« まだまだある、支離滅裂!みのもんた笑劇場~みのもんたのその場限りの安直なコメント | トップページ

2007年3月18日 (日)

投資家保護以上に投資家教育が必要

ライブドア元社長のホリエモンに、判決が下った。
判決は有罪。

粉飾、それも会社の中身を相当偽る粉飾を行ったのだから、当然といえば当然といえる。
粉飾が発覚してから同社の株価はどんどん下がった。
本業がまったくの赤字で振るわなくて、ファイナンスで利益を出して会社の延命措置を施していたわけだけど、そのファイナンスも粉飾なのだから、中身がまったくの空っぽの会社であり、嘘で吊り上げられた株価は瞬く間にしぼんでしまった。

日興証券も粉飾があったが、会社の実態にそれほど影響を与える金額でもなく、本業も堅調であったため、株価がそれほど下がらなかったことからいえば、実に対照的な結果である。

ところで、なぜこのような中身が空っぽな会社に個人投資家は投資したのだろうか。
ホリエモンが若い人間でありながら、会社を上場企業に育て上げたから応援したいという理由もあったようだ。
また、経団連に加盟できたことを理由に投資した人もいたようだ。
しかも、退職金を丸々つぎ込んだ人もいたらしい。しかし、それらのこととその会社が投資対象として適格かであることとは別問題だろう。

今、ライブドア株で損を抱えた株主たちが損害賠償を求める動きがある。
投資家保護が不十分と主張している人がいるが、果たしてそれだけであろうか。
それ以上に投資家教育が徹底されていれば、ギャンブルと割り切る人間以外は投資しなかったのではないか(この場合、当たりのないギャンブルだったわけだが)。

大体一つの銘柄に丸々資金をつぎ込むことが筆者には信じられない。
しかも、このような中身のない会社。
本業はまったくだめで、ファイナンスで何とか儲け、しかも黒い噂が付きまとう。

そのような企業に投資することが筆者には考えられない。
普通に投資家教育を受けていれば、ライブドアに投資するなんて考えられないだろう。
投資家保護という名目で規制をかけても、投資家に投資の判断に必要な知識がなければ、投資につまずく人間を多数生み出すだけだ。

日経会社情報 2007年 春号 [雑誌] Book 日経会社情報 2007年 春号 [雑誌]

販売元:日本経済新聞社出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

会社四季報 2007年 2集春号 [雑誌] Book 会社四季報 2007年 2集春号 [雑誌]

販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« まだまだある、支離滅裂!みのもんた笑劇場~みのもんたのその場限りの安直なコメント | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99613/5731215

この記事へのトラックバック一覧です: 投資家保護以上に投資家教育が必要:

» 日本の経済の衰退の原因は金融制度にある 1 [晴耕雨読]
日本の経済の衰退の原因は金融制度にある(1)  大半の人は学校で学んだ理論や哲学に沿って出来事を理解し、それを基盤にして新聞やテレビ報道により、頭の中でさらにその形を補っていく。しかし経済理論は実際の世界の変化に追従してはいない。国家が経済問題に直面するのは、政策立案者の考えが時代遅れのためである。  本論文では、現在日本が抱える問題を分析するための新しい概念を紹介する。金融制度改革論議の実態を見極めると同時に、返済不能になった金融機関が日本の貯蓄をいかに誤った方向に投資してきたか、そしていわゆる... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 17時30分

» しょこたん驚愕の腐女子アイドル登場 [お得な情報多数掲載!!]
すげー女がいた」 ブログ女王、しょこたんこと中川翔子ちゃんにそう言わしめたという。 [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 17時54分

» S君の死と新たな門出 [関係性]
 新聞に載らない教え子S君(52歳)の葬式の電話が入った。大学で自然哲学を学びたいと言っていた。  私の学生アルバイト時代の短期間の教え子の一人である。この仲間10数人に教えた時代(35年前)が急激に蘇ってきた。私自身、将来をどのように生きようかと迷っていた時期であったが、S君は高校生にもかかわらず、本を色々読み、議論して自分の進む道をしっかり押さえていたのだ。  葬儀はごった返していた。それだけ人間関係の広さを匂わしていた。そこに集まっていた人たちと話す時間も余りないままに私は帰ってきた。    ... [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 15時15分

» 「右翼」や「左翼」について [晴耕雨読]
■ 「右翼」や「左翼」について 「右翼」や「左翼」という概念が一人歩きしている状況は、物事をわかりにくくするまずいことだ思っています。 前回の内容も、概念規定を怠ったまま「右翼的動き」と断罪すればいいという左翼的雰囲気を問題にしたもので、右翼思想がいいとか右翼思想を復興すべきという話ではありません。 端的には、ファシズム・ナチズム・戦前日本的思想(陸軍&革新官僚)が悪魔視されたり無効化され、先進国支配層の価値観や政策から廃棄されていながら、支配手段としては国家(国益)が持ち出されている現実の... [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 20時11分

» 愛の流刑所 高岡早紀☆お宝映像庫!!! [ 愛の流刑所 高岡早紀☆お宝映像庫!!!]
1933年北海道生まれ。医学博士。58年札幌医科大学医学部卒業後、母校の整形外科講師をつとめるかたわら小説を執筆。作品は初期の医学を題材としたものから、歴史、伝記的小説、男と女の本質に迫る恋愛小説と多彩で、医学的な人間認識をもとに、華麗な現代ロマンを描く作家として、常に文壇の第一線で活躍している。70年「光と影」で直木賞受賞。80年に「遠き落日」「長崎ロシア遊女館」で吉川英治文学賞を、2003年には紫綬褒章受章、菊池寛賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)... [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 14時03分

» 「ゆとり教育」 [晴耕雨読]
 三浦朱門氏はゆとり教育について、斎藤貴男氏の取材に対し、こう答えています。 「学力低下は予測しうる不安というか、覚悟しながら教課審(引用者注:教育課程審議会)をやっとりました。いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本は どうにもならんということです。 つまり、できんものはできんままで結構。  戦後五十年、落ちこぼれの底辺をあげることにばかり注いできた労力を、 できるものを限りなく伸ばすことに振り向ける。百人に一人でいい、やがて 彼らが国を引っ張っていきます。限りなくできない... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 20時47分

» 工務店にどの様な夢を抱いていますか? [大富豪達がかたくなに口を閉ざしていた投資法]
投資についてとカブる内容だったので、トラバ打たせていただきました。香港とマカオにて実際んじ大富豪からやっと聞き出せた内容をセミナーにてお伝えしようと思います。もし不要な様でしたら、大変お手数をおかけいたしますが削除お願いいたします。... [続きを読む]

受信: 2007年3月26日 (月) 11時09分

» ビラ [権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!]
もう随分前の話になりますが、喜八さんのところで謎の憂国者「r」さんからのメッセ [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 20時51分

» 「敗戦責任」と天皇 [その2] [晴耕雨読]
『「敗戦責任」と天皇  [その1]』の続きです。 「● 近代天皇制と前近代の天皇制」の予定でしたが、[その1]でいただいたレスを踏まえ、[その1]の補足的な説明を間に挟ませていただきたいと思います。 --------------------------- [その1]では、戦前及び戦後の近代天皇制が、良く言えば“統治権威”、ざくっと言えば“真の支配者の道具(隠れ蓑)”でしかないという見方を書いた。 そのような見方を書いた背景には、このようなサイトで匿名でならともかく、主要メディアで実名をさらして... [続きを読む]

受信: 2007年3月31日 (土) 19時15分

» 国際金融家(寄生者)には読んで欲しくないが:「近代」日本と今後の世界 上 [晴耕雨読]
あまり寄生者を利することを書きたくないという思いもありますが、彼らのほうがずっとエグイのでとっくに承知と割り切って書きます。 >インド人は世の中が良く分かっていたようです。  リカードなんかクソ食らえでしょう。  日本人はどうなのか。  手首を切る必要はありません。  おとなしく首を切られてます。  奇怪なことではありませんか? アジアで唯一「近代主義大国」になったことが、日本をリカード側に立たせてしまいました。 すなわち、外見的には手首を切る側に立ったということです。 明治維新期は、米国で南... [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 20時44分

» 「財政破綻」を持ち出す「反新自由主義」者は短慮であり“犯罪者”である。 上 [晴耕雨読]
世の中は面白いもので、知識や情報を得た人たちのある部分は、その能力を活かすのではなく逆行してしまい、現実の真相から遠ざかり現実の表層にこだわって物事を判断しているように思える。 その典型が、「反小泉」や「反新自由主義・反市場原理主義」の立場でありながら「財政破綻」と政策判断を結びつける人たちである。 財務省官僚を筆頭に優良企業の経営者や金融資産保有者そして「新自由主義・市場原理主義」信奉者が「財政破綻」と政策判断を結びつけることに異論はない。 なぜなら、それが彼らにそれなりの“短期”的利益をもた... [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 19時07分

» 原子力発電所 本当に安全なのか?(終) [関係性]
  副題:アメリカの石油軍事戦略を映し出す映画「ブラッド・ダイヤモンド」  世界中に戦火の種を蒔き、イラクの戦争泥沼化にアメリカの石油軍事戦略が見えている。そこに大量の資金が投入され、イラク人10万人以上・米兵3千人以上の犠牲者を出している。それに追随する日本政府と日本の資金がある。  映画「ブラッド・ダイヤモンド」が全国ロードショーされた。 [画像]  ストーリー:「90年代。内戦渦中のアフリカ、シエラレオネ。南アフリカ人のダニー(レオナルド・ディカプリオ)は、西アフリカのメンデ人ソロモン(ジ... [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 16時26分

» なぜ「敗戦責任」にこだわるのか 上 [晴耕雨読]
● 大陸政策について 戦前の日本は英国流の対外政策を範としながら国策を進め、戦後の日本は米国の世界戦略に乗っかりながら国策を進めてきたと大枠的に捉えています。 戦前の日本は、アジアで唯一の「近代国家」となる一方で、英仏などがドイツやロシアなどとの対抗関係のためにアジアに力を注げなくなるという状況のなかで大陸での権益を拡大していきました。 1902年の日英同盟は、手薄になったアジアでの利権確保と極東ロシアの南下牽制を日本の手を借りて実現するという英国の思惑から締結されたものです。 1900年の... [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 19時58分

« まだまだある、支離滅裂!みのもんた笑劇場~みのもんたのその場限りの安直なコメント | トップページ