« NHKスペシャル「日中戦争」とその他靖国がらみのテレビについて | トップページ | 靖国神社に祀られている人しか見えない靖国参拝論者の想像力のなさ »

2006年8月16日 (水)

首相小泉の靖国参拝とそれをヨイショする人々のあきれる行状

読売新聞によると、小泉が参拝する前に首相による靖国参拝の是非の世論調査を行っていたそうだ。
富田メモが明らかになったこともあり、一度ならず二度も実施したとのこと。
参拝時には自らのポケットマネーで賽銭を投じたそうだが、この調査は公費じゃないだろうね?
自らの心の問題はどこへやら、結局世論を気にしながらのポピュリズムのパフォーマンスかよ。
ところで、小泉が引退した来年はどうするんだろうか見てみたい。
来年は参拝しなかったりして。

それから、週刊新潮はどうすんだろうな、あの記事。「富田メモは『世紀の大誤報』か」と報じた記事である。
文藝春秋9月特別号にもでているとおり、メモの現物を見た専門家からは、あのメモは昭和天皇の肉声を書き留めたというリアリティが伝わるというような評だった。
小生はマスコミのいい加減な発言や記載には苦言を呈してきたが、週刊新潮のあの記事こそ今年最大の誤報であり捏造とも言える記事であろう。
メモの現物を見ることなく、ネットの噂に惑わされたのか知らんが、世紀の大誤報かとしてしまった。
週刊新潮にマスコミを名乗る資格などない。

滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか Book 滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか

著者:立花 隆
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

櫻井よしこの発言にも笑えた。
中日新聞によると、「小泉首相の参拝は極めて正しい。A級戦犯の合祀は日本国の決定だ」そうだ。

いつどのような手続きで日本国がそのような決定をしたんだよ。
当時の厚生省が名簿を回し、靖国神社が昭和天皇にも内緒で合祀したんだろ。
これを日本国の手続きと強弁する櫻井よしこの事実認識の歪みに大笑い。

ところで、靖国神社って分祀の話を出されると宗教に政治干渉すべきでないなどと逃げるが、散々厚生省(今の厚生労働省)から戦死者名簿をもらいまくってよく言うよ。
しかも、遺族の同意も得ずに人を勝手に参拝するなんて、それこそ遺族に対する信教の自由の侵害だ。

しかも、「戦争のために亡くなった人に再び石を投げるべきではない」だとさ。
A級戦犯が何で「戦争のために亡くなった人」なんだよ。
刑死した人間は裁判で亡くなったわけだし、それ以外も戦後生き延びて病気等で亡くなっているが、何で戦争のために亡くなったと言えるのか。
櫻井よしこは日本語もわからないらしい。

靖国問題の核心 Book 靖国問題の核心

著者:富岡 幸一郎,三上 治,大窪 一志
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらがその読売新聞の記事

首相靖国参拝前、政府が極秘に世論調査…反発回避狙い
 政府が、小泉首相の8月15日の靖国神社参拝に向け、ひそかに世論調査を2度にわたって実施するなど、入念な準備を進めていたことが15日、明らかになった。
 靖国参拝に対する世論の反発を極力回避する狙いがあったとみられる。
 世論調査は、調査会社などに委託する形で実施されたもので、質問は「首相が8月15日に靖国神社に参拝することをどう思うか」という1項目だった。結果は、賛成がわずかに反対を上回ったという。
 首相は7月下旬、調査結果を報告されると、「もう一度調査をやってほしい」と再調査するよう指示した。この直前、昭和天皇がA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示したとされる当時の富田朝彦宮内庁長官のメモが明らかになった。これを契機に首相の靖国参拝への慎重論が広がり、逆風の中での参拝となる可能性があった。

|

« NHKスペシャル「日中戦争」とその他靖国がらみのテレビについて | トップページ | 靖国神社に祀られている人しか見えない靖国参拝論者の想像力のなさ »

コメント

コメント頂戴しありがとうございます。
夏季休暇でパソコンもない場所に行っていたため、返事が遅れました。
われわれも流行り病にはかからないようにしたいと思うのですが、最近は若い人を中心に免疫のない人が増えているように思う今日この頃です。
もっと批判能力をつけてもらいたいものです。

投稿: ぴーひょろ | 2006年8月21日 (月) 08時28分

富田メモが「トンダ」波紋を引き起こしているようですね。週刊新潮は最近おかしくなってきている。新潮45も、もうむちゃくちゃ。
これで、櫻井もおかしくなり、小泉のはやり熱がまん延していそうです。我々庶民には、免疫があるから、かからないようにしたいものです。

投稿: Caro Ideale | 2006年8月17日 (木) 16時25分

8月15日の夜になって、小泉の靖国参拝は、いよいよ新たな時代の始まりと自覚しました。それも真っ暗な時代。
 平和憲法を変え、天皇の靖国への公式参拝を定式化するための新たな法律を作り、結局、太平洋戦争は侵略戦争ではないことを国家を挙げて主張しようとするものです。それ故、日の丸・君が代そして教育勅語を子供たちに教えることにより、庶民を国民にし、愛国心を持たせ、お上に楯突く庶民を排除することに成功する。
 この第一歩が小泉靖国参拝です。
 これに向けて、何があっても抵抗し続ける私の覚悟を決めた日でした。何があっても私のブログで言葉でも抵抗し続ける覚悟を込めた日でした。語り続ける抵抗の日が今日です。

投稿: morichan | 2006年8月16日 (水) 21時15分

この記事へのコメントは終了しました。

« NHKスペシャル「日中戦争」とその他靖国がらみのテレビについて | トップページ | 靖国神社に祀られている人しか見えない靖国参拝論者の想像力のなさ »