« 菊地凛子さんがオスカーを逃したけど・・・ | トップページ | 支離滅裂!みのもんた笑劇場~こんな人間がニュースの司会をしていていいのか? »

2007年3月 3日 (土)

日銀の失敗~2月の利上げは正しかったか?

ここ数日、世界同時株安が発生している。
上海や深センでの株式市場の急落が、世界同時株安を引き起こしたと、テレビを中心に一般的なマスコミは解説しているようだが、筆者は、上海株式の急落は世界同時株安のきっかけでしかないと考えている。
それはあくまで経済をあまり理解していない人向けの単純な図式でしかない。

むしろ、アメリカでのGDPの確報値の大幅な低下や1月の耐久財新規受注の大幅な悪化が要因として大きいと筆者には思われる。
バーナンキFRB議長が利上げを何度か行ってきたが、これがアメリカ経済にジャブのように効いてきているようだ。
アメリカは景気低下に向けた軟着陸に成功しつつあるという大方の予想を裏切ったのが、今回の大幅なアメリカの株安であり、これがむしろ世界経済に悪影響を及ぼしそうだとして、投資家が株式市場から資金を引き上げたと思われる。

上海や深センでの株式市場の急落といっても、もともと国内投資家専用の市場が過熱気味だったのが、政府による引き締めにより景気悪化しそうだとうわさが広まって資金を引き上げだしたことが原因。
オリンピック特需に沸いている中国国内の投資家がバブルを引き起こしていたわけで、PERも40倍ぐらいと他の市場に比べてかなり高すぎた。
他の市場のPERは10数倍であり、それほど高くはない。
中国市場の急落はあくまで中国人投資家にしか影響がない範囲だったわけで、中国発の世界同時株安というのは短絡過ぎる。

さて、日本では2月に日銀が利上げを行った。

一部には、政府の反対を抑えて日銀の独立性を示したと評価する向きがあるが、筆者は全く逆の意見である。
なぜこの時期に利上げしたのかの理由が不明確だからだ。

日銀は1月の利上げを見送ったが、この理由としては、個人消費が伸び悩んでおり物価が上昇していないことが理由として挙げられた。
安倍政権の反対に屈服したのか否かという評価はさておき、物価が上昇していないから利上げはしないというのは実に経済学的に整合的な論理である。

それなら利上げを行った2月に物価や個人消費に関する指標は改善したのだろうか。
答えは否だ。
では、なぜ利上げを行ったのか。

2月のG7で、日本が低金利政策を続けているがために、円で資金を調達し高金利国通貨で運用する円キャリートレードが、世界経済を不安定にしていると声明が出たからである。
円キャリートレードが膨張していたのは1月でも同じである。
だったら、1月にでも利上げを行い、円キャリートレードによる投資の過熱を抑えることが必要だったのではないか。
2月に利上げを行い日銀の独立性を保ったなんていう人もいるが、円キャリートレードを恐れる外圧に肩を押された格好なのだ。

このような状況の中、日米の金利は今後どのように展開し、どのような経済環境を生み出すのか。
米国では、経済指標の悪化を受け、利下げを求める声が高まる可能性が大きい。
すると、日米の金利差が縮小し、円キャリートレードの巻き戻しがより加速するかもしれない。
つまり、買っていたドルを売却し円に換え、調達した円貨を返済することになるわけだ。
その結果、一時的かもしれないが、大幅な円高が加速する可能性もある。
すると、輸出企業の想定レートの見直しも余儀なくされて、企業業績が下方修正されることおそれがある。

株価の調整が一時的なものだと思っている人も多いようだが、その予想を裏切る結果になるかもしれない。
いずれにせよ、今回の世界同時株安が、今後日米の金利差や株価にどのような影響を与えるかは、あらかじめ意識しておいたほうがよかろう。

投資家のための金融マーケット予測ハンドブック Book 投資家のための金融マーケット予測ハンドブック

著者:住友信託銀行マーケット資金事業部門
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来 Book 国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来

著者:富田 俊基
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(上) 為替と金利はなぜ、いつ動くか編 Book 藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(上) 為替と金利はなぜ、いつ動くか編

著者:藤巻 健史
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 菊地凛子さんがオスカーを逃したけど・・・ | トップページ | 支離滅裂!みのもんた笑劇場~こんな人間がニュースの司会をしていていいのか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/5554221

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀の失敗~2月の利上げは正しかったか?:

» 中国市場の世界的影響力 [マネー銀行 年収1億円の道]
マーケット分析 ○昨日のマーケット:急落、他市場に影響   中国本土市場が前日の最高値から一転して急落。 上海総合指数は97年2月以来の大幅な下げとなり、香港市場ひいては他の新興国市場まで売りが波及してしまった。 中国本土では約1400のA株のうち800強が10%...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 15時18分

» あなたにもできる! ネット右翼などの悪質行為の被害に遭っている人を助ける方法 [嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)]
 かつてよりは勢いが衰えた感もしますが、いわゆる「ネット右翼」(注1)と呼ばれる人たちなどの悪質行為者たちが、現在でもあっちこっちで暴れ回っているようです。  それに対して、十分な対処ができずにやられている... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 12時15分

» 貿易収支赤字の日本 [晴耕雨読]
>『デフレはすでに世界的な傾向になりつつある』とすれば、自国産業保護のために、ユーロ圏内やドル圏内はそれぞれブロック化しようとする動きが加速しないでしょうか?また、輸出と輸入を1対1とする相対的貿易へ傾く可能性はないでしょうか? ユーロ圏や南北アメリカ圏は既にブロック化が進んでいます。 アジア圏がブロック化という点では大きく遅れをとっています。 (リーダーシップをとる国家がないということや個々の国家が単独で米国につながっているといることが基本的要因だと思っています) 「世界同時不況」が進行する... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 20時53分

» 為替 レート 推移 [キャリートレードについて]
あなたもFXを始めますと、このような画面を眺めて行くようになりますが、画面の操作はすぐに慣れちゃい... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 09時31分

» 国民経済における余剰資本と余剰通貨 《年金問題の本質は“高齢化”にあらず》 1 [晴耕雨読]
■ 国民経済における余剰資本と余剰通貨 “余剰資本”と“余剰通貨”という概念は、一般的にイメージされている過剰とか余分のといった意味ではなく、次のようなものとして使用する。 “余剰資本”:労働成果財生産の資本活動に従事しない国民のために活動している資本 “余剰通貨”;資本化されない、すなわち、勤労者を含む財の購入に向けられないまま滞留している通貨(例えば、株式市場にずっと居続ける通貨) “余剰資本”がどういうものを説明するために、「高齢化社会」の到来で危機が叫ばれている公的年金制度を取り上... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 20時43分

» 悩まないロボットと教育 [関係性]
 金利差が「円安」を演出している、とする金融機関や証券会社そして経済評論家が皆で寄ってたかって消費者をだましてきた。これについては、今までに何度もブログで伝えてきた。  要するに、政府による「円安」誘導(税金投入で)を進め、その後の金融機関等の後押しで、「円安」を持続させてきた。この金融機関や郵便局等は「外貨預金」や「投資信託」で庶民のお金(老人がかなり含まれる)を引き出し、ヘッジファンドを喜ばせてきた。  言うまでもなく、国家の金と庶民の金を動員して「円安」誘導をさせた理由は、大手製造業の輸出利益... [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 11時35分

» 「命」軽視の呆れた「朝日社説」 [関係性]
 先ずは、朝日新聞社説「看護新基準 メリハリをつけて適用を」(2月26日付け朝刊)の全文を是非読んでみてください。  何か違和感は覚えませんか?  「看護師が足りない」。こんな悲鳴が全国の病院で上がっている。入院時に1人の看護師が7人の患者をみるという新しい看護基準の導入がきっかけだ。  保険でまかなう看護の費用は、1人の看護師がみる患者の数で決まる。看護が手厚いほど病院の報酬は高くなる。昨年4月の診療報酬改定で「7対1」が新設されるまでは、1人で10人の患者をみるのが最高ランクだった。  看護師... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 16時07分

» 「過渡期」初期の世界経済:デフレーション・インフレーションそして通貨 10 [晴耕雨読]
● 「過渡期」初期の世界経済 現在の世界は、「紙切れ通貨」が国内取引でも国際取引でも通用する「戦後第二世代世界」に変化していながら、実態的にも価値観(信仰)的にも、「戦後世界」=兌換米ドル基軸通貨体制を引き継いだままという微妙な「過渡期」にある。 米ドルの兌換が停止されても、米国経済が世界で占めている地位は相対的には低下しただけで世界最大であることは変わらなかった。 経済発展を志向する非共産圏諸国は、国際金融家からの借り入れに頼り、原油に代表される近代産業にとって重要な国際商品を国際商人に依存し... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 20時28分

» 株安は日銀利上げとは関係ない? [外為つれづれキーワード]
2月の日銀の利上げは、ここ最近の株安とは、関係ないでしょうか? [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 20時51分

» キャリートレード [キャリートレード]
2000億円運用プロの現役ファンドマネージャー が初めて明かす!“長期的に儲け続けるための資産運用の極... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 22時46分

» 株価と金利の関係 [株式投資の基本のきほん]
株価の変動を長期的に見ると、金利との関係がきわめて密接であるといえます。株価は基... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 21時01分

» 株価と為替の関係 [株式投資の基本のきほん]
為替の変動は、物価や金利に影響を与えるだけでなく、外国人投資家の動向や企業業績に... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 22時12分

» 株で儲け続ける黄金法則とは? [株トレードで初心者でも利益1000%]
あなたは、株で儲け続けられる黄金法則が あるとしたら、知りたいと思いませんか? [続きを読む]

受信: 2007年3月28日 (水) 22時40分

» もうFXでの稼ぎは済ませた。これからならこれ。成功率100%「成功率100%!ほったらかしで1年後に資産を2倍にする方法&FXで、成功率97%!1日10%の利益率!初心者でもできた ~ローリスク&ハイリターン「超」投資法」 → http://fxseiko97pase.jugem.jp/ [【FX成功法則】 FXで、成功率97%!1日10%の利益率!初心者でもできた ~ローリスク&ハイリターン「超」投資法  ■新レポート追加■ 成功率100%!ほったらかしで1年後に資産を2倍にする方法【城北 忠明】で稼ぐのはあなた?]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「【FX成功法則】 FXで、成功率97%!1日10%の利益率!初心者でもできた ~ローリスク&ハイリターン「超」投資法  ■新レポート追加■ 成功率100%!ほったらかしで1年後に資産を2倍にする方法【城北 忠明】で稼ぐのはあなた?」というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者であるノーリスクで1年後に資産を2倍にしたいあなたや、資産を1日で10%増やせる投資のルールを知りたいあなたには、非常に有益な情報だと思...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 16時22分

« 菊地凛子さんがオスカーを逃したけど・・・ | トップページ | 支離滅裂!みのもんた笑劇場~こんな人間がニュースの司会をしていていいのか? »