« なんと、米証券大手のゴールドマンサックスが福岡の五輪計画に投資を検討しているそうです! | トップページ | 新聞では書けない、三菱東京UFJが東京スター銀とのATM提携を解除する理由 »

2006年8月27日 (日)

雑誌「Will」での櫻井よしこが必死なので、とても笑える

今日の新聞の広告欄に「Will」という雑誌の広告が載っている。
「富田メモ」「靖国問題」についての特集らしい。
クソみたいな雑誌なので、読む気にもなれないが、当然のことながらこの雑誌の論調からして、「富田メモ」を貶める内容しか載っていないようだ。

その中には、櫻井よしこの「『富田メモ』に異議あり!」という寄稿のタイトルがある。
副題として、「史料価値として『富田メモ』をはるかに凌駕する『昭和天皇独白録』を提示しながら、媚中派・日経新聞の同メモ公開の姿勢に厳しくメスを入れる!」とある。

何かもう、あまりにも必死なので、笑いが止まらない。
ついに気がふれたのかと思うぐらいだ。
この人、富田メモの現物を見たのかね。
文藝春秋9月号ではこのメモをめぐって徹底的に専門家が検証を行ったが、この時代の歴史家の一人者である、半藤一利氏・秦郁彦氏はそのメモの正当性を保証しているともいえる。

櫻井よしこは、「昭和天皇独白録」で昭和天皇が東条英機に高い評価を与えていたことを根拠に富田メモの正当性を疑っているのだろうか。
確かにそのような記述はあっても、それは最初のうち。
戦況が悪化すると東条英機の言葉も信じられずにアメリカの短波放送で戦況を把握していたそうだ(敵国の情報の方が信じられたということだ)。
ということは、彼に対しては裏切られたという感情を抱いていたとも想像できる。

(ここらへんは、文藝春秋9月号や立花隆氏の記事を参考にしています)

しかし、それにしても、Willという雑誌も櫻井よしこもいつまで負け犬の遠吠えを繰り返すのか。
立花隆氏がこの記事で述べている表現が適切だ。

それらの議論の特徴を一言で要約すると、もっぱら「にちがいない」「としか考えられない」という論法を駆使することによって、ろくに根拠もなく、自分の願望を客観的な現実ととりちがえてしまうお粗末な議論の羅列といってよい。

このような雑誌や寄稿者は、負けても負けても同じ説明を繰り返し、何の知識のない人間に捏造した危機感であおりたて誤った知識を植えつけようとするのだろう。
いい加減見苦しいから、言論界から去ってほしい。

靖国問題の核心 Book 靖国問題の核心

著者:富岡 幸一郎,三上 治,大窪 一志
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« なんと、米証券大手のゴールドマンサックスが福岡の五輪計画に投資を検討しているそうです! | トップページ | 新聞では書けない、三菱東京UFJが東京スター銀とのATM提携を解除する理由 »

コメント

コメントありがとうございます。
そうですね。
でも、世の中にはガス抜きの方をまともに信じちゃうという人も結構いたりするので、困ったもんです。

投稿: ぴーひょろ | 2006年9月11日 (月) 22時29分

初めまして、htsです。以後よろしくお願いします。
>雑誌「Will」
3大右翼オピニオン誌の中でも最も始末に負えない雑誌だからねえ…。まあガス抜きにはなるかもしれないけどね。(ちなみに3大右翼オピニオン誌のなかでまだしも読む価値があると思われるのは諸君!(割といい論文も多い)。腐っても文春の雑誌だけはある)

投稿: hts | 2006年9月10日 (日) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/3221901

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「Will」での櫻井よしこが必死なので、とても笑える:

» 佐高信氏さんの呆れ果てぶりを漫画にするなら、こんな感じかもね、、。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
(クリックすると拡大します) ① ② ③ ④ 退陣1カ月前に暴挙 彼は果たして正 [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 17時06分

» 小泉のヘボ英語に続くブッシュのこの笑い、。すべてを物語るキャンプ・デービッドでの5年前の最初の記者会見。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 「竹中平蔵ってえのは、、。 」でお聞かせした録音の続きです。去年の9・11小泉 [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 17時07分

» 放火を賞賛する世の中でいいの? [らんきーブログ]
先日TVでKOIZUMIの靖国参拝批判を常識的に批判していた加藤ちゃん家の火事の問題<加藤議員実家全焼>放火事件と断定 右翼団体の男が放火か  山形県鶴岡市大東町の自民党元幹事長、加藤紘一衆院議員(67)の実家と事務所が全焼... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 22時38分

» 左右両思想の連携 [喜八ログ]
謎の情報工作者「r」さんの「左右両思想の共闘」に関する考察が興味深かったので、ご本人の承諾を得て以下に転載させていただきます。 ********************************************** (★引用開始★) 「r」からの提案(序章) 2006-08-27 喜八...... [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 21時08分

« なんと、米証券大手のゴールドマンサックスが福岡の五輪計画に投資を検討しているそうです! | トップページ | 新聞では書けない、三菱東京UFJが東京スター銀とのATM提携を解除する理由 »