« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

2006年6月 3日 (土)

あまりに一面的なヘッジファンドの見方~今朝の日経新聞の記事について

今朝の日経新聞の1面を見た人はいるだろうか。
「世界の証取再編の波」という記事である。
その中にこんなくだりがある。

「高度な取引手法で知られるヘッジファンドからは『再編で経営基盤を固め、システム投資を加速してほしい』という声が出る。ファンド勢がしのぎを削るのはコンマ一秒の世界」

本当にヘッジファンドがコンマ一秒単位で取引をしているというのだろうか。
ヘッジファンドにはいろんな取引手法があるが、必ずしもヘッジファンド=トレーディングではない。

例えば、商品や為替、株価指数の先物に投資するジョン=ヘンリー率いるヘッジファンドは、一つのポジションを数日どころか数ヶ月間保有する。

売りや買いの後、すぐにそのポジションを閉じているわけではない。
このスタンスは以下の点で非常に合理的である。

  1. 取引には手数料というコストがかかるので、その回数を削減することはコスト削減につながること。
  2. 頻繁に売買するとかえって、利益確定が早まってしまい、大きなリターンが望めないこと。

ヘッジファンド勢がコンマ一秒単位で取引しているなんて、どのヘッジファンドがそんなことを言っているのだろうか。

確かに、取引所にどんなに注文が集中してもさばけるほどシステムが充実していればいい。

でも、これはコンマ1秒で取り引きするためではなく、何かあった場合(例えばロシアの通貨危機)に、持っているポジションを一刻も早く閉じる必要があるから、システム投資を十分におこなってほしいと筆者はとらえている。

本当のヘッジファンドとは、コンマ一秒単位だか何だか知らないが、しょっちゅう取引をおこなっているというイメージとかけ離れているのだ。

この記事を書いた日経新聞記者は以下の本を読んでもっと勉強した方がよい。

ロシアの通貨危機で手痛い目にあったファンドもあるが、そこから教訓として学んでいるのは流動性の確保、つまり何かあったときにすぐにポジションを閉じて資産の確保を図れることである。

システム投資の要求も、コンマ一秒単位で取引するためではなく、流動性の確保が目的なのだ。

なお、この本は投資をする人にも、自分の投資スタイルの点検をする上で勉強になる。

「ヘッジファンドの魔術師」スーパースターたちの素顔とその驚異の投資法 Book 「ヘッジファンドの魔術師」スーパースターたちの素顔とその驚異の投資法

著者:ルイ・ペルス
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一息つきたいときはここも見てくださいね。

| | コメント (1)

2006年6月 2日 (金)

ぺこちゃん焼きだーい好き!~飯田橋元住人より

女優の佐藤夕さんはぺこちゃん焼きをご存じだそうです。
嬉しいですねえ。
飯田橋の元住人としては、そこの不二家でしか食べられないお菓子を紹介してくれてうれしいです。
食べたことのない人は、佐藤夕さんにならって、是非とも食べましょう!

| | トラックバック (1)

板情報は当てになるか?~クロージングベルを見て思う

Google

昨日のクロージングベルを見た人はいるだろうか?
デイトレーダーが失敗した理由に、板情報を過信しすぎたというのがあった。
買い板が厚いと見て、買ったものの、株価がずるずる下げてしまったなどの経験をしている人も多いのではないだろうか。
板は所詮注文である。見せ板ということも十分あり得るのだ。
最近は、インターネット取引を通じて、自分の注文をすぐに板に反映させることができる。
引っ込めるのも簡単だ。
自分は日経平均先物も取り引きするが、マーケットの板の厚い方に向かって売買すると案外うまくいく(もちろん仕掛けの条件はそれだけではないが)。
買い板が厚いときは、売り玉を建て、売り板が厚いときはその逆。
自分が注文するときは、決して指値はせずに、成行か逆指値しか使わない。

デイトレードを行うのもいいが、板情報を当てにしてうまくいかなかったら、その逆をやってみる柔軟な発想も、マーケットでは必要である。

この本はデイトレードをしている人にもそうでない人にもお薦め。
この人はデイトレードで成功している数少ない人だが、板情報は使っていない。
あくまで、日中のチャートを使っている。
板情報が全てではないのだ。

オズの実践トレード日誌 ― 全米ナンバーワンデイトレーダーの記録公開 Book オズの実践トレード日誌 ― 全米ナンバーワンデイトレーダーの記録公開

著者:Tony Oz,トニー・オズ
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する


気が向いたらここにも立ち寄ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

村上ファンドのピンチは、ファンドの保有銘柄のピンチかも?

村上ファンドに地検の捜査が入った。
もし逮捕となるとファンドの運営が困難になる。
また、これまでの投資手法が使えなくなって、利益も上げられなくなる。
すると、ファンドから資金が引き上げされて、ファンドの保有銘柄も売りに出される。
結果はわかると思うが、ファンドの保有銘柄が売りに出されて大幅に値下がりすると思われる。
みなさん、ゆめゆめご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 1日 (木)

森伊蔵も佐藤も見つかった!~僕の焼酎日記

この画像をクリックすれば、購入できますよ!

早い者勝ち!

ちなみにお店はここ

[父の日ギフト]森伊蔵1.8
[父の日ギフト]佐藤黒麹1.8
[父の日ギフト]佐藤白麹1.8

| | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

チャートが教えてくれる日本株の転換局面

週足で一目均衡表を見ると、遅行線が日々線に突入して下回りそうな感じ(下の図では、黒い線が遅行線)。
去年の8・9月頃からの上げ相場の状況が完全に変化した様子だ。

下げ相場が始まるのか、もみ合いになるのか、上げ相場に向け調整完了するのかは、もうちょっと様子を見ないとわからないが、少なくとも急いで仕掛ける必要はない。

休むも相場とは、よく言ったものだ。
この遅行線が、日々線や雲に対してどのような動きをするのか、見極めてから行動しても遅くないようだ。

一目均衡表の見方を知らない人は、以下の本を一度読んだ方がいい。
一目均衡表は日本人が考え出したチャートだが、今や世界の多くのトレーダーが使っている。
この本は、その一目均衡表の見方だけでなく、その他の多くのチャートの使い方役立ち度も書いてあり、非常に参考になる。


投資の王道―株式市場のテクニカル分析 Book 投資の王道―株式市場のテクニカル分析

著者:新井 邦宏
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Chart_2

| | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

表参道ヒルズの異常な価格はバブルの予兆か?

昨日、うちの父親が東京に遊びに来たので、東京を案内した。
どこに行きたいか聞いたら、銀座ということなので、銀座を案内した。

うちの父は、長い間洋服卸に勤めていた。それだけあって、洋服にはうるさい。

ブランドに惑わされず、洋服の材質や生地、縫製から論じてくれる。

で、銀座の百貨店に並べてある洋服はどうか。

父の感想は、「これは高いなあ。でも、この生地だから若干は高くなるのはしょうがないけど、それにしてもさすが銀座だなあ」ということだ。

それなら、もっと高いところ、しかも笑っちゃうほど意味なく高いところ連れて行ってやるよ、と表参道ヒルズを案内した

銀座よりも人が多い表参道ヒルズ、その店の一つに入って、この服どう思うと聞いてみた。

キャミソールっぽいワンピースで、銀座の百貨店でさえ2万円程度の服だが、この服はよくわからないブランドの上、6万円以上の値札がついている。

「はあ?何でこれが6万円するんだ?生地だって大したことない、1桁多い。素人なら、値段が高いからいいものだと勘違いして買ってしまうかもしれないが、プロは騙せない」

テナント料が高いから仕方ないのかな、と言っていたが、自分のような素人目にもどう考えてもぼったくりである。
ところが、こういう雰囲気のいい店で売っているのだから、さぞかしいいものだろうと財布のひもがゆるんでしまうのか。
表参道ヒルズの店の大半はこんな感じであった。

バブル崩壊前は、どうしてこんな商品にこんな値段が付いているのだろうと思うような商品でさえ、高いものはその値段の高さ故にいいものだと人々は勘違いしていた。
モノだけでなく、土地も株も上がっていた。
しかもその値上がりは永遠に続くものだと思っていた。
しかし、バブル崩壊後は、そのようなある意味妄想も崩壊し、安くてもいいものを買うという、普通の意識に戻ってしまった。

だとすると、表参道ヒルズの異常な価格はバブルの予兆なのだろうか。
1年後、この表参道ヒルズの店の大半が潰れずに残っているとしたら、新たなバブル経済の始まりなのかもしれない。

バブル経済の熱狂とその崩壊を論じたのはこの本。

バブルが始まったときに波に乗り、崩壊する前に飛び降りることができれば、ハッピーなのだが、実際にはそのようなことは難しい。

そういう意味でこの本は勉強になる。

熱狂、恐慌、崩壊―金融恐慌の歴史 Book 熱狂、恐慌、崩壊―金融恐慌の歴史

著者:チャールズ・P. キンドルバーガー
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

「アテンションプリーズ」ほど現実は甘くない~日本航空のキャビンアテンダントは夢を語れるか?

最近、上戸彩が主演の「アテンションプリーズ」というドラマが放送されている。
上戸彩が思いを寄せる男から、「お前の制服姿が見たい」と言われたことをきっかけに、日本航空にキャビンアテンダント(フライトアテンダントともいうが)の卵として入社するものの、もともと堅苦しい仕事が苦手で、悪戦苦闘するという内容である。
妻が見ているので、付き合う形で見てしまうのだが、話の内容に違和感を覚えてしまう。

主演の上戸彩以外は、割とキャビンアテンダントという仕事に喜びと誇りを感じているように思えるが、現実のキャビンアテンダントはそうなのだろうか。
キャビンアテンダントの中には、なりたくてなりたくてしょうがなかった人もいるが、就職に困ってなった人もいるのが現実だ
さらに、実際に働いてみるとわかるのだが、そのイメージの華やかさと異なり、日本航空含め日本のエアラインは、あまり待遇がよくないようだ。
日本航空に限って言うと、キャビンアテンダントとしての入社当初は契約社員(あるいは別会社から派遣される派遣社員)のような形で、普通の正社員とは待遇が異なる。
しかも、給料は飛行機が空中にあるときとそれ以外(離陸前や着陸後、地上での打ち合わせなど)で異なり、前者が時給1,800円弱、後者が時給1,200円弱と計算されるようだ(勤務年数で若干の差異あり)。
これだと、年収約300万円ぐらいだが、さらに正社員の手当がなかったりする。
特に、アメリカの9.11テロで飛行機が減便になったときは、空中での勤務時間がほとんどないために、家賃も払えず知り合いの家に転がり込んだ人もいるぐらいだ。

正社員からも結構差別されていて、正社員のキャビンアテンダントと契約社員のキャビンアテンダントが一緒に食事に行けるような環境ではない。
日本航空の場合、組合の力が強く、組合に入っている正社員は割と良い給料をもらっているため、食事も良いものを摂っている。
そのため、お金のない契約社員とは一緒には行かないのである。

体力的にもきつく、あの空中で配られるジュースの入ったカートも40kgぐらいあり、スポーツで体を鍛えた人でないと、腰を痛めたりする。

ある程度頑張れば、正社員になれるかもしれないが、そこまでいくまでに大半が心身共にボロボロになって辞めてしまうのが現実。
ある意味体力勝負のところもあり、何とかこの職場で生き残るのが体育会系で、テレビのドラマのような「お嬢さん風」では、実際のところ体が持たないのだ。

日本航空は最近スキャンダル続きで、このドラマに協力してイメージアップを図ったのだろうか。
本当に大事なのは、心身をボロボロにしながらも日本航空を底辺で支えている、給料の安いキャビンアテンダントを待遇面で支えてあげることなのではないか。

一息つきたいときはここ

| | トラックバック (1)

何かおかしいぞ!TBS

このブログでも指摘したが、昨日のみのもんたのサタズバッ!(朝ズバッ!の土曜版)で、生命保険について先週誤った発言があったと説明していた。

他人に保険を掛けるときは、その人に断りなく勝手に掛けられる(つまり、被保険者の同意が不要ということ)という、ウソの内容をコメンテーターの政治家も一緒に発言していたのだ。

昨日の訂正の説明では、実に簡単な内容でお詫びの言葉もなかったが、先週の発言内容では、相当な非難っぷりで、保険業界が歪んでいると言わんばかりだった。

まるで、保険会社が保険の不正な契約をおおっぴらに認めているような口振りで、保険会社に勤めている人は相当腹が立ったのではないか。

そういえば、TBSはぴーかんバディ!という番組でも白インゲン豆ダイエットを紹介していたが、下痢や嘔吐に見舞われた人が数十名発生した。

いい加減な内容の放送をして、一言のお詫びもなしである

憲法では、言論の自由が保障されている。

しかし、それを楯に、誤った内容を発言して詫びの一言もないのはいかがなものか。

まして、サタズバッ!などは、商法をきちんと学んでいるはずの弁護士の社会党党首福島みずほが、全く誤った認識をしており、それを基に保険がおかしいなどと大声で発言していたのである。

そんな誤った発言をするような人間は、政党党首であっても、テレビ局立ち入り禁止にするぐらいのことをしないと、健全な言論社会が形成されない。

言論の自由に関わる法案にはムキになって反対するくせに、誤った発言や迷惑をかけたことに詫びの一言もないなんて、TBSはマスコミとしての存在価値がないと言われても仕方ないのかもしれない。


一息つきたいときはここ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »