« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »

2007年1月30日 (火)

厚労相柳沢氏の「産む機械」発言~だったら、あんたは機械から生まれた製品だよ!

厚労相の柳沢によれば、女性は子供を産む「機械」なんだそーだ。
ということは、柳沢は女性から生まれた「製品」なんだろうねえ。
この人は、女性が子供を産んで育てることがいかに大変か理解しているのだろうか。
自分も母親たる女性に産んで育ててもらっただろうに、何て言いぐさなんだろうねえ。

子供を育てるということは、機械で作られた製品とは異なり、配偶者の協力や政府等のサポートが必要な大変なことなのだ。
そんなこともわからない人間が、厚労相を務められるのかねえ。

余談
柳沢を選んだ安倍シンゾーをみのもんたはかばいまくっているが、その発言は本当に笑えるよ。
今朝も「朝ズバッ!」で安倍シンゾーをかわいそうとかばいまくっていた。
いい加減、TBSはみのもんたを見限った方がいいよ。

子ども白書〈2006〉子どもを大切にする国・しない国Part.2―人口減少時代の未来をひらく想像力 Book 子ども白書〈2006〉子どもを大切にする国・しない国Part.2―人口減少時代の未来をひらく想像力

販売元:草土文化
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人口減少 新しい日本をつくる Book 人口減少 新しい日本をつくる

販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2007年1月28日 (日)

おかしな日本食をバカにするおかしな日本人

最近、海外での日本食に対する認証制度なるものを政府が検討しているようだ。
そして、それにかこつけたように、海外にはこんなに変な日本食があるとマスコミが取り上げている。

筆者は実にくだらない話だと思う。

海外の日本食を変な日本食と非難するのなら、過去に日本人が海外の食事をいわば「間違った」形で取り込んだことはどうなるのだろうか。

たとえばスパゲティ。

有名なのはナポリタンだろう。
ナポリに行っても、いわゆる日本のナポリタンのスパゲティはない。
ナポリで見られるのは、牛肉の塊や肉団子の入ったラグーだ。
また、バジルが日本で手に入らない時代は、バジルがシソ科ということで、シソの葉っぱを使って「バジリコ」として食堂等で提供されていた。
さらに、カルボナーラ。
日本ではカルボナーラというとベーコンが入っているが、イタリアの現地ではパンチェッタという肉の加工品を使っており、ベーコンは使わない。

キムチもそう。
日本で作られるキムチの大半は韓国ではキムチと見なされない。

韓国ではキムチを作る上で欠かせないのが、あみやいわしなどの塩辛。
これを入れて発酵させるのが韓国の伝統であり、これがなければ韓国ではキムチとして売れない。
しかし、日本産の漬けの原料にはこれらの塩辛が入っていない(スーパーか何かで原料を見てみれば、韓国産と日本産の大きな違いがわかる)。
でも、漬けの原料に塩辛がなくたって、日本ではキムチとして売られている。

パンもそうだ。
パンの中にあんこやカレーやうぐいすあんを入れるなんて、パンの本場のヨーロッパではありえない。
日本人オリジナルのパンである。

さらに、日本のカレーだって、インドのものとは異なっているし、日本のいわゆる中華料理だって現地とだいぶ異なる。

海外から食事を取り込む際には、国内の嗜好や調達可能な原料にあわせて、食事が現地化するのはごく普通のことだ。
そして、海外から様々な文化を取り入れてそれを日本的に発展させてきた日本人は、食事に対してもそのような導入の仕方をしてきた。

そんな日本人が、海外の日本食を変な日本食といって非難するというのはずいぶん心の狭い話だ。

 

粉から作るパスタとイタリアパン―楽しく作っておいしく食べる Book 粉から作るパスタとイタリアパン―楽しく作っておいしく食べる

著者:北村 光世
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

OXO SSサービング パスタサーバー Kitchen OXO SSサービング パスタサーバー

販売元:OXO (オクソー)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

味道 横型スパゲティトング AD-175 Kitchen 味道 横型スパゲティトング AD-175

販売元:和平フレイズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

らくゆで パスタポット Kitchen らくゆで パスタポット

販売元:富士パックス販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

さよなら、アカデミー賞~アカデミー賞でそれほど騒ぎ立てる必要があるのか?

最近菊地凛子さんがアカデミー賞にノミネートされたことが話題を呼んでいる。
が、そんなにアカデミー賞で騒ぎ立てるほどのことだろうか。

というと、菊地凜子さんがノミネートされたことにケチをつけるのかと言われそうだが、全く逆である。
むしろ、喜ばしいことである。
だが、問題は菊地凛子さんがノミネートされたことそのものではない。

アカデミー賞というと世界的な映画賞だと思われがちだが、その知名度に比較して実態は非常にローカルなものだ。

ノミネートされる条件として、ロサンゼルスで上映されることが条件となっている。
なぜかって言うと、アカデミー賞というのはもともとがハリウッドの娯楽映画業界の賞であるからだ。
したがって、それとは異質な分野、たとえば外国語映画部門やドキュメンタリー部門は非常に軽い扱いである。

確かに、ハリウッドの映画がほかの映画よりおもしろい時代であれば、アカデミー賞は目指すべき映画賞であったかもしれない。
しかし、最近のハリウッド映画の凋落ぶりとそれ以外の映画の台頭を見ると、もはやアカデミー賞など取るに足らないと言われても仕方がない。

最近のハリウッド映画が何でつまらないのか。
リメイク頼みやCGアニメ。
ここらが理由としてあげられるだろうか。
前者の場合、リメイクでも面白ければいいが、実際には面白くないものが多い。
特に2006年に公開された「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク、「ポセイドン」は、その年に日本の地上波でオンエアされた。
ハリウッド映画が公開されたその年に、日本の地上波で放送されるなんて、通常はあり得ないことだ。
後者の場合、近年のCGの技術の発展に驚かされて見たものの、どれも内容が同じような感じだ。
カーズやシャークテイル、ファインディング・ニモなど、どれも家族愛や友情などテーマが一緒。
何見ても後から思い返すと区別がつかないというひどい状況だ。

その一方で、ハリウッド映画以外の勃興がすさまじい。
日本でも2006年の邦画の観客動員数が洋画よりも上回ったようである。
世界各地の映画にも実にすばらしいものが出てきている。

ところで、菊地凛子さんがノミネートされた「バベル」の監督・アレハンドロ=ゴンザレス=イニャリトゥ氏だって、メキシコ出身の人で以前は外国語映画部門でノミネートされた人である。
この映画は「アモーレス・ペロス」というスペイン語の映画であり、筆者は非常に感動した(このとき受賞したの「グリーン・ディスティニー」だった)。
今回は英語なので、ノミネートされた部門が広がったが、結局のところハリウッド以外から参入した人なのである。

こうしてみると、アカデミー賞で今更騒ぐ必要はない。
ハリウッド映画の凋落とそれ以外の映画の台頭により、アカデミー賞にかつてほどの輝きはないのだから。

21グラム DVD 21グラム

販売元:東北新社
発売日:2006/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD アモーレス・ペロス

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2005/01/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (2)

« 2007年1月21日 - 2007年1月27日 | トップページ | 2007年2月11日 - 2007年2月17日 »