« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ

2007年3月18日 (日)

投資家保護以上に投資家教育が必要

ライブドア元社長のホリエモンに、判決が下った。
判決は有罪。

粉飾、それも会社の中身を相当偽る粉飾を行ったのだから、当然といえば当然といえる。
粉飾が発覚してから同社の株価はどんどん下がった。
本業がまったくの赤字で振るわなくて、ファイナンスで利益を出して会社の延命措置を施していたわけだけど、そのファイナンスも粉飾なのだから、中身がまったくの空っぽの会社であり、嘘で吊り上げられた株価は瞬く間にしぼんでしまった。

日興証券も粉飾があったが、会社の実態にそれほど影響を与える金額でもなく、本業も堅調であったため、株価がそれほど下がらなかったことからいえば、実に対照的な結果である。

ところで、なぜこのような中身が空っぽな会社に個人投資家は投資したのだろうか。
ホリエモンが若い人間でありながら、会社を上場企業に育て上げたから応援したいという理由もあったようだ。
また、経団連に加盟できたことを理由に投資した人もいたようだ。
しかも、退職金を丸々つぎ込んだ人もいたらしい。しかし、それらのこととその会社が投資対象として適格かであることとは別問題だろう。

今、ライブドア株で損を抱えた株主たちが損害賠償を求める動きがある。
投資家保護が不十分と主張している人がいるが、果たしてそれだけであろうか。
それ以上に投資家教育が徹底されていれば、ギャンブルと割り切る人間以外は投資しなかったのではないか(この場合、当たりのないギャンブルだったわけだが)。

大体一つの銘柄に丸々資金をつぎ込むことが筆者には信じられない。
しかも、このような中身のない会社。
本業はまったくだめで、ファイナンスで何とか儲け、しかも黒い噂が付きまとう。

そのような企業に投資することが筆者には考えられない。
普通に投資家教育を受けていれば、ライブドアに投資するなんて考えられないだろう。
投資家保護という名目で規制をかけても、投資家に投資の判断に必要な知識がなければ、投資につまずく人間を多数生み出すだけだ。

日経会社情報 2007年 春号 [雑誌] Book 日経会社情報 2007年 春号 [雑誌]

販売元:日本経済新聞社出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

会社四季報 2007年 2集春号 [雑誌] Book 会社四季報 2007年 2集春号 [雑誌]

販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (13)

まだまだある、支離滅裂!みのもんた笑劇場~みのもんたのその場限りの安直なコメント

先日、クラスター爆弾の生産禁止条約作成を目指すオスロ宣言が採択された際、日本は宣言に参加しなかった。
防衛庁長官の久間は、防衛上必要だと寝ぼけたことを言っているが、大体防衛上でこのような兵器を使用する理由がなく、筆者は日本も参加すべきだと考えている。
日本に他国が攻めてきたとき、この兵器を使って敵を排斥したとしよう。
その後不発の子爆弾だらけの国土で、どのように復興しようとするのか?

話を元に戻すと、このニュースで、みのもんたは宣言に参加すべきと言っていた。
でも、イラク戦争でアメリカもクラスター爆弾を使用したんだけど、どういうわけかイラク戦争ではイラクが悪いとみのもんたは考えているのだ。
不当な言いがかりをつけて他国に攻め入った挙句に、クラスター爆弾まで使うアメリカってとんでもない国であるわけだが、みのもんたはクラスター爆弾に反対してもアメリカは非難しないんだなあ。

そもそも、このような事態があるからオスロ宣言を採択して、クラスター爆弾の生産禁止条約締結を目指しましょうよと言っているのだ。
現にイラクも復興に際してこのクラスター爆弾の不発弾には悩まされている。
戦争が終わってもとの住まいに戻っても、手や足が吹き飛ばされてしまうのだ。

そんなことも見えないみのもんたのクラスター爆弾反対コメントなど、安直としか言いようがない。

サニーのおねがい 地雷ではなく花をください Book サニーのおねがい 地雷ではなく花をください

著者:柳瀬 房子,葉 祥明
販売元:自由國民社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続・地雷ではなく花をください―サニー カンボジアへ Book 続・地雷ではなく花をください―サニー カンボジアへ

著者:柳瀬 房子,葉 祥明,吹浦 忠正
販売元:自由國民社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サニーのゆめ ありがとう地雷ではなく花をください Book サニーのゆめ ありがとう地雷ではなく花をください

著者:柳瀬 房子,葉 祥明
販売元:自由國民社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (11) | トラックバック (2)

支離滅裂!みのもんた笑劇場~こんな人間がニュースの司会をしていていいのか?

みのもんたが朝っぱらから支離滅裂なコメントをしている「朝ズバッ!」だが、最近の支離滅裂ぶりは本当にひどい。
ホリエモンの判決が先日出たが、その中でどういうわけか、日銀の福井総裁ファンド出資問題をしきりに口にしていた。
福井総裁が出資したのは、村上ファンドじゃん。
どうして、ライブドアの粉飾に直接結びつくのかさっぱり意味不明。
それに、福井総裁は結局村上ファンドへの出資での利益だけでなく、元手も全額寄付したが、それでもみのもんたは気に入らないらしい。
本当に支離滅裂で頭おかしいよ、みのもんたは。
いじめ問題で一般視聴者が寄せたFAXを本にして儲ける方がよほど感覚がおかしいと思うが。

いのちまるごと―子どもたちは訴える(保健室からの緊急レポート) Book いのちまるごと―子どもたちは訴える(保健室からの緊急レポート)

著者:田中 なつみ
販売元:高文研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ