« おかしな日本食をバカにするおかしな日本人 | トップページ | 関西テレビがいい加減な報告書を提出~だから、いい加減放送免許を取上げろって »

2007年1月30日 (火)

厚労相柳沢氏の「産む機械」発言~だったら、あんたは機械から生まれた製品だよ!

厚労相の柳沢によれば、女性は子供を産む「機械」なんだそーだ。
ということは、柳沢は女性から生まれた「製品」なんだろうねえ。
この人は、女性が子供を産んで育てることがいかに大変か理解しているのだろうか。
自分も母親たる女性に産んで育ててもらっただろうに、何て言いぐさなんだろうねえ。

子供を育てるということは、機械で作られた製品とは異なり、配偶者の協力や政府等のサポートが必要な大変なことなのだ。
そんなこともわからない人間が、厚労相を務められるのかねえ。

余談
柳沢を選んだ安倍シンゾーをみのもんたはかばいまくっているが、その発言は本当に笑えるよ。
今朝も「朝ズバッ!」で安倍シンゾーをかわいそうとかばいまくっていた。
いい加減、TBSはみのもんたを見限った方がいいよ。

子ども白書〈2006〉子どもを大切にする国・しない国Part.2―人口減少時代の未来をひらく想像力 Book 子ども白書〈2006〉子どもを大切にする国・しない国Part.2―人口減少時代の未来をひらく想像力

販売元:草土文化
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人口減少 新しい日本をつくる Book 人口減少 新しい日本をつくる

販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« おかしな日本食をバカにするおかしな日本人 | トップページ | 関西テレビがいい加減な報告書を提出~だから、いい加減放送免許を取上げろって »

コメント

コメントありがとうございます。
ご無沙汰しております。
女性が安心して子供を産んで育てることが出来る環境を政府がいかに作るかが大事なのですが、柳沢はそんなこともわかっていないようで本当に困りますねえ。
不良在庫なんでしょうねえ。

投稿: ぴーひょろ | 2007年2月11日 (日) 10時17分

 ぴーひょろ さん
 久しぶりです。
 ところで、柳沢が製品なら、不良在庫のなります。
 そうか!
 不良在庫を集めた倉庫が安部内閣なのだ。

投稿: morichan | 2007年1月31日 (水) 14時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/5142338

この記事へのトラックバック一覧です: 厚労相柳沢氏の「産む機械」発言~だったら、あんたは機械から生まれた製品だよ!:

» 「定常状態」あるいは「歴史段階的動態均衡」という経済状況(前編) [晴耕雨読]
短期的な経済政策問題に徹するという自戒を込めながら書き込みを続け、本来ならばずっと先に書こうと思っていたことだが、既に書き込みのなかで「定常状態」という言葉を数回使い、「匿名希望」氏とのやり取りを通じて、「こういうグランド・デザインを描く時には、今の延長線上で物事を考えてはうまく行かないと個人的には考えている。そこへ至るプロセスは後から考えるとして、将来の理想的かつ持続可能な経済像を予見しうる与件を基にして組みたててしまった方が良い」との助言をいただいた経緯もあり、先行的に「定常状態」や「歴史段階的... [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 22時05分

» 「産む機械発言」だけが問題じゃないんだよ、柳沢さん…。 [ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜]
■なんか、この言葉ばかりが先行してますが  柳沢厚生労働大臣の問題ですが、今は「女性=産む機械・装置」という言葉ばかりが先行してるように見えますが、この発言の問題はそれだけで済む事じゃないんですよね…。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 13時12分

» 世界経済にとって70年代はどういう時代だったのか [晴耕雨読]
そう遠くない将来での「近代経済システム」の終焉を予測しているが、将来を考えるためのステップとして、まずは歴史を遡って、70年代が世界経済においてどのような意味を持っていたか考えてみたい。 (「近代経済システム」は既に終焉を迎えているが、代わるものが構築されないのでダラダラと生き延びているという見方もできる) 戦後復興期を経て、先進諸国の経済成長期(後進国の新世界経済システムへの組み込み期)であった50年代・60年代の後を襲った70年代は、世界経済にとって大きな転換期であったと考えている。 [70... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 15時40分

» マグロ消費と環境(おわり−後) [関係性]
 (副題:文化や良心を捨てて       守るべき経済などない)  「文化や良心を捨てて守るべき経済などない」(C.ダグラス・ラミス(注))(月刊誌『Fole』 06年12月号)は興味深い視点を提供してくれる。  60年代の米国で、父親の会社が軍需産業であることを知った二代目は自分の良心に従って会社を解散したことを、彼は耳にした。  社会的責任という観点には次の二通りがある。  〓 良心に従って会社を解散する  〓 経営者は従業員の生活をなんとしてでも守る  この矛盾こそ資本主義経済の持つ弱点であ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 23時29分

» 産業資本的利益成育から金融資本的利益収穫へ 前編 [晴耕雨読]
経済的支配層に属さない人々は、80年代以降、きわめて苛酷な経済システムのなかで生存している。 とは言っても、目に見えやすい日々の生活の苛酷さではなく、目には見えにくい経済システムの苛酷さである。 経済支配層に属さない世界中の人たちが、経済的成育の対象としてではなく、経済的収穫(刈り取り)の対象として位置づけられるようになったということである。 近代世界の象徴とも言える産業の発展を通じた経済成長が限界に達したという認識を持ったことで、経済支配層の利益拡大の力点は、金融活動に置かれるようになった。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 19時46分

» 国保の強制取立 [関係性]
   ―胸糞悪い「美しい国、日本」―  新聞を見ていると、悲惨なニュースが急激に増えている。それも政府の施策が庶民を“いじめる”ニュースである。  「国保滞納 差し押さえ増」「国保、払いたくても」(朝日新聞2月4日付け朝刊)を読んだ妻が、悔しさを表情にためて“胸糞悪い”と私に訴えてきた。  国民健康保険は「自営業者や農林水産業者を主な対象としてきたが、近年は失業者やフリーター、高齢者の加入が増えている」。そして、「失業者や高齢者に医療を保障するセーフティーネット」である。  しかし、保険料収納率の... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 10時57分

» スバラしき選民主義 @ 柳沢厚労相や石原都知事などの問題発言の根底にあるものは? [嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)]
 柳沢厚労相が先日、女性を「子供を産む機会」呼ばわりし、さらに「2人以上子どもを持ちたい若者」が「健全」などとした問題発言が波紋を広げている。  これに対し、「言葉狩りだ」とか、「大した問題ではない」とか、あ... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 12時19分

« おかしな日本食をバカにするおかしな日本人 | トップページ | 関西テレビがいい加減な報告書を提出~だから、いい加減放送免許を取上げろって »