« 2006年11月26日 - 2006年12月2日 | トップページ | 2006年12月10日 - 2006年12月16日 »

2006年12月 9日 (土)

格差社会と消費者金融の関係について

筆者のブログに対し、消費者金融などの金融業界は格差社会の推進者であるなどのコメントがkuroneko氏から寄せられた。
残念ながら、kuroneko氏のコメントは的外れである。
その理由も含めて、格差社会について述べてみたい。

消費者金融からお金を借りるのは、お金が無いからである。
お金が無い理由にもいろいろあるが、消費者金融からお金を借りるのは、低所得者層である。
ということは、格差社会になったからこそ、消費者金融が活躍する場が増えるということであり、格差社会の原因ではない。

就職したくても就職先がないなどの理由でフリーターになっている人が増えている一方、就職してもなかなか収入が増えない人もいる。
それは、製造業を中心とする企業が雇用や賃金を引き締めているからである。

キヤノンや松下、シャープなどで偽装請負が発生していることからもわかるように、低賃金で労働者を雇用するために法令違反すら行って、低賃金での長時間労働を強いている。
ワーキングプア(働いても報われない低所得者)が発生している現実。
彼らは生きるために時には金を借りざるを得ない。
そういう層が増えているからこそ、消費者金融の利用者も増えるということである。

であるからして、格差社会はワーキングプアに依存している業種(製造業の単純加工部門や単純労働のサービス業)の企業が引き起こしているともいえる。
そんな状況で消費者金融を悪者にして、金利を引き下げたところで、なんら本質的な解決は出来ない。

いちばんいいのは、低賃金での長時間労働を強いられている人間やフリーターの雇用状況の改善である。

最後に、kuroneko氏のコメントで金融業界がマスコミに工作しているとあったが、それはありえないと言っておこう。
マスコミが工作されているのであれば、消費者金融問題など取り上げない。
むしろ格差社会を生み出している偽装請負の問題などをマスコミ(特にテレビ)がまともに取り上げていない方が、筆者は問題と考えている(当事者のキヤノンの会長が経団連の会長を務めていても、マスコミがなんら批判しないのが不思議でしょうがない。まあ、キヤノンはCMを結構出しているから、お得意様の悪口をあまり言えないのかもね)。

ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る Book ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る

著者:門倉 貴史
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

他人の家計簿―ニート、秋葉系、株セレブ…格差社会を生きる若者たちのお金事情 Book 他人の家計簿―ニート、秋葉系、株セレブ…格差社会を生きる若者たちのお金事情

販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

格差社会―何が問題なのか Book 格差社会―何が問題なのか

著者:橘木 俊詔
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (17)

筆者の言ったとおり、都知事石原のたかり屋本性が現れた!四男の下らない芸術に都税を出費!!

都知事への三選出馬を表明している都知事石原だが、税金を利用して自らの四男に外遊させた疑いがもたれている。
都知事石原は自らの関与を否定しているが、四男作の芸術(?)にそれだけの価値があるのか。
コンペ開いて決めたのか。
どう考えても都政の私物化としか思えない。

ところで、以前、都知事のたかりぶりについてこのブログで書いたことがある
今回の事件はこの本性が現れたに過ぎない。

都知事石原は東京へのオリンピックを目指しているようだ。
もし、自動車税の一般財源化が決まると、交通インフラがないがために、一人一台というぐらいに車を保有し、自動車税も納めている地方の人々の税金が、東京のオリンピック誘致にも使われたりするわけだ。
これほど都市と地方の格差を広げるものは無いだろう。
オリンピック大臣を作れというぐらいに、国にたかりまくる都知事石原。
このまま放っておくと、都知事石原の税金の横領や都市と地方の格差が拡大するかもしれない。

ぼくたちが石原都知事を買えない四つの理由。 Book ぼくたちが石原都知事を買えない四つの理由。

著者:姜 尚中,宮崎 学
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

131人の女たちの告発―石原都知事の「ババァ発言」裁判から見えてきたもの Book 131人の女たちの告発―石原都知事の「ババァ発言」裁判から見えてきたもの

販売元:石原都知事の「ババァ発言」に怒り、謝罪を求める会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

石原知事に挑戦状―とめよう戦争教育うばうな介護 Book 石原知事に挑戦状―とめよう戦争教育うばうな介護

著者:長谷川 ひでのり
販売元:アール企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「三国人」発言と在日外国人―石原都知事発言が意味するもの Book 「三国人」発言と在日外国人―石原都知事発言が意味するもの

著者:内海 愛子,木元 茂夫,中島 真一郎,岡本 雅享,佐藤 信行
販売元:明石書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

マグロって乱獲されやすい魚なんだよね・・・

最近食のニュースをにぎわせているのが、マグロの漁獲制限である。
ご存知の通り、マグロの個体数が減っているからそれを防止しようとするのが趣旨。
最近ではBSE問題や鳥インフルエンザによる食肉への不安感が広がり、世界での日本食嗜好や新興国での経済力上昇に伴い、マグロの消費量が世界でも増えているというものの、やっぱり日本人がよく食べるのが原因だろう。

ところでこの魚、必要以上に獲られすぎてしまうことが多い。
サンマやスケトウダラのような日本の近海で取れる小型の魚の場合、船に載せられるだけ獲れれば、そのまま帰港すればよい。

ところが、マグロの場合たくさん獲れたからといってそのまま帰港して荷下ろしして再出発するのは非常に無駄である。
漁獲地が遠隔な遠洋漁業のためである。
とすると、どうなるか。

ボウズであんまりいいのが獲れないときでも、とりあえず獲れるだけ獲っておく。
手ぶらで帰るわけにはいかないから。
そして、その後も回り続けて、いいのが獲れたら、先に獲ったあまりよくないマグロを捨てちゃうわけである。
魚を積み込む船倉ってそんなに大きくないからである。

てなわけで、マグロって獲る必要もないのに保険の意味で獲られちゃうんですよね。
何て罪深い話。

ところで、最近は暖冬の影響で野菜が豊作になったため、価格を維持する目的で野菜が廃棄されているとのこと。
マスコミはもったいないと言って野菜の廃棄は報道するのに、マグロ漁業の実態は報道しないのはどうかと思うが(たぶん知らないのかも、だったらもっと勉強してよね)。

国際マグロ裁判 Book 国際マグロ裁判

著者:小松 正之,遠藤 久
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

魚河岸マグロ経済学 Book 魚河岸マグロ経済学

著者:上田 武司
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

ドラゴン桜ってよく続くよなあ・・・

この漫画、原作者にネタがないから、出版社の担当者にアイデア出させていたんじゃなかったっけ?
えっ?何でそんなこと知っているかって?

筆者の知り合いから相談されたんだよね、担当者がネタに困っているって(筆者の知り合いがその担当者からどんな経路で依頼されたかは知らない)。
そのときは仕事が忙しくて、あんまり思いつかないって回答しちゃったけど、でも、いろいろ受験勉強のテクニックから正攻法までいろいろあったなあ。

ちなみに筆者はこの漫画を読んだことがない。
大学時代は無類の漫画好きだった。
幼稚園のころから、漫画にはまっていて、ブラックジャックやドカベン、エコエコアザラク(ってチャンピオンばっか)が好きだったなあ。
熱笑!花沢高校とかがきデカとかも好きだった。

人からネタを仕入れるのは悪いことではないと思う。
取材を元に漫画を作成することもあるから。
でも、担当者にせびるなよなあ。
自分の足で稼げっつーの。

ドラゴン桜 (1) Book ドラゴン桜 (1)

著者:三田 紀房
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドラゴン桜 (2) Book ドラゴン桜 (2)

著者:三田 紀房
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2006年11月26日 - 2006年12月2日 | トップページ | 2006年12月10日 - 2006年12月16日 »