« 最近ゴミみたいなコメントやトラックバックが付くようになった | トップページ | 日本は孤立していないか?加藤紘一氏も懸念する安倍シンゾーの外交姿勢 »

2006年9月15日 (金)

宋文洲氏、その鋭い視点~ホリエモン・小泉を讃えるのは、自立できない精神の弱さということ

ソフトブレーンのマネージメント・アドバイザーである宋文洲氏のウェブでのコラムを読んで非常に感銘を受けた。
ホリエモンの法廷での無罪主張を聞いて思ったことをまとめたものだ。
このコラムの眼目は以下の文章に集約される。

 「あそこまで強気を押し通せるのは、揺るぎない信念に基づく自信があるからだ」。そう考えてしまう人もいるかもしれませんが、これは人間が持つ一種の弱さがもたらす誤解ととらえるべきです。
 理にかなわないような強権を許してしまうのは、自信を喪失した社会の1つの現象なのです。自立できず、何かにすがらないと不安でたまらない人々は、堀江さんのような強気のリーダーシップに希望の光を見い出してしまうのです。

ホリエモンも小泉・安倍も、理にかなわない強権を推し進める。それは、何の根拠もないものであっても、自立できない不安な人間は、自らの心の弱さに負けてついつい追随してしまう。
小泉の不条理な靖国参拝に賛成した人が多かったのも、日本人がいかに自立できていないか、自分できちんと考える能力を失っているかを如実に表しているのだ。
(それにしても距離は多くても、トラブルしか引き起こせなかった小泉外交は、本当に税金の無駄遣いだったな)

こんな世の中だからこそ、きちんと自立し、自分で物事を考える能力のある人間は、しっかりしたメッセージを発していかなくてはならない。
つくづくそう思った。

やっぱり変だよ日本の営業―競争力回復への提案 Book やっぱり変だよ日本の営業―競争力回復への提案

著者:宋 文洲
販売元:日経BP企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ここが変だよ日本の管理職 Book ここが変だよ日本の管理職

著者:宋 文洲
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ダメな会社ほど社員をコキ使う Book ダメな会社ほど社員をコキ使う

著者:宋 文洲
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 最近ゴミみたいなコメントやトラックバックが付くようになった | トップページ | 日本は孤立していないか?加藤紘一氏も懸念する安倍シンゾーの外交姿勢 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/3448777

この記事へのトラックバック一覧です: 宋文洲氏、その鋭い視点~ホリエモン・小泉を讃えるのは、自立できない精神の弱さということ:

» 下請け企業 [関係性]
 ここに来て、大手製造業の業績が良く、経済の復調が新聞紙上やテレビで伝えるようになってきた。  では、この大手製造業は売り手なのか買い手なのかが気になる。  例えば自動車業界では簡単な構造ではない。自動車製造業者の周りに多数の部品供給企業があり、傘下の販売店を通じて消費者に販売される。自動車が出来上がってからは単純な流通経路を辿って消費者に届くが、自動車が完成する前が多くの企業が関わっている。ここでの売り買いが収益の源となっている。  勿論、消費者への提示価格は他企業の自動車価格との競争の中で決定さ... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 13時47分

» 負け組の格差社会容認と『裸の王様』 [嗚呼、負け犬の遠吠え日記]
 「下層」とか「負け組」とか負け組とか言われる低所得者層や不安定就業者層(パート・派遣など)とか言われる人たちが、新自由主義(=市場原理主義)路線による「(勝ち組・負け組の)二極分化」とか「格差社会化」と言われる現象を受け入れている傾向があるらしい。  例えば、以下の記事にあるように。 *『なんだかなあ』(tsurezure-diary 2006年9月19日記事) http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/c91a10821052ffec04e71a4f1a... [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 05時33分

» 人材いらずの営業戦略 [ビジネス書感想]
人材いらずの営業戦略の感想 [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 01時38分

« 最近ゴミみたいなコメントやトラックバックが付くようになった | トップページ | 日本は孤立していないか?加藤紘一氏も懸念する安倍シンゾーの外交姿勢 »