« 批判に対して答える~小泉そして靖国 | トップページ | 首相小泉の靖国参拝とそれをヨイショする人々のあきれる行状 »

2006年8月15日 (火)

NHKスペシャル「日中戦争」とその他靖国がらみのテレビについて

高速バス予約

今朝首相小泉は公約どおり靖国神社に参拝した。
小泉は自らの行為の意味を理解しているのだろうか。

さて、一昨日のNHKスペシャルの「日中戦争」はなかなか面白い内容であった。
日中戦争における南京での虐殺を否定する人間が近頃多いようだが、虐殺の資料や証言を客観的に提示し、歴史を検証する上で非常に参考になる。
否定論者は、このような資料を見て、それでも否定するのか訊いてみたいぐらいだ。

Book 南京事件―「虐殺」の構造

著者:秦 郁彦
販売元:中央公論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

南京難民区の百日―虐殺を見た外国人 Book 南京難民区の百日―虐殺を見た外国人

著者:笠原 十九司
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

また、一昨日の朝、「報道2001」で首相の靖国参拝をめぐって各党の議員や識者が議論していた。
途中までしか見ていないが、高市早苗・金美齢・竹村健一のバカさ加減が目立っていた。

竹村健一は相も変わらずくだらないことを言っていた。
以前靖国神社の集まりかなんかでピアノを弾いたそうだ。
その曲は「雪が降る」。
「あなたは来ない」を首相が来ないことに例えて弾いたとのこと。
何のこっちゃ。
首相が参拝することなど、靖国の教義上関係あるんだっけ?
まあ、それはいい。
今問題になっているのは、A級戦犯が合祀されている靖国神社に日本の首相が参拝することだろ。

この議論の趣旨がわかっていない竹村翁の過去の思い出話が、議論から黙殺されたのは笑えた。


それから高市早苗。
仮にも自民党の名前で参加している以上、その言葉は自民党の公式見解ということで考えてもいいのだろうか。
ちょっと前、首相小泉は靖国参拝について「心の問題」と答えた(その後、総裁選の公約とも言ったが)。
高市早苗は開口一番、中国が靖国参拝に反対するのは内政干渉と言い切った。

内政干渉?

内政ということは国内政治ということである。
政治問題だが、国内の話だということだ。

首相小泉は、靖国参拝を政治的に行っていたことになる(政治利用とも言える)。
信教の自由などの信仰とは関係ないということだ。
で、これは本当に国内の問題か?

このブログの読者もサンフランシスコ講和条約を聞いたことがあるだろう。
日本はこの条約に批准した。
この条約では、日本はごく一部を除き賠償金を免除された。
それと同時に、A級戦犯の裁判結果含む東京裁判の結果を受諾することも定められた(これは昨日のNEWS23で姜氏も言っていた)。
いいか、高市早苗よ、A級戦犯が合祀されている靖国に日本の首相が無定見に参拝するということは、国内の政治問題では済まされんのだぞ。
参拝の政治目的によっては、日本が受け入れたはずのサンフランシスコ講和条約の否定にもつながるんだぞ。
東京裁判を否定するから、賠償金を払うとでも言うのか。
ひょっとして、日本は悪くない、サンフランシスコ講和条約を否定して東京裁判も否定するが、賠償金も払わない、何ならもう一回戦争で片をつけようじゃないかとでも言うんかい。
安直に物事をしゃべるんじゃないよ。

吉田茂とサンフランシスコ講和〈上巻〉 Book 吉田茂とサンフランシスコ講和〈上巻〉

著者:三浦 陽一
販売元:大月書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

吉田茂とサンフランシスコ講和〈下巻〉 Book 吉田茂とサンフランシスコ講和〈下巻〉

著者:三浦 陽一
販売元:大月書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

金美齢もまた笑わせた。
神道は多神教で懐が深くてどんなものでも祀るんだから、A級戦犯も祀っても問題ないというようなことを言っていた。
だから?
中国や韓国などのように、神道を信じないものに懐の深いという(?)神道を理解しろという傲慢さ。
信教の自由という言葉も知らんのかね。
それにさあ、靖国神社を本当に神道の神社と呼んでいいのかね。
明治政府が天皇制の権力を正当化するために作ったものだが、その明治政府は一方で古くからある土着の神社をつぶしてきた。
これは、信仰の対象を天皇に向けさせるのが目的だった。
これを多神教で懐の深い行為と呼べるのかね。

神仏分離の動乱 Book 神仏分離の動乱

著者:臼井 史朗
販売元:思文閣出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それから、話を戻すが、A級戦犯が祀られている靖国神社に首相が参拝することは、小泉自慢の日米関係にもひびを入れることになる。
日本は日米安保条約を基にアメリカと有効な関係を築いてきたというが、そもそも安保含め、国際的な戦後の日本の基盤となったのはサンフランシスコ講和条約である。
日本はこの条約により東京裁判の結果を受け入れることとなったが、それを否定することになりかねない。
サンフランシスコ講和条約の一方の当事者は、米国を中心とする連合国である。
したがって、A級戦犯を合祀している靖国神社に参拝するということは、米国からの信頼も失いかねない(この文のリンクの立花隆氏の文章も参考にしてほしい)。
この結果、北朝鮮による拉致問題の解決も遠くなるだろう。
米・中・韓からの協力も得られなくなるから。

滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか Book 滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか

著者:立花 隆
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今テレビで小泉がほざいているよ。
靖国参拝に反対する人は、中韓が反対するから反対しているだってさ。
おいおい、何を勝手に決め付けているんだよ。
それから、戦争で亡くなった人に哀悼の気持を表すのは結構だけどさ、お前、原爆での式典終わったらさっさと帰っているだろ。
村山首相以降は、首相が式典と被爆者の話を聞く会両方出席するのが恒例だけど、お前のときから被爆者の話は「厚労大臣が聞くこと」と言って、聞いていないだろ。
それで平和を愛するなんて抜け抜けとよく言えるよ。

|

« 批判に対して答える~小泉そして靖国 | トップページ | 首相小泉の靖国参拝とそれをヨイショする人々のあきれる行状 »

コメント

園山登という輩から妄想コメントが寄せられた。
だが、あまりにも取るに足らない
この文章のどこを読むと「半世紀以前のことを我眼で見たかのように黒白をつけようとして」と読めるのか。
過去の事実を証明できる客観的な資料を提示されたので、それに従って結論を出したまでだ。
俺の文章に「我眼でみたかのように」書いた部分がどこにあるのか。
結論に不満なら、反証を示せばよい。
それによ、「脳天気」という意味は「物事を深く考えないさま」と辞書にはある。
しかし、俺を「脳天気」と批判するくせに、何の反証もないこの非論理ぶり。
何の反証もなく「脳天気」と侮辱する貴様の方が「脳天気」にふさわしいと言える。
自らの脳内で反論した気分になる、そんな園山登には、妄想コメント野郎の名がふさわしい。

投稿: ぴーひょろ | 2006年8月30日 (水) 22時09分

脳天気のブログ作者が半世紀以前のことを我眼で見たかのように黒白をつけようとして洗脳頭を絞っているんですね。 アァー戦後60年、半世紀前の「歴史」か。

投稿: 園山 登 | 2006年8月30日 (水) 12時41分

あきれるばかりですね(すいません、私も元知事と書いてしまいました)。
そう言えば、トラックバックで喜八ログの記事「東京招魂社」が左側に付いていると思います。
この喜八さんの記事をご覧になると非常に笑えます。
リンクです→
http://kihachin.net/klog/archives/2006/08/koizumi_1.html
これを読むと、如何に小泉が政治をなめているかわかります。

投稿: ぴーひょろ | 2006年8月21日 (月) 22時40分

はい、上京した稲嶺知事(まだ任期中なのに早まって元知事と書いてしまってすみませんでした)の面会を断った2004年8月14日の小泉さんの行動は、午前中歌舞伎鑑賞、午後ホテル滞在(TVでオリンピック観戦?)というものでした。金メダルを取った谷亮子(だったかな?)に祝いの電話をする暇はあっても知事に会う暇はなかった、というわけですね。結局面会が実現したのは、首相の「夏休み」が開けた後の8月25日、この緊急事態に10日以上もほっておかれたわけです。沖縄県民のお怒りは察して余りあります。

投稿: Doodlin' | 2006年8月21日 (月) 12時09分

コメントありがとうございます。
夏季休暇で返信が遅れ申し訳ございませんでした。
パソコンもないところにおりました。
米軍機が突っ込んだあの事件も、稲嶺元知事を門前払いにしたのですか!?
あきれるばかりです。
本来主張すべきことを主張せず、筋の立たないことで外交に混乱をきたすパフォーマンス政治家小泉の本質が表れたという印象です。

投稿: ぴーひょろ | 2006年8月21日 (月) 08時39分

いちいちうなずきながら読ませていただきました。すべて、おっしゃる通りです。特に、小泉さんが被爆者の話を聞かないで帰っているとは知りませんでした。そういう点を、メディアは正確にきちんと報道してほしいものです。彼は沖縄の民間地に米軍機が突っ込んだ非常時にも、「休暇」とうそぶいて稲嶺元知事を門前払いにしました。

投稿: Doodlin' | 2006年8月18日 (金) 13時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/3055335

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル「日中戦争」とその他靖国がらみのテレビについて:

» 靖国合祀基準!発見 [JAZZな家造り(住まい考)]
{{{ 靖国合祀「戦役勤務に起因」限定 大戦末期秘密文書、東条元首相が通達  第2次世界大戦末期、東条英機首相(兼陸相)=当時=が「戦役勤務に直接起因」して死亡した軍人・軍属に限るとする靖国神社合祀(ごうし)基準を陸軍秘密文書で通達していたことが分かった。原則として戦地以外での死者は不可としており、元首相自身の戦中の通達に従えば、戦後の同元首相らA級戦犯は明らかに「合祀の対象外」となる内容だ。  文書は、靖国への合祀は「戦役事変に際し国家の大事に斃(たお)れたる者に対する神聖無比..... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 11時46分

» 軍隊は国民を守らないという事実がよくわかるニュース [薫のハムニダ日記]
人体実験で悪名高い731部隊が連合国側の占領軍(一般的には進駐軍と言い換えられていますが、あえて占領軍と書いておきます)を相手に細菌戦を展開する計画を立てていたというニュースが先月の21日に共同通信から報じられました。 細菌戦が“本土で”実際に行われていたら、いったいどのような事態が起こったのか。考えただけでもゾッとしますが、結局、あの人たちは国民を守るために戦っていたのではなかったという事実がはっきりとわかります。(ま、サイパンだの沖縄戦だの、開拓団をほっぽり出して逃げ出した関東軍だのを見て... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 21時11分

» 富裕層ビジネスの意味2 [関係性]
    副題:デパ地下の高級品への転換、      外食での客単価上昇と対比した来客数減少、          富者の海外逃避    「経済格差」の進展は、新聞報道による三つの現象から私たちに示唆を与えてくれる。  〓 その三つ目が富者の海外逃避である。  朝日新聞(7月19日〜24日付け朝刊)の「分裂にっぽん1〜5」で記事にされた「新しき富者」がある。  言うまでもなく「経済格差」は上層と下層の格差を大きくした。しかし、ここでの課題は上層に大きな資産を蓄積させ、改めて庶民に再配分される構図では... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 00時14分

» 小泉首相が靖国参拝(東京新聞=共同通信) [かわうそ実記]
小泉首相がやはり靖国神社を参拝しました。 「小泉首相が靖国参拝 中韓、強く反発」 [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 09時22分

» ナベツネの”なぜ、いま、戦争責任か” [ねじれ川柳惑星 ]
 よく暴言を吐く(笑)ナベツネこと渡邉恒雄さんが中央公論10月号に”なぜ、今、戦争責任の検証か 「昭 [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 19時44分

» 断食は本道に戻す:真の政治家の意味 [良いダイエット情報]
ダイエットの一種の断食は、体内の毒素を出す、怠け癖の内臓を金づちで頭を小突くようなショック療法でよみがえらせる目的があります。もう一つの目的は、良い気分になって満足感を味わい、風景が美しく生き生きと見えるようになり、それが長期間なくなると、本道(仏教では天国への流れに乗る)から外れたと認識して、断食以外の方法の何らかの方法で、再び本道に戻るようにすることです。 医学的検査で異常がない段階で、本道から外れた状態でも、サラリーマンならば給料がもらえますが、物作りのプロや経営者の方...... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 14時18分

» なぜ、負け続けだった私が、1年で資金を4倍にまで増やせたのか? [誰でも勝てる!外国為替証拠金取引(FXトレード)必勝法]
初心者必見!今話題の外国為替証拠金取引(FXトレード)の必勝法を無料で差し上げます。 [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 21時20分

« 批判に対して答える~小泉そして靖国 | トップページ | 首相小泉の靖国参拝とそれをヨイショする人々のあきれる行状 »