« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »

2007年1月21日 (日)

今、放送局では捏造が大ブーム!!フジテレビ系列の「あるある」でも捏造発覚~いい加減放送免許取り上げろよ

先日TBSでスポーツニュースの捏造が発覚したが、フジテレビ系列の関西テレビでも捏造が発覚した。
「発掘!あるある大事典II」で、納豆を食べるとやせるという報道が全くの捏造だったということだ。
この捏造報道のおかげで、納豆が店頭から姿を消し、品切れが続くという社会現象まで発生してしまった。

捏造したのは番組制作会社だが、その真偽をチェックして報道すべきかどうかの判断の責任はテレビ局が負っている。
番組制作会社に責任を押し付けて、捏造を許すテレビ局に被害者面をさせてはいけない。

だいたいテレビ放送を行うような大手のマスコミは、正義面して報道の自由を振りかざすくせに、自らの虚偽の報道の責任は取らない。
そのくせ給料だけはたくさん手に入れる。
フジテレビなんて、社員の平均年収1,400万円以上だからね(ヒラのOL含めての数字)。

正義の味方ぶって自由を振りかざし金をもうけて、そのくせ責任を取らないのだから、こんな楽な商売はない。
そういえば、夫である外資系証券の社員を妻が殺した事件があった。
この夫婦が住んでいたのは東京渋谷の家賃20万円の高級マンションだが、TBSの社員もその隣のマンションに住んでいるそうである(みのもんたが、「朝ズバッ!」で言っていた)。

フジテレビってフジサンケイグループだけど、その中の扶桑社もクソのようなマスコミだよな。
そこの「SPA!」も最悪。
いきなりFAXを送りつけて、この内容について明日までに回答をくれとのこと。
でないと、憶測記事を書くとか言ってきやがった。
ヤクザのゆすりたかりと変わんないじゃん。

そんなので、報道の自由だの正義だのを振りかざして高い給料をもらっているのだから、こんなクソマスコミはいい加減抹殺されろよ。

情報は誰のものか Book 情報は誰のものか

著者:筑紫 哲也,西山 太吉,細野 豪志,田島 泰彦
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

報道被害者と報道の自由 Book 報道被害者と報道の自由

著者:喜田村 洋一
販売元:白水社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (10)

相変わらずみのもんたは安倍シンゾーをかばいまくり!不正支出の大臣を選挙民が国会議員に選んだから、安倍シンゾーは大臣に選んだそーだ

「朝ズバッ!」で朝っぱらからくだらない発言を撒き散らしているみのもんただが、閣僚の事務所費用の不正支出をめぐる先日の発言にはあきれ返った。
その内容は以下のとおり。

事務所費用を不正に支出するような人間を国会議員として選挙民が選んだから、安倍シンゾーがそんな国会議員を大臣に選んだのだ。
だから、選挙民は反省すべきだ。

みのもんたの知的レベルが知れるというものだ。
国会議員の事務所が議員会館にあるので家賃がかからないのに、それを費用として計上しているのはおかしいなんて、選挙民より首相の安倍シンゾーが気づくべきことだろう。
にもかかわらず、それを選挙民に擦り付けるみのもんたのアホさ加減にあきれ返るよ。

安倍晋三の本性 Book 安倍晋三の本性

著者:俵 義文,魚住 昭,横田 一,佐高 信,『週刊金曜日』取材班
販売元:金曜日
Amazon.co.jpで詳細を確認する

安倍政権の日本 Book 安倍政権の日本

著者:星 浩
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介 Book 安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介

著者:宮崎 学,近代の深層研究会
販売元:同時代社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「アテンションプリーズ」を何となーく見て、何となーく違和感~あれがキャビンアテンダントの実態か?

先日「アテンションプリーズ」のスペシャル番組があった。
あれを見ていてなんとなく違和感を覚えたが、それは筆者だけだろうか。

いきなり出だしから、主人公の上戸彩がタクシーに乗って出社。
JALのキャビンアテンダントが、タクシーに一人で乗って出社というのは普通考えにくい。
キャビンアテンダントは、朝一番のフライトなどの始発の列車がない時間帯はタクシーに乗る。

JALの場合、経営状況が思わしくないせいか、タクシーで出社する場合は他のキャビンアテンダントとの乗り合いになる。
いちばん遠方のキャビンアテンダントが、途中で他のキャビンアテンダントを拾いながら数人でタクシーに乗り合わせるのだ。
だから、普通一人でタクシーで出社というのは考えにくいというわけだ。

他にも違和感があったが、そういうドラマをよくJALは認めているよなあ。

←こちらは「アテンションプリーズ」の当初のドラマです。上戸彩が演じたのはこれのリメイク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »