« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »

2006年6月17日 (土)

日銀は竹中失言に学ばなかったのか

日銀総裁の福井の村上ファンド出資問題だが、これは相当日銀の脇が甘かったと言わざるを得ない。

出資だけでなく、その後の開き直り的発言(アホの与謝野含む)は、大いに日銀の信用の失墜につながったとも言える。

政治家というのは失言のデパートだったりするが、過去の竹中失言に学べば、今回のことはある程度防げたのではないかと筆者は思う。

竹中失言とは、ETFを買えば必ず儲かるという竹中平蔵の発言であるが、覚えているだろうか。

しかも、このときは竹中の妻がETFを買っていたらしい。

もし、このシチュエーションを民間人に置き換えたら、確実に金融商品取引法(以前の証券取引法)に引っかかる。

「確実に儲かりますよ」と言って金融商品を販売したら、断定的判断として法令違反。

夫が上場会社の経営者で、会社の業績上方修正を発表することを、その妻が知りながらその株を購入したらインサイダー取引として法令違反。

株の値上がりを狙って、「この株絶対あがるよ」と言いふらせば風説の流布として法令違反。

ところが、竹中が言ったのは法令的にお咎めなしらしい。

しかし、この失言に対し、周りからは非難を浴びた。

法令上は何にも違反にならなくても、それなりの立場にいる人は、マーケットに対してうかつな発言を行うと非難の対象になるということである。

何が言いたいかというと、日銀も他山の石として、自らの役職員の発言なり行動なりをきちんと律するような体制を取っておくべきだったのだ。

にもかかわらず、この福井総裁の発言・行動は、日銀という組織に内部統制が欠けていることを証明した。

政治家や官僚機構は、民間に厳しいのに、自らに対して甘すぎる。

ガバナンスの点から自らを見直すか、第三者に点検してもらわなくては、この先同じことの繰り返しだろう。

竹中発言は以下のリンクが参考になります。

2チャンネル

Wikipedia

証券取引法に代わる新法の金融商品取引法はこれで早わかり。

日本版SOX法入門 -金融商品取引法における内部統制 Book 日本版SOX法入門 -金融商品取引法における内部統制

販売元:同友館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

金融商品取引法ハンドブック―証券・保険・預金の法律と裁判実務 Book 金融商品取引法ハンドブック―証券・保険・預金の法律と裁判実務

著者:桜井 健夫,石戸谷 豊,上柳 敏郎
販売元:日本評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (2)

世界最長の曲「ヴェクサシオン」聴きたいなあ~シャープの携帯電話のCMより

シャープのCMで、自社の携帯電話の音楽再生能力を表現するために、世界最長の曲「ヴェクサシオン」(ギネスブックにも載っているそうです)が演奏できるというキャッチフレーズが流れていた。

このヴェクサシオン、エリック=サティが作曲したもので、演奏時間は18時間である。52拍からなる1分程度の曲を840回繰り返すため、聞き続けた人は一種の異様な感覚にとらわれるそうである(ところで、当の本人もちゃんと演奏してみて確認したのだろうか、したのだろうねえ)。

本当に演奏されたことあるのと訊かれそうだが、演奏されたことはある。1963年らジョン=ケージ(実験音楽の旗手)によって初めて演奏された。この時は10人のピアニストと2人の助っ人が夕方6時から演奏を開始し、翌日の午後12時40分まで演奏をし続けたそうだ。日本でも1967年12月31日から翌年元旦にかけて、年越しで演奏されたそうだ。

エリック=サティといえば、「3つのジムノペディ」や「お前がほしい」で非常に有名だが、結構変わった曲も作っており、個人的には好きな作曲家の一人である。

ちなみにヴェクサシオンとは、フランス語で「嫌がらせ」という意味

こんなに長い曲を聴かせるなんて嫌がらせだという、エリック=サティの遊び心溢れた曲名となっている。

このCDにはヴェクサシオンは入っていない(というより入れるのが無理)が、上記の他の2曲も収められており、エリック=サティを十分楽しめるものとなっている。

ever!~サティ

こちらもなかなかいいです。

エリック・サティ・ピアノ作品集 Music エリック・サティ・ピアノ作品集

アーティスト:ビル・クウィスト
販売元:BMG JAPAN
発売日:2005/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (3) | トラックバック (4)

2006年6月16日 (金)

公人の証券がらみの行為に規制がなくてもいいのか?~福井総裁の村上ファンド出資騒動が示したもの

今、日銀が揺れている(と当事者は思っていないかもしれないが)。

日銀を統べる福井総裁が、村上ファンドに1千万円出資していたというスキャンダルである。

村上ファンドを立ち上げたものの、資金があまり集まらないのを見かねて手助けしたといえば、聞こえがいいが、問題はそんなところではない。

この一連の騒動をめぐって、当の本人と小泉政権の人間は、あきれるほど非常識な回答をしていた。

福井自身、村上ファンドへの出資が報じられたとき、どれぐらい儲かったかわからないなどと、とぼけたような回答をしていた。

しかも、国会で答弁を求められたから答えたと、この事件について何とも感じていない様子。

その上、それ以外にも株をいくつか保有していたことが後になって発覚。

挙句の果てに史上最高の愚昧な大臣の一人、与謝野が「自分の財産ならば、法令に違反しない限り何に投資しようが差し支えない」と開き直った。

いったい福井は日銀総裁の立場をどのように考えているのだろうか。

日銀といえば、アメリカのFRB(連邦準備理事会)に相当し、金融政策を取りまとめるところである。

したがって、日銀の出す政策やその総裁の発言は、一国の通貨の金利や為替相場に大きな影響を与えるわけであり、その立場は公正中立でなくてはならない。

そのためには、多少給料はずんでもいいから、できる限り資産公開や証券取引禁止などで、日銀の役職員の透明性や公平性を担保するような体制を採るべきだ。

さもないと、一国の金融政策が個人的な目的のために利用されたり歪められたりする。

例えば、こんなことだって起こりうる。

「今度の会合だけど、金利引き上げが決まりそうだな。他の委員に感触を聞いてみると、みんな賛成のようだ。だったら、債券先物を売っておこうかな。金利が上がって債券価格が下がるから、債券先物の売りで儲けられるぞ」

この例からもわかるように、日銀の役職員の透明性や公平性を確保することは非常に重要なことなのだ。

であるからして、福井は村上ファンドへの出資が明らかになった時点で、真摯に反省し、日銀内で規程がないことを問題視して、体制の改革を行うといった姿勢を明らかにすべきだった。

本当は、私が軽率だった、申し訳ない、早急に対応すべきだと明言し、実行すべきだったのだ。

にもかかわらず、儲けはいくらかわからないなどと間抜けな回答で国会答弁を行い、挙句の果てには大臣まで出て、「法律に違反していないのだから問題ないのだ」と開き直った。

こんな日銀総裁や政治家にその職務を全うする資格はない。

大体考えてみてほしい。

金融商品取引法(以前は証券取引法)が典型だが、実に細かいことまで規定している。

しかも金融行政の管轄官庁からは細かいことまで検査を受けている。

これは、日本の金融が公正に運営されるためではないのか。

民間企業にはあれこれ規制や検査でがんじがらめにしておいて、その官庁のトップが何の規制もなく、好き放題証券がらみの行為を行って、挙句の果てに法律にないのだから問題ないと開き直る。

そんな政府が、国民にも外国にも日本への投資に向かわせようと政策をこねくり回しているのだから、笑わせる。

だから、この問題は、日本の金融制度が世界に伍するものかどうかを占う試金石だったわけであり、その結果は日本の政治・官庁のトップに金融制度を作る資格がないことを証明したのであった。

その後、asahi.comで以下の記述があるのを知った。

日銀の内規では、職務上知り得た秘密で利殖行為をすることを禁じ、在職中に株式を売買した場合には報告を義務づけている。また、「世間からいささかなりとも疑念を抱かれることが予想される場合には、個人的利殖は慎まなければならない」とも定めているが、日銀は福井総裁の投資について「ルールには違反していない」としている。

証券会社や金融機関に課しているルールに比べれば、なんて緩々なんだろうか。

つくづく思うが、公のトップというのは何で身内に甘くて民間に厳しいのだ?

聖人君子たれとは言わないが、民間に厳しさを求めるのであれば、それ以上の厳しさをもって自らを律するべきではないか。

金融商品取引法ハンドブック―証券・保険・預金の法律と裁判実務 Book 金融商品取引法ハンドブック―証券・保険・預金の法律と裁判実務

著者:桜井 健夫,石戸谷 豊,上柳 敏郎
販売元:日本評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (7)

日銀の福井俊彦総裁が村上ファンドで得た年間利益について説明!

村上ファンドで毎年かなり利益出たそうです。

 日銀の福井俊彦総裁は16日の衆院財務金融委員会で、村上ファンドへの1000万円の拠出によって得た年間利益について「非常に幅があるが、少ないときは数十万円単位、多いときで数百万円単位」に上ったことを明らかにした。
 すでに確定申告を終えている昨年末時点の利益がいくらかを示す資料の提出については「いま急いで整理している。可及的速やかに国会に提出する」とし、再び先送りした。野党側が求めた村上ファンドとの契約書の提出に対しては「守秘義務に反していないかを含めて検討したい」と述べるにとどめた。
 総裁は委員会の冒頭、「国民に広くご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げる」と陳謝。そのうえで「各方面からの厳しいご批判をしっかりと受け止め、日銀総裁としての職責を全うすることで国民の皆様からの信頼を得ていきたい」と述べ、この問題の責任を取って辞任する考えがないことを改めて強調した。
 金融政策に関しては「経済・物価情勢にあくまで忠実に判断していくことをお許しいただきたい」と表明。村上ファンドに資金拠出していた問題でゼロ金利政策の解除時期が遅れるのではないかとの見方を否定した。

結局しゃべっちゃいましたね。

さっさと白状して謝ったほうが、混乱も少なくすんだのに、開き直るからことが大きくなるわけです。

このまま、日銀が独立して機能するかどうかは怪しいものです。

必死にかばった小泉に借りを作ったようです。

ゼロ金利との闘い―日銀の金融政策を総括する Book ゼロ金利との闘い―日銀の金融政策を総括する

著者:植田 和男
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年6月15日 (木)

与謝野開き直り!

日経QUICKによれば、以下の通りだそうです。

  • 金融政策運営を通じて株式相場の形成にも影響を及ぼし得る立場の日銀総裁が投資ファンドに資金を拠出することは不適切ではないかと食い下がる平野氏に対し、与謝野馨経財財政・金融担当相は「自分の財産ならば、法令に違反しない限り何に投資しようが差し支えない」と答弁。議場が一時騒然とする場面もあった。

法律に違反しなければ、何をやってもいいというのは、村上や堀江を批判しながら、結局同じ穴の狢だったわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

究極の少子化対策は、美容整形に保険の適用!

というのは、極論とか言われそうだが、結構まじめに書いているので、ちょっと読んでほしい。
決して容姿が劣っている人への差別というわけではない。

日本人の結婚観や女性美に対する考え方というのは、これまで大きく変遷してきた。
江戸時代、結婚において容姿はまったく重要ではなかった。
重要なのは家柄。
結婚する場合は、お互いの家柄がつりあうことが重要であり、それ以外の要素はほとんど重要視されなかったのである。
結婚するにも、互いの家の親同士が決めるものであり、本人同士が相手の容姿を考慮する余地もなかった。
また、妻も家の中で家事をするだけであり、外に自らの容姿を見せる必要もなかった。
美人画の浮世絵も好まれたとはいえ、それは絵の中での話。
結婚には結婚の論理が通っていたのである。

明治時代以降、欧米の文化や習慣、考え方が入ってきて、結婚観にも変化が出てきた。
アメリカの映画を見てもらうとよくわかるが、客を招いてパーティーを開く際に、妻が先導を切って取り仕切り、ゲストを招くホストとしての役割を果たすというのが欧米の考え方。
来客があっても、お茶を出してすぐに奥に引っ込んでしまう日本的な生活スタイルとはずいぶん違う。
このような欧米の習慣等が入ってくるにつれ、妻は表に顔を出す習慣が日本に根付いていったのである。
結婚は同じ家柄同士の家の結びつきという結婚観も崩れだすのと同時に、妻も表に出る存在として見た目を以前よりは重視するようになった。

とはいえ、戦前までは、美人は悪だとされていた。
化粧や整形ではなくて、生まれついて美人の女性もいるわけであり、そんな考え方無茶苦茶だよ、といってみても、そういう見方で美人を見ていたのである。
女性はみだりに自分の美を外面に誇示してはいけない、そんなことをするのはその女性が悪い、はしたないという価値観だったのだ。
与謝野晶子が女性美について短歌を詠んだときは、当時の社会の価値観に対する必死の抵抗だったともいえる。

それが大きく変わったのはやはり戦後。
日本国憲法では両性の合意を婚姻の前提に掲げ、家同士の結びつきを前提とした旧来の結婚観に終わりを告げた。
アメリカ中心に欧米の習慣・文化・考え方が、急速に流入した。
女性たちは、スクリーンやテレビの女優の美しい姿に憧れ、真似ようとした。
それとともに、家父長制の崩壊や男女平等という考え方の浸透、そして、戦後の高度経済成長を背景とした女性の社会進出の進展。
戦後社会では、女性は家の中で家事をするだけの存在ではなく、家の外に出て存在でもあるのだ。

現在では、女性はもはや美しくあることを悪と見なさなくなった。
逆に男の面食いの方が非難される側となった。
美しい女性は例えばカリスマモデルのように女性からも称えられ、男性からは、面食いを批判されながらも、恋愛の対象としてもてはやされる。
美しくなるための手段も情報もあふれる一方で、その流れから取り残された女性たちは、コンプレックスを抱えながら、自分の運命を呪って結婚できずに生涯を終えてしまうわけなのだ。

女は顔じゃないよという人もいるかもしれない。
しかし、「ブスの瞳に恋してる」という番組にちなんで、結婚するならエビちゃんと森三中どっちを選ぶと、街角でアンケートを取っていた。
そうしたら、一人を除いてみんなエビちゃんと回答していたのである。
結婚する相手の女性を男性本人が容姿で決めること、しかもより良い容姿を求めることは江戸時代ではありえないことなのだが、これが現代日本の現実なのだ。

「ビューティーコロシアム」という、容姿ゆえにコンプレックスを抱いて悩んでいる女性を美しく甦らせるという番組がある。
この番組では美しくなった女性が、新しい人生を手に入れる場面も映し出されており、結婚を含めた女性の人生において、いかに容姿が重要なファクターとなっているかがわかる。

だから、少子化対策として美容整形の費用に保険を適用することは、結構まじめに考えるべき課題だと思う。
金額が多額とはいえ、子供を育てて大学まで出す費用が千万円単位でかかることから考えれば、容姿がよくなくて恋愛・結婚もできず子供が生まれないことの是正の方がはるかに安くつく。
もちろん、保険の悪用を防止するために、整形後一定期間内に結婚・出産しない場合は、保険を適用した額全額返還させるという方法もある。
保険が無理なら補助金でもいい。

独身税などという、独身なら課税するという暴論よりも、こちらの方がはるかに説得力があるのではないか。
独身というライフスタイルの否定は個人の自由を奪う可能性があるし、何より結婚したくてもできない女性もいるのだ。
また、国家が強制的に結婚させるか?
両性の合意に基づき結婚するという憲法に反するし、何かの宗教教団みたいだ。
だったら、美容整形に保険なり補助金を出すなどの方が現実的ではないか。

この本は大学の教授が書いたのだが、結構面白い。

日本人が美人というものにどういう考え方をとってきたかを学問的に教えてくれるものであり、この文章を書く上で大変参考になった。

Book 美人論

著者:井上 章一
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ジャスダック信用取引評価損益率マイナス30.1%!

個人投資家の懐は相当傷んでいるようです。
一時期、成長性を買うと言って、新興市場の株式が流行っていましたが、それは一時期しか通用しない戦略だったわけです。
相場では、一時期しか通用しないのか、常に有効な戦略かはきちんと見極める必要があります。
もし、常に有効な戦略かどうかわからないときは、相場の格言に照らし合わせるというのもひとつの方法です。

例えば、よく挙げられる戦略に、損切りは早めに行うというものがあります。
これは非常に有効な戦略なのですが、相場の格言にも「見切り千両」「損を見限るは大商人」というものがあり、古くから使われている戦略だとわかります。

ですから、自分の投資手法に迷ったときは相場の格言に照らし合わせることも重要なのです。

格言で学ぶ相場の哲学 Book 格言で学ぶ相場の哲学

著者:鏑木 繁
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

信用買残結構減りましたね

でも、まだまだかな。

今日は火曜日。
トレードをする私にとって楽しい日。
それは、信用取引残高が東証から発表される日だから。
売り方の踏み、買い方の投げを利用すれば、より有利に取引を行うことができるため。
先週の下げで結構買い方が投げたようだ(証拠金が足りなくなって、強制的に手仕舞いさせられた人もいるかも)。

取引をする上で大事なのは、より有利な立場に自分を置くこと。
そのためには、信用取引残高を知るのが大事。
以下の本でも信用取引残高は、テクニカル分析で重要度が高いとしている。
この本は、様々なチャートや情報を、重要度の高さで分類するとともに、その使い方をやさしく説明してくれる。
テクニカル分析を行う上で非常に参考になる。

投資の王道―株式市場のテクニカル分析 Book 投資の王道―株式市場のテクニカル分析

著者:新井 邦宏
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

信用取引を行うのであれば、この本も読んだほうがいいと思う。

信用取引 実践バイブル Book 信用取引 実践バイブル

著者:新井 邦宏
販売元:投資レーダー
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アテンションプリーズ」もいいけど、ホントのキャビンアテンダントはもっと大変です。

うちの妻の親戚がキャビンアテンダントになりたがっているらしい。
何でも、飛行機に乗ったときに、その仕事の姿に憧れたらしい。

でも、現実は大変なんだよね。
ルールは厳しい。ナチュラルメイクはダメとかね(何でも夜のフライトでは顔色が悪く見えるためだそうです)。

路線によってはガラが悪い。
JALで一番よくないのが(キャビンアテンダントに人気がないのが)、名古屋-フィリピン線だそうです。

風俗で働くフィリピン女性を探すような人たちが日本から結構乗ったりします。
フィリピンに着いた途端に、「テメエ、ぶっ殺す」と叫んで機内食のフォークかなんかをつかんで飛び出す乗客もいるそうです。

しかも、この職業はあまり潰しが利かない。
基本的に肉体労働であり、昨今の日本企業で当然要求されるITスキルが身につくわけではないので、退職して再就職するときは苦労するそうです。

なので、妻の親戚にはキャビンアテンダントは大変だよと教えているのですが、なかなか夢からさめないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本株どうなる?

一旦現金化しておいてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日経平均大引けは600円以上の下落!

ファンダメンタルズが悪くなくても、相場が下げることはある。

ファンダメンタルズだけで投資できるわけではない。

そんなときは、こういう本が役に立つ。

テクニカル分析はファンダメンタルズだけではわからないことも教えてくれる。

生兵法は怪我のもと。

難平で資金がなくなって自滅する前にこういう本を読んでおきたい。

シュワッガーのテクニカル分析 Book シュワッガーのテクニカル分析

著者:ジャック・D・シュワッガー
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日経平均一時500円以上下落!

先行き不透明感が強まっているのでしょうか。

こういうときは、慌てず投資の本を読んで戦略を練るに限ります。

マーケットの魔術師【株式編】《増補版》米トップ株式トレーダーが語る儲ける秘訣 Book マーケットの魔術師【株式編】《増補版》米トップ株式トレーダーが語る儲ける秘訣

著者:ジャック・D・シュワッガー
販売元:パンローリング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経平均下げ幅300円超える!

日本株の下げが止まりません。

完全に下げトレンドのようですね。

トレンドには追随するのが相場の鉄則のようです。

投資の王道―株式市場のテクニカル分析 Book 投資の王道―株式市場のテクニカル分析

著者:新井 邦宏
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日銀福井総裁も、村上ファンドに出資していた?

日経QUICKによれば以下の通りだそうです。

 福井俊彦日銀総裁は13日、参院財政金融委員会に出席し、「村上ファンド」の前代表、村上世彰容疑者との関係に関して、「村上氏が独立した99年夏に自信があるかと問うたところ、『企業統治の基本的な考え方には自信がある。ただし、お金を集める自信がないと言っていた』。そこで富士通総研の数人で、私も入り、1人1000万円を、当初の志を激励、サポートする意味で拠出した」と述べた。拠出した時期は99年秋で、その後も現在に至るまで現金化や解約はしていないという。
 当初拠出した資金が現在いくらになっているかについては、「よく分からない。帳簿上の利益については適切に納税している。あまり大した金額ではない。巨額にもうかっているという感じではない」などとして明言を避けた。
 民主党の大久保勉議員に対する答弁。

政局でも一波乱ありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月12日 (月)

シンクタンクのいう「経済効果」は当てになるか?

ただいまワールドカップの真っ只中である。
筆者はサッカー観戦が大好きなのだが、大体この時期に必ず発表されるのが、シンクタンクの「経済効果」とかいうものだ。
これは、一体どれだけ妥当性があるのか。

この「経済効果」というのが発表されるときは、経済効果の分だけ日本の景気拡大につながると、ほとんどの場合紹介される。

しかし、それは本当か?
確かに消費が増えれば、日本のGDPが増加して景気がよくなるといえる。

しかし、ワールドカップを見るために大型の薄型テレビを買った人が、じゃあお金がないから旅行はやめるという選択はしないのだろうか。
ワールドカップを見るから、テーマパークに行くのは止めようとは考えないのだろうか。
人間の持っている時間とお金には限度がある。
つまり、ない袖は振れないのだ。

したがって、経済効果のイベントの裏側で失われたものを考慮しなければ、こんなものは取らぬ狸の皮算用となるだけだ。

例えば、阪神が優勝したときにもその経済効果が叫ばれて、日本の景気回復につながるというようなことが言われた。
でも、ファンの数の絶対数でいえば、巨人ファンが多いわけであり、巨人が優勝したほうがはるかに経済効果が大きいといえる。

また、数年前の猛暑の時には、猛暑による経済効果が言われたが、結局のところGDPは例年ほど伸びなかった。
暑すぎて、東京ディズニーリゾートのような屋外型テーマパークの人出が減ったり、仕事がはかどらないなどの影響が出た結果だ。
大体暑ければ経済が豊かになるんだったら、赤道直下の国は超先進国だろう。

クールビズもそうなのだが、経済効果と呼ばれるようなイベントのときは、どこか特定の地域や産業が恩恵を受けることがあっても、そうでないところが割を食うこともあるのだ。

こういう全体的に影響を見渡した上で経済効果を分析しない限り、日本の景気にそのまま当てはめて論ずることはできない。
そして、全体的に経済効果というのを見たら、案外経済効果による景気拡大というのはほとんど望めないかもしれないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

投資で資金を増やすのはどうして減らすのより遙かに難しいのか?

9日の米国の株式市場は軟調であった。
12日の日本の相場もこれを受けて軟調かも。
今日のサンデープロジェクトで与謝野が、株価の底割れはないと言ったそうだが、与謝野ごときの政治家の発言で株価が好転するとは思えない。

マーケットに影響のあるのは、やっぱりFRBの理事長の発言だろうな。

それはともかく、投資で資金を増やすのは減らすより難しい。

これにはいくつか理由があるのだが、そのうちの一つに以下のような数学的な事実があるためだ。

元手100万円を以下の2つの運用方法で運用したとき、どっちが有利だろうか(なお、ここでは税金は考慮せず、複利で運用するものとする)。

  1. 1年目も2年目も年率プラス5%で運用。
  2. 1年目はマイナス20%だが、2年目はプラス35%で運用。

1は平均5%で運用、2は平均7.5%で運用だから、2が有利じゃないかと考えた人は間違い。

この人は、二つの運用利回りを足して2で割って算出したのだろうが、運用結果をきちんと算出してほしい。

1の運用結果は、100万円×105%×105%=1,102,500円。

2の運用結果は、100万円×80%×135%=1,080,000円。

つまり、安定的に5%で運用した1の方が運用成績はいいのである。

なぜこうなるのか。

100万円で運用したらマイナス20%の成績となった場合、80万円となる。

それを100万円に戻そうと思ったら、プラス20%ではなく、プラス25%で運用しなければならない。

つまり、一度減らした資産を取り戻すためには、減らした割合以上に運用しなくてはならないのである。

投資を行う上では、このような数字の感覚(これは統計学的な感覚なのだが)が必要である。

以下の本は難しい統計学をわかりやすく説明している。

難しい数式ではなく、統計学のバックボーンとなる考え方を中心に解説しており、投資にも応用することは可能だ。

先ほどのような話もこの本に書かれているが、他の章もなかなか興味深くて役に立つ。

統計学でリスクと向き合う―あなたの数字の読み方は確かか Book 統計学でリスクと向き合う―あなたの数字の読み方は確かか

著者:宮川 公男
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月4日 - 2006年6月10日 | トップページ | 2006年6月18日 - 2006年6月24日 »