« 近未来通信による詐欺は総務省の大チョンボ!! | トップページ | メディアを信じるな、己の舌を信じろ!!韓国ソウルではガイドブックに載っている店に行くな! »

2006年12月17日 (日)

結局ヤラセのまま教育基本法の改悪が成立した~安倍シンゾーの開き直りとみのもんたの二枚舌

教育基本法の改悪法案が成立した。
安倍シンゾーは、報酬を返上した(金を払った)から、法案成立にこぎ着けてもいいと思っているのだろうか。
そもそもタウンミーティングというのは、国民の意見を幅広く汲み取ることを目的としていたのではないか。
それがヤラセであれば、本来の目的を果たしていないことになる。
手続的に瑕疵があるのだから、もう一度やり直すというのが筋だと思う。

大体、民主主義というのは異なる意見を出させて、その中でより最適な解を見つけていくのがその趣旨ではないか。
にもかかわらず、異なる個性を許さない教育基本法の改悪法案を、異なる意見を封じるヤラセタウンミーティングによって成立させるのがおかしな話だ。
これが、報酬返上なる「けじめ」で決着させるべき問題ではないことは確かであろう。

それにしても、みのもんたの「朝ズバッ!」には笑えた。
以前このヤラセタウンミーティングについて、政府が法案を通すためにヤラセを行うのは当たり前であり、それを引き受けた人間が悪いというトンチンカンなことを言っていた。

ところが、最近、例の二枚舌に違わず、税金を使ってそんなことをするなんてとんでもないと言っていた。

この二枚舌にもあきれた。
こんなやつがニュースの司会をやるから、日本の政治が悪化するばかりなのかもしれない。
それとも税金が絡まなければ、ヤラセでもいいのでだろうか。
本当に論点のずれたピンぼけ司会者だよ。

 

子どもが見ている背中―良心と抵抗の教育 Book 子どもが見ている背中―良心と抵抗の教育

著者:野田 正彰
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なぜ変える?教育基本法 Book なぜ変える?教育基本法

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 近未来通信による詐欺は総務省の大チョンボ!! | トップページ | メディアを信じるな、己の舌を信じろ!!韓国ソウルではガイドブックに載っている店に行くな! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/4579535

この記事へのトラックバック一覧です: 結局ヤラセのまま教育基本法の改悪が成立した~安倍シンゾーの開き直りとみのもんたの二枚舌:

» 自民・公明の次の手は? [”えんや”のブログ]
さて、いとも容易に教育基本法が「改正」されました、 ほんとにこれで良いんですかネ? 1947年戦前の反省の上に教育の理念として「個人の尊厳に基づく教育、、、」をかかげ戦後の教育基本法は施行されてきました。 歴代(約50年間)の内閣が出来なかったことを安部内閣(自民・公明党)は留任4ケ月で「改正」させた。 また、防衛庁の「防衛省」への格上げ、、、何故これほど迄急いでしなければならなかったのか? 私たちがのぞむ急いでやって欲しいのは 「いじめ」「未履修科目」などの学校問題、年金や医療・福祉と高... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 22時45分

» 疑似勝ち組 @ 格差拡大・階層固定化を促進させる哀しき人々 [嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)]
 いわゆる所得などの格差拡大、階層固定化などが問題視され、議論になっているが、それらを肯定・支持する人たちがいる。さらに、ただ支持・肯定するだけでなく、いわゆる「負け組」や「ワーキング・プア」の人たちや、格差社会化... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 22時57分

» “人々の恵み”と「産業主義近代」の終焉 [晴耕雨読]
“自然の恵み”ではなく“人々の恵み”が産業を発展させ生活も向上させてきた。 の続きです。 ■ “人々の恵み”と「産業主義近代」の終焉 「近代」とりわけ先進国は“人々の恵み”を己のものにしながら経済成長(国民生活の向上)を達成してきた。 現在の世界を眺めれば、“人々の恵み”を最大レベルで享受しているのは中国と言える。 今回の投稿、そしてこれまでの投稿をお読みになられた方ならご理解いただけるように、「近代経済システム」において“人々のめぐみ”を持続的に享受するためには、貿易収支の黒字を持続... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 19時53分

» 『十字軍』と『魔女裁判』は今なお進行している現実のものである 〈その1〉 [晴耕雨読]
世界が「大宗教戦争」の渦中にあるということで、巷間言われているような「キリスト教とイスラムの衝突」を主張したいわけではない。 ブッシュ政権が推し進めている今回の「対テロ戦争」を、1096年に開始された十字軍遠征、そして、13世紀から17世紀にかけて西欧で吹き荒れた「魔女裁判(異端審問)」が、21世紀を迎えた現代においてもなお継続されている証だと見ているということである。(それらの再発ではなく継続である) ブッシュ政権が派遣しているのは『十字軍』であり、ブッシュ政権が“悪の極み”と非難している「テ... [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 18時41分

» 著作権侵害?の疑いだけではなく、印籠を振りかざし、表現の自由を奪う子をもと親たちの愚行?〜教育公務員の傲慢さに溢れる運動と発達傷害などの差別を助長させないために〜 [偽善者キツィこのブログ]
||#ffffff style=font:17pt; ``はじめに|| ||#ffffff style=font:17pt; ``あたしが書いた{{{[http://blogs.yahoo.co.jp/higasitoyokazu/26147685.html 『【転載希望】スナップ写真にも著作権_出版差し止め、慰謝料〜「苦しめYahoo!ブログの壊し方」スナップ写真にも工業所有権〜 』]}}}という記事に対し、多くの方々からコメントが寄せられま..... [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 01時20分

» 安部内閣崩壊は近い。山場は予算案採決後か? [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
「内閣人事に問題が相次いでいるのは何が原因と思いますか」「別の問題でしょう。それは」 正月明け、初仕事にでた安倍晋三総理は本間税調会長、佐田玄一郎内閣府大臣辞任、さらに松岡利勝農水大臣問題発覚と、官邸記者団に問題の原因を聞かれ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 12時24分

» 松岡利勝農林水産相のスキャンダルの背景 [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
  1月25日から通常国会がはじまるが、この国会、スキャンダル暴露合戦の国会になりそう。 そのなかでも、別格といわれているのが、松岡農水相のスキャンダル。   やはり「女」が絡んでいた。... [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 22時04分

» 学生の方へ♪ いいもの見つけた(@0@) [ちょっといい話♪]
学生さん!!ともかく読んで見てね~■初心者でも、『ちょっとした発見で稼げてしまう』ということを改めて感じました。   そんなやり方です「これなら私にも出来る」私はこちらを見てわくわくしました。見て頂けましたか?こんなのがあるんです。...... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 11時23分

» 教育基本法改悪反対のたたかいから何を学ぶか? [平和への結集ブログ]
... [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 11時42分

» 権利書 [宅建]
所有権などの不動産に関する権利を登記したときに、登記名義人に交付される「登記済証」。登記申請書の副本や原因証書(売買契約書等)に法務局の登記済みの証明印を押して還付される。登記手続きの際に本人確認の手段の一つとして提出する。従来まで権利証を紛失した場合の...... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 23時03分

» 中間省略登記に対応、7月上旬に宅建業法規則改正へ 国交省 [宅建.COM]
間省略登記の代替契約に関する省令改正について、国土交通省は7月7日までパブリックコメントを実施する。買主の指定する者に移転するという「第三者のためにする契約」を活用する場合に、第2の契約を他人物売買として締結できることが明確になるよう、省令を改正する方針...... [続きを読む]

受信: 2007年7月12日 (木) 22時56分

« 近未来通信による詐欺は総務省の大チョンボ!! | トップページ | メディアを信じるな、己の舌を信じろ!!韓国ソウルではガイドブックに載っている店に行くな! »