« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »

2006年8月26日 (土)

ポンドを買っておけばよかったなあ。

日本の金利先高感の後退の一方でイギリスの金利先高感を背景に、円がポンドに対して約7年10ヶ月安値にあるそうだ(逆に言えばポンドは円に対して上昇)。

筆者は外為証拠金取引も行うのだが、買っておけばよかったなあと後悔する今日この頃である。

以下2006/8/22の日経QUICKより

  ☆円、対英ポンドでキャリー取引健在――個人の証拠金取引も急増 

最近の特徴であるドル以外の通貨に対する円相場の軟調も対ドル相場の重しになっている。円は対ユーロで最安値を更新し続けているが、対英ポンドも約7年10カ月ぶりの安値圏にある。特にポンドはにわかに金利先高観が強まっており、ポンド買いが続いている。
 円は対ポンドで前週15日、1ポンド=220円60銭前後と1998年10月以来7年10カ月ぶりの安値水準を付けた後、翌日から3日続伸した。16日公表の英中央銀行のイングランド銀行(BOE)の金融政策委員会(MPC)の議事録(8月2―3日開催分)がきっかけだ。 MPCでは2年ぶりの利上げを決め、政策金利を4.50%から4.75%としたが、議事録で今後の運営に関して大半の委員が「必要なら利上げを元に戻すこともあり得る」と認識していたことが分かった。追加利上げに前向きな内容が見込まれていただけに、利益確定の円買い・ポンド売りが入った。
 英金利先高観が消えたわけではない。BOEは9日、3カ月に1度の「インフレ報告」で中期的なインフレ率見通しに関し、インフレ目標の2%を上回る年3%とした。シティグループは年初に2006年の利上げはないとみていたが「3日に利上げした事実と9日のインフレ報告から10―12月に追加利上げするとの予想に修正した」(日興シティグループ証券の山本雅文・為替ストラテジスト)。
 シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で、投機筋の英ポンドの対ドルの買越幅は15日時点で1週間前より7570枚多い6万3196枚と過去最高を記録した。一方、円は対ドルで売越幅が同1万483枚多い6万2274枚に膨らんだ。円の対ユーロ相場にも当てはまるが、「円に対してポンドロング(買い持ち)を形成していることが一因」(バンク・オブ・アメリカ)。BOE議事録でポンドロングはやや減ったもようだが、低金利の円を借りて高金利通貨などに投資する円キャリー取引は継続するとみられている。 個人による外為証拠金取引でのポンド・円の売買も急増中。東京金融先物取引所の外為証拠金取引(くりっく365)のポンド・円の1日の取引数量は8月に入り1万枚前後の営業日が多く、米ドルに次ぐ取引数量となっている。
 ただ「外為証拠金取引も投機のひとつ。国内の機関投資家や個人投資家のリアルマネーが入らなければ上昇は続かない」とバークレイズ銀行の梅本徹ディレクターは指摘する。梅本氏は今後3カ月後の対ポンド相場を225円40銭前後とみるがその後は調整局面に入ると読む。投資家の動向がカギを握りそうだ。

外国為替証拠金取引の真実44―賢く儲ける人だけが知っていた Book 外国為替証拠金取引の真実44―賢く儲ける人だけが知っていた

著者:山本 久敏
販売元:幻冬舎メディアコンサルティング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引] Book 投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引]

著者:新井 邦宏
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1万円ではじめるFX講座―外国為替証拠金取引 Book 1万円ではじめるFX講座―外国為替証拠金取引

著者:シーエーキャピタル
販売元:日経BP企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ポンドの苦闘―金本位制とは何だったのか Book ポンドの苦闘―金本位制とは何だったのか

著者:金井 雄一
販売元:名古屋大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (32)

2006年8月25日 (金)

靖国神社に祀られている人しか見えない靖国参拝論者の想像力のなさ

8月15日に首相小泉は靖国神社を参拝した。
参拝した理由を問われた小泉は、記者会見で答えを述べた。
記者会見の内容は首相官邸ホームページにも掲載されているので、そこから以下抜粋した。

小泉総理インタビュー

平成18年8月15日 【質疑応答】

【質問】 総理、今回はどのような気持ちで参拝されましたでしょうか。

【小泉総理】 これは毎回申し上げているのですが、日本は過去の戦争を踏まえ反省しつつ、二度と戦争を起こしてはならない。そして今日の日本の平和と繁栄というのは、現在生きている人だけで成り立っているのではないと。戦争で尊い命を犠牲にされた、そういう方々の上に今の日本というのは今日があると。戦争に行って、祖国の為、また家族の為、命を投げ出さなければならなかった犠牲者に対して、心からなる敬意と感謝の念を持って靖国神社に参拝しております。今年もこの気持ちに変わりはありません。

 今までの過去5年間の私の靖国神社参拝に対する批判をね、よく考えて見ますと、大方、3点に要約されるんじゃないかと思います。(中略)

 もう一つはね、A級戦犯が合祀されているから行っちゃいかんという議論。これはね、私は、特定の人に対して参拝しているんじゃないんです。この戦争でね、苦しい思いをされ、できれば避けたかった、戦場に行きたくなかった多くの兵士がいるんです。そういう方々の気持ちを思ってね、何という苦しいつらい体験をせざるを得ない時代に生まれたのだろうかと、そういう犠牲者に対してね、心からやっぱり哀悼の念を表すべきだなと、これ日本の文化じゃないでしょうか。特定の人がいるから後の人のことは考えなくていいと、一部の、自分では許せない人がいるから、それより圧倒的多数の戦没者の方々に対して哀悼の念をもって参拝するのが何故いけないのか、私はA級戦犯の為に行っているんじゃないですよ。多くの戦没者の方々に哀悼の念を表す。二度とこのような苦しい戦争をさせてはいけない、そういう気持ちで参拝しているんです。(以下略)

〈色塗り・太字は筆者による〉

一体彼は何が言いたいのだろうか。
赤色の部分では、「戦争で尊い命を犠牲にされた、そういう方々」と言っている。
一方、緑色の部分では、「戦争に行って、祖国の為、また家族の為、命を投げ出さなければならなかった犠牲者」と述べている。

戦争で命を犠牲にした?

戦争で命を犠牲にしたと言ったら、軍人だけでなく、戦争に巻き込まれて亡くなった民間人も含むのではないか。
なのに、何で緑色の部分で、「戦争に行って」と軍人に限定するのだ?

戦争で命を犠牲にしたと赤字の部分で言いながら、緑の字の部分で民間人を捨象する。

もし彼が犠牲になった民間人に対しても「敬意や感謝」、「哀悼」の念を持っており、彼らのために祈るのなら、話はわかる。
しかし、以前このブログでも書いたが広島の原爆の式典後に開かれる「被爆者の要望を聞く会」を全回欠席した(村山首相から小泉就任前までは全員出席)ように、そんなものはないようだ。
被爆者の話を聞いて、犠牲になった民間人に思いを馳せるというならわかるが、そんな殊勝な気持ちは彼にはさらさらない。

大体、「祖国の為」命を投げ出したと言って、専ら軍人だけが祀られた靖国神社に参拝するのだったら、同じレベルで民間人も命を投げ出したともいえる。

先の二度の世界大戦がそれ以前の戦争と決定的に異なるのは、大量破壊兵器の開発や国民総動員の体制による国民全てを巻き込む総力戦だったということだ。

例えば日露戦争なんかでもわかるが、お互いの国家の軍人同士が戦い、民間人はそれとかけ離れた世界にいるというのがそれ以前の戦争だった。
しかし、第二次世界大戦では、日本の民間人も「銃後の守り」と称して戦争の支援に携わった。
そして、沖縄は戦場と化したし、本土の民間人も空襲や原爆で命を落とすこととなった。

軍人を祀り顕彰する靖国神社に参拝して事足れりとしたら(いや、原爆の式典でもわかるようにそのように考えているとしか思えない)、それこそあの戦争の理解が足りないと言わざるを得ない。

靖国問題の核心 Book 靖国問題の核心

著者:富岡 幸一郎,三上 治,大窪 一志
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それに、「戦争に行って、祖国の為、また家族の為、命を投げ出さなければならなかった」と小泉は言っているが、あの戦争をどのように考えているだろうか。
「祖国の為」と言っているが、それは戦争指導者が国民を戦争に行かせるための大義名分でしかない。
戦争が始まってからも、その戦争を早期に終結させようという政治家たちもいたが、彼らだって、祖国のため、家族のためを思って終結させようとしたのではないか。

さらに、黄色の部分では非常に曖昧な言い方になる。

「何という苦しいつらい体験をせざるを得ない時代に生まれたのだろうか」と小泉は言う。

戦争で辛い経験をするのは、何も軍人だけではない。
空襲で焼かれた民間人の死者は無念を感じなかったのか?
沖縄戦での民間人の死者は、辛い経験をしなかったのか?

そんなバカなことはあるまい。

それに、「つらい体験をせざるを得ない時代」だって?
呆れてものが言えない。
辛い体験をしたのは、戦争指導者のせいではないか。
それをあたかも時代のせいにするこの発言。
政治家のくせして、そんなこともわからないのだろうか。

そういえば、他のブログでこんな内容の文章を見つけた。

8月7日のTVタックルでビートたけしは、「戦争責任って言うけど、戦争に責任者がいるのか?」というような発言をしていた。

ビートたけしは文化人ぶって、気の利いたことを言っているつもりなのだろうが、くだらない考えしかできない底の浅い人間である。
小泉はそのビートたけしと同じレベルのようだ。

現在の日本もそうだが、世界の国々は、今からたかだか2・3百年ほど前に誕生した国民国家をベースにしている。
その一つ、プロイセン王国のクラウゼヴィッツはその著書「戦争論」でこのように言っている。

「戦争は他の手段による政治の継続である」

戦争論 レクラム版 Book 戦争論 レクラム版

著者:カール フォン クラウゼヴィッツ
販売元:芙蓉書房出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは「戦争は政治の延長である」とも言い換えられるが、この言葉に従えば戦争という行為も政治の一つであるということだ。
したがって、戦争に責任者などいないというビートたけしの発言は、政治に責任者がいないという馬鹿げたことを公言しているのと同じである。
それと同様に、戦争という辛い体験をせざるを得ない時代と発言する政治家小泉は、過酷な政治という辛い体験をせざるを得ない時代と言っているのと同じである。

政治は政治家が中心になって作り出すものなのに、過酷な政治の時代に生まれてお気の毒というのんきなことを、政治家自らが言っているのだ。

過酷な政治を強いたのは、このような戦争を起こした軍部や政治家たちである。
にもかかわらず、あたかも時代が悪いような論理にすり替え、非難すべきそのような人間が祀られた神社に参拝する。
より多くの人間がわだかまりなく参拝するあり方を考える立場にいる人間が、人気取りのパフォーマンスに終始する。
しかも、その参拝の論理も破綻している。
そして、そんな首相を支持する国民たち。

もうそろそろ国民も小泉ポピュリズムに踊らされるのはやめたらどうか。
小泉の靖国参拝を指示した国民が5割程度いるようだが、きちんとした批判能力を持てば、こんな茶番さっさと見抜けるはずなのだが。

靖国問題 Book 靖国問題

著者:高橋 哲哉
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昭和史 1926-1945 Book 昭和史 1926-1945

著者:半藤 一利
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »