の文化じゃないでしょうか。特定の人がいるから後の人のことは考えなくていいと、一部の、自分では許せない人がいるから、それより圧倒的多数の戦没者の方々に対して哀悼の念をもって参拝するのが何故いけないのか、私はA級戦犯の為に行っているんじゃないですよ。多くの戦没者の方々に哀悼の念を表す。二度とこのような苦しい戦争をさせてはいけない、そういう気持ちで参拝しているんです。(以下略)

〈色塗り・太字は筆者による〉

一体彼は何が言いたいのだろうか。
赤色の部分では、「戦争で尊い命を犠牲にされた、そういう方々」と言っている。
一方、緑色の部分では、「戦争に行って、祖国の為、また家族の為、命を投げ出さなければならなかった犠牲者」と述べている。

戦争で命を犠牲にした?

戦争で命を犠牲にしたと言ったら、軍人だけでなく、戦争に巻き込まれて亡くなった民間人も含むのではないか。
なのに、何で緑色の部分で、「戦争に行って」と軍人に限定するのだ?

戦争で命を犠牲にしたと赤字の部分で言いながら、緑の字の部分で民間人を捨象する。

もし彼が犠牲になった民間人に対しても「敬意や感謝」、「哀悼」の念を持っており、彼らのために祈るのなら、話はわかる。
しかし、以前このブログでも書いたが広島の原爆の式典後に開かれる「被爆者の要望を聞く会」を全回欠席した(村山首相から小泉就任前までは全員出席)ように、そんなものはないようだ。
被爆者の話を聞いて、犠牲になった民間人に思いを馳せるというならわかるが、そんな殊勝な気持ちは彼にはさらさらない。

大体、「祖国の為」命を投げ出したと言って、専ら軍人だけが祀られた靖国神社に参拝するのだったら、同じレベルで民間人も命を投げ出したともいえる。

先の二度の世界大戦がそれ以前の戦争と決定的に異なるのは、大量破壊兵器の開発や国民総動員の体制による国民全てを巻き込む総力戦だったということだ。

例えば日露戦争なんかでもわかるが、お互いの国家の軍人同士が戦い、民間人はそれとかけ離れた世界にいるというのがそれ以前の戦争だった。
しかし、第二次世界大戦では、日本の民間人も「銃後の守り」と称して戦争の支援に携わった。
そして、沖縄は戦場と化したし、本土の民間人も空襲や原爆で命を落とすこととなった。

軍人を祀り顕彰する靖国神社に参拝して事足れりとしたら(いや、原爆の式典でもわかるようにそのように考えているとしか思えない)、それこそあの戦争の理解が足りないと言わざるを得ない。

靖国問題の核心 Book 靖国問題の核心

著者:富岡 幸一郎,三上 治,大窪 一志
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それに、「戦争に行って、祖国の為、また家族の為、命を投げ出さなければならなかった」と小泉は言っているが、あの戦争をどのように考えているだろうか。
「祖国の為」と言っているが、それは戦争指導者が国民を戦争に行かせるための大義名分でしかない。
戦争が始まってからも、その戦争を早期に終結させようという政治家たちもいたが、彼らだって、祖国のため、家族のためを思って終結させようとしたのではないか。

さらに、黄色の部分では非常に曖昧な言い方になる。

「何という苦しいつらい体験をせざるを得ない時代に生まれたのだろうか」と小泉は言う。

戦争で辛い経験をするのは、何も軍人だけではない。
空襲で焼かれた民間人の死者は無念を感じなかったのか?
沖縄戦での民間人の死者は、辛い経験をしなかったのか?

そんなバカなことはあるまい。

それに、「つらい体験をせざるを得ない時代」だって?
呆れてものが言えない。
辛い体験をしたのは、戦争指導者のせいではないか。
それをあたかも時代のせいにするこの発言。
政治家のくせして、そんなこともわからないのだろうか。

そういえば、他のブログでこんな内容の文章を見つけた。

8月7日のTVタックルでビートたけしは、「戦争責任って言うけど、戦争に責任者がいるのか?」というような発言をしていた。

ビートたけしは文化人ぶって、気の利いたことを言っているつもりなのだろうが、くだらない考えしかできない底の浅い人間である。
小泉はそのビートたけしと同じレベルのようだ。

現在の日本もそうだが、世界の国々は、今からたかだか2・3百年ほど前に誕生した国民国家をベースにしている。
その一つ、プロイセン王国のクラウゼヴィッツはその著書「戦争論」でこのように言っている。

「戦争は他の手段による政治の継続である」

戦争論 レクラム版 Book 戦争論 レクラム版

著者:カール フォン クラウゼヴィッツ
販売元:芙蓉書房出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは「戦争は政治の延長である」とも言い換えられるが、この言葉に従えば戦争という行為も政治の一つであるということだ。
したがって、戦争に責任者などいないというビートたけしの発言は、政治に責任者がいないという馬鹿げたことを公言しているのと同じである。
それと同様に、戦争という辛い体験をせざるを得ない時代と発言する政治家小泉は、過酷な政治という辛い体験をせざるを得ない時代と言っているのと同じである。

政治は政治家が中心になって作り出すものなのに、過酷な政治の時代に生まれてお気の毒というのんきなことを、政治家自らが言っているのだ。

過酷な政治を強いたのは、このような戦争を起こした軍部や政治家たちである。
にもかかわらず、あたかも時代が悪いような論理にすり替え、非難すべきそのような人間が祀られた神社に参拝する。
より多くの人間がわだかまりなく参拝するあり方を考える立場にいる人間が、人気取りのパフォーマンスに終始する。
しかも、その参拝の論理も破綻している。
そして、そんな首相を支持する国民たち。

もうそろそろ国民も小泉ポピュリズムに踊らされるのはやめたらどうか。
小泉の靖国参拝を指示した国民が5割程度いるようだが、きちんとした批判能力を持てば、こんな茶番さっさと見抜けるはずなのだが。

靖国問題 Book 靖国問題

著者:高橋 哲哉
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昭和史 1926-1945 Book 昭和史 1926-1945

著者:半藤 一利
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 首相小泉の靖国参拝とそれをヨイショする人々のあきれる行状 | トップページ | ポンドを買っておけばよかったなあ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/3162814

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社に祀られている人しか見えない靖国参拝論者の想像力のなさ:

» コメント欄について [喜八ログ]
このごろはサワヤカな安倍晋三先生が「次期総理総裁」に内定(?)したためか、あるいは異常気象の影響か、ほうぼうのブログ(および掲示板)に攻撃的コメンターがわらわらと湧き出しているようです。「偏見と憎悪で凝り固まった人の相手はかなわん」と苦痛に感じているブログ管理人さんも少なくないでしょう。そこ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 17時31分

» これは印象操作なのか? [薫のハムニダ日記]
ハンギョレ新聞が連載している安倍の集中特集は第五弾まであるようなのですが、第三弾が8月20日に出たところでストップしています。第四弾「アメリカ式アジア主義」、第五弾「試験台にのぼる政治力」を楽しみに待っているんですけどね。 で、ヒマなんでもう一度記事を読み返してみたのですが、第一弾の「軍事大国を夢見て“憲法改正”を叫ぶ」のネット版の下には、こんな写真(↓)が掲載されていました。 小泉純一郎首相が韓国・中国などの警告にも耳を傾けず、A級戦犯が合祀された靖国神社に参拝した15日、旧日本軍... [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 17時52分

» 人を殺してはいけない理由 [お玉おばさんでもわかる政治のお話]
昨日のお話、ゆきの丞さんの質問には、お玉はあれ以上の答えを持ち合わせてません・能力のない管理人で本当に申し訳ないm(_ _)m・お玉の代わりに常連コメンテーターがいろいろ話してくださってますが、なかなか彼の琴線には触れないようですね。 ゆきの丞さん、あなた...... [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 20時31分

» 計画されていた9・11――主要メディアに見られる200以上もの「決定的証拠」【永久保存版】(1) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
前便で書いたように8月31日のワールドフォーラムの会場で私は左の書籍を買ってきた(きくちゆみサイン入りだよ!ゆみさんは「平和省の創設」を提唱されて国際的に活躍されているが,現在「911のウソを暴く」という最重要なテーマで映画『911ボーイングを捜せ』を引っさげて日本中を飛び回っていらっしゃる.)この本は私が何年振り,いやもしかすると十数年振りに自前で買った本であるから,本来は書評を書くべきところかもしれないが,むしろ私はこの本の巻末に収録された資料編2を全文転載(3本に分割)することでそれに代えたい... [続きを読む]

受信: 2006年9月 4日 (月) 03時22分

» 時間創造コンサルタント プチハッピー オリジナリティ [時間創造コンサルタント プチハッピー オリジナリティ]
TB失礼致します。ビジネス構築中の時間創造家です。よろしければ、私のプチハッピーサイトもご活用いただければさいわいです。 [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 18時22分

« 首相小泉の靖国参拝とそれをヨイショする人々のあきれる行状 | トップページ | ポンドを買っておけばよかったなあ。 »