« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »

2006年8月16日 (水)

首相小泉の靖国参拝とそれをヨイショする人々のあきれる行状

読売新聞によると、小泉が参拝する前に首相による靖国参拝の是非の世論調査を行っていたそうだ。
富田メモが明らかになったこともあり、一度ならず二度も実施したとのこと。
参拝時には自らのポケットマネーで賽銭を投じたそうだが、この調査は公費じゃないだろうね?
自らの心の問題はどこへやら、結局世論を気にしながらのポピュリズムのパフォーマンスかよ。
ところで、小泉が引退した来年はどうするんだろうか見てみたい。
来年は参拝しなかったりして。

それから、週刊新潮はどうすんだろうな、あの記事。「富田メモは『世紀の大誤報』か」と報じた記事である。
文藝春秋9月特別号にもでているとおり、メモの現物を見た専門家からは、あのメモは昭和天皇の肉声を書き留めたというリアリティが伝わるというような評だった。
小生はマスコミのいい加減な発言や記載には苦言を呈してきたが、週刊新潮のあの記事こそ今年最大の誤報であり捏造とも言える記事であろう。
メモの現物を見ることなく、ネットの噂に惑わされたのか知らんが、世紀の大誤報かとしてしまった。
週刊新潮にマスコミを名乗る資格などない。

滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか Book 滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか

著者:立花 隆
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

櫻井よしこの発言にも笑えた。
中日新聞によると、「小泉首相の参拝は極めて正しい。A級戦犯の合祀は日本国の決定だ」そうだ。

いつどのような手続きで日本国がそのような決定をしたんだよ。
当時の厚生省が名簿を回し、靖国神社が昭和天皇にも内緒で合祀したんだろ。
これを日本国の手続きと強弁する櫻井よしこの事実認識の歪みに大笑い。

ところで、靖国神社って分祀の話を出されると宗教に政治干渉すべきでないなどと逃げるが、散々厚生省(今の厚生労働省)から戦死者名簿をもらいまくってよく言うよ。
しかも、遺族の同意も得ずに人を勝手に参拝するなんて、それこそ遺族に対する信教の自由の侵害だ。

しかも、「戦争のために亡くなった人に再び石を投げるべきではない」だとさ。
A級戦犯が何で「戦争のために亡くなった人」なんだよ。
刑死した人間は裁判で亡くなったわけだし、それ以外も戦後生き延びて病気等で亡くなっているが、何で戦争のために亡くなったと言えるのか。
櫻井よしこは日本語もわからないらしい。

靖国問題の核心 Book 靖国問題の核心

著者:富岡 幸一郎,三上 治,大窪 一志
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらがその読売新聞の記事

首相靖国参拝前、政府が極秘に世論調査…反発回避狙い
 政府が、小泉首相の8月15日の靖国神社参拝に向け、ひそかに世論調査を2度にわたって実施するなど、入念な準備を進めていたことが15日、明らかになった。
 靖国参拝に対する世論の反発を極力回避する狙いがあったとみられる。
 世論調査は、調査会社などに委託する形で実施されたもので、質問は「首相が8月15日に靖国神社に参拝することをどう思うか」という1項目だった。結果は、賛成がわずかに反対を上回ったという。
 首相は7月下旬、調査結果を報告されると、「もう一度調査をやってほしい」と再調査するよう指示した。この直前、昭和天皇がA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示したとされる当時の富田朝彦宮内庁長官のメモが明らかになった。これを契機に首相の靖国参拝への慎重論が広がり、逆風の中での参拝となる可能性があった。

| | コメント (3)

2006年8月15日 (火)

NHKスペシャル「日中戦争」とその他靖国がらみのテレビについて

高速バス予約

今朝首相小泉は公約どおり靖国神社に参拝した。
小泉は自らの行為の意味を理解しているのだろうか。

さて、一昨日のNHKスペシャルの「日中戦争」はなかなか面白い内容であった。
日中戦争における南京での虐殺を否定する人間が近頃多いようだが、虐殺の資料や証言を客観的に提示し、歴史を検証する上で非常に参考になる。
否定論者は、このような資料を見て、それでも否定するのか訊いてみたいぐらいだ。

Book 南京事件―「虐殺」の構造

著者:秦 郁彦
販売元:中央公論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

南京難民区の百日―虐殺を見た外国人 Book 南京難民区の百日―虐殺を見た外国人

著者:笠原 十九司
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

また、一昨日の朝、「報道2001」で首相の靖国参拝をめぐって各党の議員や識者が議論していた。
途中までしか見ていないが、高市早苗・金美齢・竹村健一のバカさ加減が目立っていた。

竹村健一は相も変わらずくだらないことを言っていた。
以前靖国神社の集まりかなんかでピアノを弾いたそうだ。
その曲は「雪が降る」。
「あなたは来ない」を首相が来ないことに例えて弾いたとのこと。
何のこっちゃ。
首相が参拝することなど、靖国の教義上関係あるんだっけ?
まあ、それはいい。
今問題になっているのは、A級戦犯が合祀されている靖国神社に日本の首相が参拝することだろ。

この議論の趣旨がわかっていない竹村翁の過去の思い出話が、議論から黙殺されたのは笑えた。


それから高市早苗。
仮にも自民党の名前で参加している以上、その言葉は自民党の公式見解ということで考えてもいいのだろうか。
ちょっと前、首相小泉は靖国参拝について「心の問題」と答えた(その後、総裁選の公約とも言ったが)。
高市早苗は開口一番、中国が靖国参拝に反対するのは内政干渉と言い切った。

内政干渉?

内政ということは国内政治ということである。
政治問題だが、国内の話だということだ。

首相小泉は、靖国参拝を政治的に行っていたことになる(政治利用とも言える)。
信教の自由などの信仰とは関係ないということだ。
で、これは本当に国内の問題か?

このブログの読者もサンフランシスコ講和条約を聞いたことがあるだろう。
日本はこの条約に批准した。
この条約では、日本はごく一部を除き賠償金を免除された。
それと同時に、A級戦犯の裁判結果含む東京裁判の結果を受諾することも定められた(これは昨日のNEWS23で姜氏も言っていた)。
いいか、高市早苗よ、A級戦犯が合祀されている靖国に日本の首相が無定見に参拝するということは、国内の政治問題では済まされんのだぞ。
参拝の政治目的によっては、日本が受け入れたはずのサンフランシスコ講和条約の否定にもつながるんだぞ。
東京裁判を否定するから、賠償金を払うとでも言うのか。
ひょっとして、日本は悪くない、サンフランシスコ講和条約を否定して東京裁判も否定するが、賠償金も払わない、何ならもう一回戦争で片をつけようじゃないかとでも言うんかい。
安直に物事をしゃべるんじゃないよ。

吉田茂とサンフランシスコ講和〈上巻〉 Book 吉田茂とサンフランシスコ講和〈上巻〉

著者:三浦 陽一
販売元:大月書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

吉田茂とサンフランシスコ講和〈下巻〉 Book 吉田茂とサンフランシスコ講和〈下巻〉

著者:三浦 陽一
販売元:大月書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

金美齢もまた笑わせた。
神道は多神教で懐が深くてどんなものでも祀るんだから、A級戦犯も祀っても問題ないというようなことを言っていた。
だから?
中国や韓国などのように、神道を信じないものに懐の深いという(?)神道を理解しろという傲慢さ。
信教の自由という言葉も知らんのかね。
それにさあ、靖国神社を本当に神道の神社と呼んでいいのかね。
明治政府が天皇制の権力を正当化するために作ったものだが、その明治政府は一方で古くからある土着の神社をつぶしてきた。
これは、信仰の対象を天皇に向けさせるのが目的だった。
これを多神教で懐の深い行為と呼べるのかね。

神仏分離の動乱 Book 神仏分離の動乱

著者:臼井 史朗
販売元:思文閣出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それから、話を戻すが、A級戦犯が祀られている靖国神社に首相が参拝することは、小泉自慢の日米関係にもひびを入れることになる。
日本は日米安保条約を基にアメリカと有効な関係を築いてきたというが、そもそも安保含め、国際的な戦後の日本の基盤となったのはサンフランシスコ講和条約である。
日本はこの条約により東京裁判の結果を受け入れることとなったが、それを否定することになりかねない。
サンフランシスコ講和条約の一方の当事者は、米国を中心とする連合国である。
したがって、A級戦犯を合祀している靖国神社に参拝するということは、米国からの信頼も失いかねない(この文のリンクの立花隆氏の文章も参考にしてほしい)。
この結果、北朝鮮による拉致問題の解決も遠くなるだろう。
米・中・韓からの協力も得られなくなるから。

滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか Book 滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか

著者:立花 隆
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今テレビで小泉がほざいているよ。
靖国参拝に反対する人は、中韓が反対するから反対しているだってさ。
おいおい、何を勝手に決め付けているんだよ。
それから、戦争で亡くなった人に哀悼の気持を表すのは結構だけどさ、お前、原爆での式典終わったらさっさと帰っているだろ。
村山首相以降は、首相が式典と被爆者の話を聞く会両方出席するのが恒例だけど、お前のときから被爆者の話は「厚労大臣が聞くこと」と言って、聞いていないだろ。
それで平和を愛するなんて抜け抜けとよく言えるよ。

| | コメント (6) | トラックバック (7)

« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »