« 亀田興毅、紙おむつとおしゃぶりに激高~自業自得だと思うが | トップページ | 7月の米新車販売、トヨタがフォードを抜き2位に――月間で初 »

2006年8月 2日 (水)

再チャレンジ、再チャレンジって安倍晋三は唱えるけど

安倍晋三が再チャレンジできる社会をスローガンに掲げて総裁選に臨んでいる。
それ自体は悪いことではない。
だが、それよりも先に取り組むことがあるのではないか。

以前このブログでも日本の貧困層の割合が、先進国の中ではアメリカに次いで2位であるというOECDの報告を取り上げた。
貧困層が増えるということは、才能があっても満足に教育が受けられない家庭が増えるということであり、再チャレンジどころか、最初からスタートラインに立てないという若者が増えるということである。

その結果、一生貧困状態から抜け出せず、貧困層が固定化し、社会の活力が損なわれてしまう。
また、日本の技術力を支えてきた日本の優秀な労働力の基盤となる教育が不十分となる結果、日本の経済力の低下にもつながりかねない。

そういえば先日以下のような記事が、フジサンケイのビジネスアイという新聞に載っていた。
日本の景気回復が叫ばれながら、社会に対するイメージが非常に悪いということである。
社会は陰鬱・不透明・危険というイメージであり、自分たちではどうすることもできないという諦念を抱いているという内容である。
これが、日本の貧困層の割合が高いことと直接の関係があるかどうかはわからない。
しかし、再チャレンジどころか、チャレンジのスタートラインに立てないことを象徴しているように思われるのは、筆者だけであろうか。

だから、安倍晋三よ、再チャレンジできる社会を作るのも大切だが、スタートラインに立てる社会を作る方がもっと大事ではないか。


景気回復も諦めムード 生活者のマインド低調 読売広告社調査

 景気は回復基調といわれ、構造改革、格差拡大など賛否両論の小泉政権も残すところ1カ月だが、生活者のマインドはどう変わったのか-。 読売広告社(東京都中央区)がまとめた「読広生活者調査 Canvass2006」によると、社会に対するイメージは「陰鬱(いんうつ)」だったり「不透明」「危険」といったものが多く、「自分たちではどうすることもできない」といったあきらめムードが日本の老若男女に広まっているという。 これは生活水準や職業、学歴、住居形態などから「低群」に分類された人たちに顕著で、ライフスタイルも積極的に社会にかかわるより、人並みだったり、自分が楽しめる生き方、自由の多い生活を求める傾向が強まってきているという。 「読広生活者調査Canvass2006」は、1999年から実施されてきた調査で今回が7回目。東京と大阪に住む13歳から69歳までの男女1715人を対象に実施した。時期は昨年11月。 社会のイメージについて、元気があるかないか、明るいか暗いか、安全か危険かといった質問には、「元気がなく、危険で不安」といった要素への反応が高く、社会に対してネガティブな印象を抱いている人の多いことが分かった。格差の広がりから来る「不公平感」や自分ではどうすることもできない「無力感」も強まっていて、景気の回復も庶民層には恩恵をもたらしてはいないようだ。 調査では、収入の多さや職業、学歴、ライフスタイルなどから「高群」「中群」「低群」に生活者を分類しており52%が低群、14%が高群に所属している。高群の53%が社会への貢献意欲を持っているのに対して、低群では23%と差が開いている。「やりがいのあることをしたい」意欲も高群の50%に対して低群では32%にとどまっている。 逆に「その日を楽しんで生きたい」は高群が16%で、低群は25%。社会の半分を占める低群で、将来への不安を抱き、政治への関心は低いなかで、家庭や恋愛といった身近な楽しみに幸福感を抱く傾向が強く出た。一方の高群ではおしゃれを楽しみ、知識や教養を得るための努力も惜しまず、やりたいことにはお金をかける傾向が強い。 こうした結果から読売広告社では、企業などが商品やサービスを打ち出す場合、低群には家庭志向、個人志向をつかんだサービスや、社会から隔絶されている意識を補うサービスが有効とみる。一方、欲求のためなら投資を惜しまない高群には、満足感を与えるサービスがうけることになりそうだ。(フジサンケイ ビジネスアイ)

教育格差絶望社会 Book 教育格差絶望社会

著者:福地 誠
販売元:洋泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く Book 希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く

著者:山田 昌弘
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

階層化日本と教育危機―不平等再生産から意欲格差社会(インセンティブ・ディバイド)へ Book 階層化日本と教育危機―不平等再生産から意欲格差社会(インセンティブ・ディバイド)へ

著者:苅谷 剛彦
販売元:有信堂高文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 亀田興毅、紙おむつとおしゃぶりに激高~自業自得だと思うが | トップページ | 7月の米新車販売、トヨタがフォードを抜き2位に――月間で初 »

コメント

herbals@drugs.com

投稿: free penis enlargement exercises | 2007年6月 4日 (月) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/2899155

この記事へのトラックバック一覧です: 再チャレンジ、再チャレンジって安倍晋三は唱えるけど:

» メディアの伝え方に疑問・・・安倍祝電・海外派兵・米牛輸入 &WC [日本がアブナイ!]
 19~21日にかけて、私から見れば大事だと思うニュースが色々と出ているの だが、新聞やネットではチョコチョコ取り上げられているものの、TVではほとんど 取り上げられない。<せいぜいがニュース番組でさらっと流すだけ。>   ワイドショー<ニュースショー?含む>では、ほとんど無視されている状況である。  また航空自衛隊の活動拡大、米国産牛肉の輸入再開など、国会が終了して野党が 公の場でツッコみづらい状況になってから、着々とコトを進めているように見える。 ネット界では、6月初旬から公... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 07時54分

» 安倍晋三氏の器量 [喜八ログ]
世間では安倍晋三内閣官房長官が「次期総理最有力候補」と目されているようです。それもブッちぎりの大優勢で、対抗馬とて見当たらぬ状況なのだとか。自民党内からも安倍氏の「一人勝ち」を憂慮する声が聞こえてくるほどです。 はて? 面妖な・・・。安倍晋三さんってそんなに優秀な方なのですかね? 長期に...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 20時24分

« 亀田興毅、紙おむつとおしゃぶりに激高~自業自得だと思うが | トップページ | 7月の米新車販売、トヨタがフォードを抜き2位に――月間で初 »