« 困ったもんだ、たかり屋慎ちゃん(都知事石原慎太郎のこと) | トップページ | 王子製紙の敵対的買収の裏側を取り上げる「ガイアの夜明け」の裏側 »

2006年9月10日 (日)

嫌な予感のメタボリック症候群防止運動

今や国民的流行語ともなったメタボリック症候群。
しかし、何でこんなに煽り立てるのか。

既にご存知かと思うが、メタボリック症候群とは以下のとおり定義されている。

内臓脂肪の蓄積と、それを基盤にしたインスリン抵抗性および糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧を複数合併するマルチプルリスクファクター症候群で、動脈硬化になりやすい病態

そして、メタボリック症候群の診断基準は、現在次のようになっている

  1. へそ回りが男性で85cm以上、女性で90cm以上(CTスキャンによるへそまわりの断層画像において、内臓脂肪の面積が100平方cm以上に相当)
  2. 高脂血症:中性脂肪が150以上、または善玉コレステロールと呼ばれるHDLが40未満
  3. 高血圧:上は130以上、下が85以上
  4. 高血糖:血糖値が空腹時で110以上

もし、1に加えて2~4のうち2つ以上が当てはまるなら、メタボリック症候群と診断される。

これって、結構厳しいよねというのが正直な感想である。
自分の場合、1に該当しているが、2~4には該当していない。
ということで、メタボリック症候群には至っていない。

ところで、2006年5月、厚生労働省は、国民健康・栄養調査の結果として、40~74歳の日本人男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群、またはその予備軍であると発表した。
上記基準を使っているようだが、やっぱりかなりの人間が該当してしまっている。

さらに、ここからがこのブログで問題にしたいのだが、政府は2008年度から生活習慣病対策の一環としてメタボリック症候群に着目した新しい健診制度をスタートさせる予定であるということが明らかになった
そんなに大変な症候群なら早速始めたほうがいいなんていう人、ちょっと待った!

そもそもメタボリック症候群の基準が世界的な基準から見てもおかしいと指摘する医療関係者もいる(9/4の日経の記事など)。
たしかに、男性ならへそ回り85cm以上って全国民男性の半分が該当する数字だそうだ。
しかも、世界的な基準だと、女性より男性の方がへそ回りは大きいのだが、日本だとその逆。
しかし、厚生労働省はそんな批判もお構いなく、学会で認定された基準だからと推進しようとしているようだ。

そんな中、こんな資料を見つけた。
2006/6/13「医療制度改革法案の国会における審議状況」という、厚生労働省が推し進めている医療制度改革法案をめぐる議事録だ。
厚生労働省のホームページで「メタボリック」で検索しても出てくるこの資料、民主党の群委員の追求がすさまじい。

この医療制度改革法案では、メタボリック症候群対策も生活習慣病の改善を推進する上で盛り込まれている。

しかし、群委員はこう反論する。

このメタボリック症候群対策なるもの、医薬会社(グラクソ・スミスクライン株式会社)の宣伝をそのまま丸写しした内容であり、どう考えても医薬会社と厚生労働省が結託しているんじゃないか(そこまで直接は言わないものの、業界の都合に合わせた内容となっている)。

40~74歳の日本人男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリック症候群、またはその予備軍であるとすると、これはかなりの数である。
しかも、この症候群対策に医薬会社の開発した医薬品が使われれば、それこそ医薬会社はウハウハものだ。

さらに、厚生労働省のことだから、こんなにでかいマーケットを作ってやったんだから、天下りさせろだの何だの言うのではないだろうか。

しかも、メタボリック症候群防止協会なるものを作って、そこにも公務員が天下り。
防止運動普及のためといって、ただの安い万歩計を国の予算で高く買わせて、国民に配布、みんなでメタボリック防止運動を行いましょうと主張したりして(もちろん、原価と国への売り上げのさやを天下りの協会役員で独占)。

社保庁を許した厚生労働省の体質だから、こんなこともありえるかも。
(個人情報保護法の成立で、プライバシーマーク制度が注目されているが、これも役人のお手盛りの制度。認定やその更新を受けるのに、かなりの費用がかかるそうで、その認定団体も役人の天下り先となっているようだ)

適度な運動とバランスの取れた食事、これは言うまでもなく大事なことだ。
しかし、それが官僚の新たな権益を許すことであってはならない。

ところで、先日の日経新聞によれば、大豆に含まれるβコングリシニンという物質が、内臓脂肪の現象に効果があるそうだ。とりあえず、大豆食べよう。

マルサンアイ / 豆乳とうもろこしスープ / 180g←豆腐が苦手なら、豆乳スープという手もある。

豆乳寒天クッキー巷で話題の大人気素材、「豆乳」と「寒天」をつかっておいしく、健康的なクッ...←豆乳と寒天で小腹がすいたときにこれで空腹感をいやすというのもひとつの方法。

|

« 困ったもんだ、たかり屋慎ちゃん(都知事石原慎太郎のこと) | トップページ | 王子製紙の敵対的買収の裏側を取り上げる「ガイアの夜明け」の裏側 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。