« 竹中平蔵、逃げる気か? | トップページ | 広告ではないけど、「日本農業新聞」って面白い!! »

2006年9月22日 (金)

自民党総裁選の無効票、気になるその中身

ご存じのとおり、安倍シンゾーが次期自民党総裁に選ばれた。
こんなものは出来レースであり、興味はなかったのだが、無効票1票に興味を惹かれた。

なんだこりゃと思っていると、「安倍晋太郎」と書いてあったため、無効となったのだった。
元首相で父親の名前じゃん。

総裁選で安倍シンゾーが選ばれたけど、無効票を投じた人間以外も案外安倍晋太郎のことを念頭に置きながら、投票したのじゃないだろうか。

再チャレンジだの何だのって、個人の努力を要求するくせに、当の本人が親の七光りで総裁になっただけじゃん。

なんというくだらなさ。

↓これが、パクリ本の噂のある安倍シンゾーのクソ本です。

美しい国へ Book 美しい国へ

著者:安倍 晋三
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自民党には安倍シンゾーのような人間がいる一方で、放火テロなのに小泉がほったらかした加藤紘一氏のような見識の高い人間もいるんですね。


新しき日本のかたち Book 新しき日本のかたち

著者:加藤 紘一
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本では、民主党の小沢氏に対し世間が抱いているイメージとは異なる側面が見られて面白い。

虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実 Book 虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実

著者:平野 貞夫
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 竹中平蔵、逃げる気か? | トップページ | 広告ではないけど、「日本農業新聞」って面白い!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/3536753

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選の無効票、気になるその中身:

» 安倍晋三as自民党総裁as総理大臣 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
政治家。 母方の祖父は、元首相岸信介、大叔父に元首相佐藤栄作鐔ど磴漏位蛎膺丹打椰限析此� まさに政界のサラブレッド。 このたび、自民党の総裁選で、6割以上の票を勝ち取り圧勝。 ここに安倍政権が誕生した。 [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 16時05分

» 嗚呼、素晴しきかな民主主義 [Kazu'Sの戯言Blog(新館)]
ネット上の排外主義・国家主義と現実政治の右傾化ー安倍晋三のナショナリズム宣揚 安倍については、僕も色々と言ってきました。が、しかし改めて考えてみると、ちょっと待てよ? という気がしてきました。それはこう言うこと... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 17時33分

» やっぱり安倍かぁ〜、自民党総裁選線異常なし。 [しっとう?岩田亜矢那]
♪戦争を知らずに〜僕らは生まれた〜 それにしても、久々の何の緊張感も無い総裁選でしたな。 とっくの昔に安倍ちゃんは新総裁、いやいや新総理気取りだったし。 この安倍ちゃんが、このまま日本の最高首脳となっていく訳であるが どんなもんなのでし...... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 21時55分

» 亀井静香氏いわく「安倍は葛藤にもだえ抜き、狂い死ぬ」 [GK68's Redpepper]
 『日刊ゲンダイ』9月22日号に、亀井静香氏の安倍晋三評が載っていた。僕は、亀井... [続きを読む]

受信: 2006年9月22日 (金) 22時41分

» 石油減耗の意味 [晴耕雨読]
 「エネルギー資源を理解するには、その評価基準としてエネルギーの出力/入力比が本質的である。EPR(Energy Profit Ratio)、EROI(Energy Return on Investment)などだが、残念ながら、日本では殆どしられていない。この指標はエネルギー資源を評価するに、欠かすことの出来ない重要性を持っている。殆どの巨大油田はEPR60と高い。オイルピーク時1970年頃のアメリカの油田は20と低い。それも1985年は10を下回る。今では3程度に落ちているそうである。同じ石油資... [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 09時26分

» あべニュ~首相に対する海外の目(フランス編) [薫のハムニダ日記]
韓国のニュースでも安倍壺三氏の肩書きが「官房長官」から「次期総理」に変わった今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか? さて、今までさんざん韓国メディアによる安倍晋三評を翻訳してきましたが、「他の国の評価はどうなんだろ~?」と思っておりました。そんなところへフランス通の村野瀬玲奈さんが、ヒョイと仏リベラシオン紙の安倍晋三評が載っている記事を翻訳して送ってくださいました。ありがたく頂戴いたします。 以下は村野瀬さんの翻訳によるリベラシオンの9月20日の記事です。注釈はハムニダがつけまし... [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 12時26分

» 便意問題 [喜八ログ]
以下は実話です。 とある商業ビル地下1階の男性トイレで小用を足していた私(喜八)。 いつもの習慣で3つ並んだ男性用小便器の右端を利用していました。 背後には個室が2つ。 ただし、どちらも「使用中」でした。 まだ私の用事が済んではいない時間帯に、1人の男性が息も荒く便所内に駆け込んできました。 そ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 19時41分

» 安倍晋三as自民党総裁as総理大臣 [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
政治家。 母方の祖父は、元首相岸信介、大叔父に元首相佐藤栄作鐔ど磴漏位蛎膺丹打椰限析此� まさに政界のサラブレッド。 このたび、自民党の総裁選で、6割以上の票を勝ち取り圧勝。 ここに安倍政権が誕生した。 [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 06時29分

» 沖縄戦 [喜八ログ]
起訴休職中外務事務官佐藤優さんが雑誌『文學界』で連載中の「私のマルクス(連載第一回、2006年08月号)」から、佐藤さんのお母さんの「沖縄戦」体験を語った部分を引用させていただきます(文中「私」は佐藤優さんです)。 *************************************...... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 20時38分

« 竹中平蔵、逃げる気か? | トップページ | 広告ではないけど、「日本農業新聞」って面白い!! »