« 消費者金融の金利の引下げと文部科学省のいじめの隠蔽の関係について | トップページ | 笑える金融庁~地方自治体向け融資の銀行投融資リスクがゼロってどういうことよ? »

2006年11月28日 (火)

証券税制の優遇の廃止の理屈がよくわからない

廃止する人間の理屈は「暫定的な措置だから」というもの。
暫定的?
ならば、自動車関係の税金の暫定税率はどうなるのだ?
30年ぐらい続けておいて、暫定はないだろう。
税金は政府の運営に必要なもの。
であれば、もっと納得のいく説明を納税者に対して行う必要があると思うが、政府はどう考えているのだろうか。

税金バンザイ! 「税金」&「税務調査」の裏ワザ! Book 税金バンザイ! 「税金」&「税務調査」の裏ワザ!

著者:小堺 桂悦郎
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 Book ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇

著者:安間 伸
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マンガと図解 新くらしの税金百科〈2006‐2007〉 Book マンガと図解 新くらしの税金百科〈2006‐2007〉

販売元:納税協会連合会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 消費者金融の金利の引下げと文部科学省のいじめの隠蔽の関係について | トップページ | 笑える金融庁~地方自治体向け融資の銀行投融資リスクがゼロってどういうことよ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/4342766

この記事へのトラックバック一覧です: 証券税制の優遇の廃止の理屈がよくわからない:

» 植草一秀氏の勾留はいったいいつまでなのか、日にちをカウントし毎日更新するバナーを作りました。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 弾圧に備えた最低限の法律知識と心構えの救援ノートを読もう  これから毎日勾留 [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 00時37分

« 消費者金融の金利の引下げと文部科学省のいじめの隠蔽の関係について | トップページ | 笑える金融庁~地方自治体向け融資の銀行投融資リスクがゼロってどういうことよ? »