2007年3月18日 (日)

投資家保護以上に投資家教育が必要

ライブドア元社長のホリエモンに、判決が下った。
判決は有罪。

粉飾、それも会社の中身を相当偽る粉飾を行ったのだから、当然といえば当然といえる。
粉飾が発覚してから同社の株価はどんどん下がった。
本業がまったくの赤字で振るわなくて、ファイナンスで利益を出して会社の延命措置を施していたわけだけど、そのファイナンスも粉飾なのだから、中身がまったくの空っぽの会社であり、嘘で吊り上げられた株価は瞬く間にしぼんでしまった。

日興証券も粉飾があったが、会社の実態にそれほど影響を与える金額でもなく、本業も堅調であったため、株価がそれほど下がらなかったことからいえば、実に対照的な結果である。

ところで、なぜこのような中身が空っぽな会社に個人投資家は投資したのだろうか。
ホリエモンが若い人間でありながら、会社を上場企業に育て上げたから応援したいという理由もあったようだ。
また、経団連に加盟できたことを理由に投資した人もいたようだ。
しかも、退職金を丸々つぎ込んだ人もいたらしい。しかし、それらのこととその会社が投資対象として適格かであることとは別問題だろう。

今、ライブドア株で損を抱えた株主たちが損害賠償を求める動きがある。
投資家保護が不十分と主張している人がいるが、果たしてそれだけであろうか。
それ以上に投資家教育が徹底されていれば、ギャンブルと割り切る人間以外は投資しなかったのではないか(この場合、当たりのないギャンブルだったわけだが)。

大体一つの銘柄に丸々資金をつぎ込むことが筆者には信じられない。
しかも、このような中身のない会社。
本業はまったくだめで、ファイナンスで何とか儲け、しかも黒い噂が付きまとう。

そのような企業に投資することが筆者には考えられない。
普通に投資家教育を受けていれば、ライブドアに投資するなんて考えられないだろう。
投資家保護という名目で規制をかけても、投資家に投資の判断に必要な知識がなければ、投資につまずく人間を多数生み出すだけだ。

日経会社情報 2007年 春号 [雑誌] Book 日経会社情報 2007年 春号 [雑誌]

販売元:日本経済新聞社出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

会社四季報 2007年 2集春号 [雑誌] Book 会社四季報 2007年 2集春号 [雑誌]

販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2007年3月 3日 (土)

日銀の失敗~2月の利上げは正しかったか?

ここ数日、世界同時株安が発生している。
上海や深センでの株式市場の急落が、世界同時株安を引き起こしたと、テレビを中心に一般的なマスコミは解説しているようだが、筆者は、上海株式の急落は世界同時株安のきっかけでしかないと考えている。
それはあくまで経済をあまり理解していない人向けの単純な図式でしかない。

むしろ、アメリカでのGDPの確報値の大幅な低下や1月の耐久財新規受注の大幅な悪化が要因として大きいと筆者には思われる。
バーナンキFRB議長が利上げを何度か行ってきたが、これがアメリカ経済にジャブのように効いてきているようだ。
アメリカは景気低下に向けた軟着陸に成功しつつあるという大方の予想を裏切ったのが、今回の大幅なアメリカの株安であり、これがむしろ世界経済に悪影響を及ぼしそうだとして、投資家が株式市場から資金を引き上げたと思われる。

上海や深センでの株式市場の急落といっても、もともと国内投資家専用の市場が過熱気味だったのが、政府による引き締めにより景気悪化しそうだとうわさが広まって資金を引き上げだしたことが原因。
オリンピック特需に沸いている中国国内の投資家がバブルを引き起こしていたわけで、PERも40倍ぐらいと他の市場に比べてかなり高すぎた。
他の市場のPERは10数倍であり、それほど高くはない。
中国市場の急落はあくまで中国人投資家にしか影響がない範囲だったわけで、中国発の世界同時株安というのは短絡過ぎる。

さて、日本では2月に日銀が利上げを行った。

一部には、政府の反対を抑えて日銀の独立性を示したと評価する向きがあるが、筆者は全く逆の意見である。
なぜこの時期に利上げしたのかの理由が不明確だからだ。

日銀は1月の利上げを見送ったが、この理由としては、個人消費が伸び悩んでおり物価が上昇していないことが理由として挙げられた。
安倍政権の反対に屈服したのか否かという評価はさておき、物価が上昇していないから利上げはしないというのは実に経済学的に整合的な論理である。

それなら利上げを行った2月に物価や個人消費に関する指標は改善したのだろうか。
答えは否だ。
では、なぜ利上げを行ったのか。

2月のG7で、日本が低金利政策を続けているがために、円で資金を調達し高金利国通貨で運用する円キャリートレードが、世界経済を不安定にしていると声明が出たからである。
円キャリートレードが膨張していたのは1月でも同じである。
だったら、1月にでも利上げを行い、円キャリートレードによる投資の過熱を抑えることが必要だったのではないか。
2月に利上げを行い日銀の独立性を保ったなんていう人もいるが、円キャリートレードを恐れる外圧に肩を押された格好なのだ。

このような状況の中、日米の金利は今後どのように展開し、どのような経済環境を生み出すのか。
米国では、経済指標の悪化を受け、利下げを求める声が高まる可能性が大きい。
すると、日米の金利差が縮小し、円キャリートレードの巻き戻しがより加速するかもしれない。
つまり、買っていたドルを売却し円に換え、調達した円貨を返済することになるわけだ。
その結果、一時的かもしれないが、大幅な円高が加速する可能性もある。
すると、輸出企業の想定レートの見直しも余儀なくされて、企業業績が下方修正されることおそれがある。

株価の調整が一時的なものだと思っている人も多いようだが、その予想を裏切る結果になるかもしれない。
いずれにせよ、今回の世界同時株安が、今後日米の金利差や株価にどのような影響を与えるかは、あらかじめ意識しておいたほうがよかろう。

投資家のための金融マーケット予測ハンドブック Book 投資家のための金融マーケット予測ハンドブック

著者:住友信託銀行マーケット資金事業部門
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来 Book 国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来

著者:富田 俊基
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(上) 為替と金利はなぜ、いつ動くか編 Book 藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義(上) 為替と金利はなぜ、いつ動くか編

著者:藤巻 健史
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (14)

菊地凛子さんがオスカーを逃したけど・・・

まあ、しょうがないか。
だって、前にもこのブログで書いたけど、アカデミー賞って、ハリウッドのための祭典だもの。
最近では、徐々に傾向も変わってきて、難しい役どころを演じた人が受賞する例もあるんだけど、やっぱりハリウッドらしい映画の女優が賞を取ってしまった。

難しい役どころをこなしてオスカーを取ったといえば、小生は「ボーイズ・ドント・クライを思い出す。
菊地さんは健常者でありながら聾唖の女子高生という難しい役を立派にこなしたそうだが、例えば、「ボーイズ・ドント・クライ」のヒラリー=スワンクも、性同一性障害の女性を演じきって素晴らしい出来であった。
女性でありながら、女性である自分に違和感を持ち、男性として生きる女性。
彼女は女性でありながら、あたかも男性のようにスクリーンで振舞っていた。
何気ない仕草(櫛で髪をとかす手つきなど)までもが男性のようであり、決して大げさではなく、自然な男性の振る舞いであった。
小生の妻も、彼女を見て「この人本当に女性なの?」と驚いていた。

そのほかにも難しい役どころをこなしたといえば、ウディ=アレンの映画「ギター弾きの恋」で、口が聞けなくてやや知恵遅れ気味の少女ハッティを演じたサマンサ=モートンが挙げられるだろうか。
彼女もオスカーにノミネートされたが、受賞には至らなかった。

いずれにせよ、これらの演技派の女優が、映画を変えていくかもしれない。

ボーイズ・ドント・クライ DVD ボーイズ・ドント・クライ

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ギター弾きの恋 DVD ギター弾きの恋

販売元:メディアファクトリー
発売日:2001/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (4)

2007年2月26日 (月)

みのもんた笑劇場~菊地凛子さんにみのもんたが言った珍言

みのもんたは前々からアホだと思っていたが、ここまでアホとは知らなかった。
それは今朝の「朝ズバッ!」の話。

アカデミー賞の会場に向かわんとする菊地さんに向かって、衛星中継でみのもんたがインタビュー。

曰く、「菊地さんって、映画に詳しいそうですね」だそうだ。

はあ?

菊地凛子さんを誰だと思っているんだよ?

女優だよ、しかも映画に何本も出ているんだよ!!

アホかみのもんたは。

イチローに、「野球がお好きなんですね」と訊くのと同じぐらい愚問だよ。
本当にみのもんたはアホだよ。
世の中、こんなアホが好きなバカもいるようだけどね。

余談

ところで、スポーツ新聞を飛行機内で読んでいたイチローに対して、「野球がお好きなんですね」と尋ねた強者のキャビンアテンダントがJALにはいたそうである。本当にイチローそのものを知らなかったらしい。

菊地凛子さんが出演している映画を挙げておくので、みのもんたは見ておくように。

笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション DVD 笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰がために DVD 誰がために

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2006/02/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (6)

2007年2月17日 (土)

疑惑の東京マラソン~どう考えてもファシスト都知事石原の自己満足だろ?

さて、2/18に東京マラソンとやらが開かれる。
もともと存在した東京国際マラソンと東京シティロードを統合して開くらしいが、石原が誘致に熱心な東京オリンピックの予行演習の目的も兼ねているようだ。

筆者は東京オリンピックの誘致に反対しているので、東京マラソンにも反対だ。
大体、そんな無駄金使って東京の中心部の交通を長時間止める人間の気が知れない。
ドイツのファシストのヒトラーも、ベルリンオリンピックにご執心だったから、このようなスポーツ大会の大々的開催というのは、ファシストに共通した心理なのだろう。
わざわざ起点を東京都庁にしたところも、その心理の表れなのかもしれない。

しかもこのマラソン、当初は青梅マラソンと見事にバッティング。
どう考えても都知事石原が仕組んだと思うのだが。
というのも、都知事石原が東京オリンピックの計画を出したとき、多摩地方の市町村は反対した。
オリンピックの開催場所がほとんど23区内とその周辺で完結する内容だったため、恩恵がない多摩地方の市町村はその計画にブーイングを浴びせたのだった。
それに対し都知事石原は、「吠え面かくなよ」と言ったそうである。
都知事石原が東京マラソンの開催日を伝統ある青梅マラソンの日程にわざとぶつけたと筆者は推測している。

「他国のマラソンイベントの関係で2月に実施した」というようなことを都知事石原は言っていたそうだが、額面どおりに受け取るわけにはいかない。
ここ数年、前身の東京国際マラソンは2月の第2日曜日に開催されていた。
必ずしも2月の第3日曜日である必要はない。
ここ数年アスリートが務めていた青梅マラソンのスターターを今年は都知事石原が務めたことからも、主催者の1つ青梅市あたりが「名誉職」を都知事石原に与えてなだめたのだろうかと邪推してしまう。

いずれにせよ、ファシストの考えることはろくでもない結果しか招かないということだ。

余談
ところで、「朝ズバッ!」では、「石原都知事はちゃんと東京マラソンを実現したではないですか」などと、褒め称えるようなことをみのもんたが言っていた。
こんなファシストを讃えるみのもんたは、やっぱりレベルの低い司会者ということだ。

ぼくたちが石原都知事を買えない四つの理由。 Book ぼくたちが石原都知事を買えない四つの理由。

著者:姜 尚中,宮崎 学
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (10)

みのもんた笑劇場~下手なお笑いより面白い、みのもんたの珍言妄言

一昨日の「朝ズバッ!」(一昨日だったかも)だったか、またまたみのもんたが珍言妄言を振りまいていた。

曰く、「安倍首相の支持率が低いのは、安倍さんのせいではない、国会議員皆さんのせいだ」そうだ。

はあ?という感じである。
大体さあ、国民の大半が興味ない改憲に熱心で(相当岸信介の亡霊に取りつかれているようだ)、格差問題など肝心な経済問題をおろそかにしているのは安倍シンゾーだろ?
しかも、不明朗な事務所費支出を行っている人間を大臣に登用しているんだから、支持率下がって当然。
にもかかわらず、公共の電波を使って、安倍シンゾーをかばいまくっているみのもんた。
こんな人間がニュース番組の司会をするのだから、TBSはおかしいよ。

安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介 Book 安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介

著者:宮崎 学,近代の深層研究会
販売元:同時代社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月11日 (日)

関西テレビがいい加減な報告書を提出~だから、いい加減放送免許を取上げろって

「発掘!でたらめ大事典Ⅱ」じゃなかった「発掘!あるある大事典Ⅱ」で、責任者たる関西テレビが報告書を総務省に提出したそうだ。
その内容たるや、自らの責任逃れをはかり、孫請け制作会社に全ての責任を押し付けているものだそうだ。
しかも、孫請けがやった不正はチェック不可能と弁明し、再発防止も書いていないそうだ。

アホかいな、と思う。

だったら、孫請けに出さずに自ら制作し、きちんとチェックしろよ。
不正も見抜けないようなチェック体制を改めろよ。
そんなチェック体制を続けている経営責任も問えよ。
大体、英語で説明している学者の発言に対して、めちゃくちゃな日本語訳を付けていたんだよな?
そんなの生の録音をヒアリングして、自分で翻訳すれば、おかしな日本語訳だって気づくはず。
そんなのも気づかないチェックって、一体どんなチェックだよ。

視聴率が取れるか取れないかしか見ていなかったのかね。
ウソでも視聴率が取れればいいというのが体質なんだろうね。
1回ならともかく、それが何年も続いていて見抜けなかったんだろ?
しかも、孫請けを安い値段でこき使って、自らはいい加減な番組でボロ儲けしていたんだろ?

最近気になるのが、マスコミの異常ぶりである。
論文の盗用に捏造。
そうまでして視聴率を取りたいか?

いい加減、総務省も本気出して放送免許の取上げも考えたら?
総務省はいつまで経ってもなめられっぱなしになるよ。

不二家は店閉めてチェックしているが、これだけの大規模な不正ならそれぐらい当然である。
関西テレビは一切報道を中止しても、全部の番組の見直しぐらいすべき。
他のマスコミ(論文盗用を行うところ)もそう。
企業の不正は偉そうな顔をして正義ぶって報道するが、自浄能力はないというのであれば、企業として話にならんな。

視聴率の謎にせまる―デジタル放送時代を迎えて テレビ社会と私たちの暮らしの関わりを探る格好のテレビ論 Book 視聴率の謎にせまる―デジタル放送時代を迎えて テレビ社会と私たちの暮らしの関わりを探る格好のテレビ論

著者:藤平 芳紀
販売元:ニュートンプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

テレビのからくり Book 映像とは何だろうか ― テレビ制作者の挑戦

著者:吉田 直哉
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年1月30日 (火)

厚労相柳沢氏の「産む機械」発言~だったら、あんたは機械から生まれた製品だよ!

厚労相の柳沢によれば、女性は子供を産む「機械」なんだそーだ。
ということは、柳沢は女性から生まれた「製品」なんだろうねえ。
この人は、女性が子供を産んで育てることがいかに大変か理解しているのだろうか。
自分も母親たる女性に産んで育ててもらっただろうに、何て言いぐさなんだろうねえ。

子供を育てるということは、機械で作られた製品とは異なり、配偶者の協力や政府等のサポートが必要な大変なことなのだ。
そんなこともわからない人間が、厚労相を務められるのかねえ。

余談
柳沢を選んだ安倍シンゾーをみのもんたはかばいまくっているが、その発言は本当に笑えるよ。
今朝も「朝ズバッ!」で安倍シンゾーをかわいそうとかばいまくっていた。
いい加減、TBSはみのもんたを見限った方がいいよ。

子ども白書〈2006〉子どもを大切にする国・しない国Part.2―人口減少時代の未来をひらく想像力 Book 子ども白書〈2006〉子どもを大切にする国・しない国Part.2―人口減少時代の未来をひらく想像力

販売元:草土文化
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人口減少 新しい日本をつくる Book 人口減少 新しい日本をつくる

販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2007年1月28日 (日)

おかしな日本食をバカにするおかしな日本人

最近、海外での日本食に対する認証制度なるものを政府が検討しているようだ。
そして、それにかこつけたように、海外にはこんなに変な日本食があるとマスコミが取り上げている。

筆者は実にくだらない話だと思う。

海外の日本食を変な日本食と非難するのなら、過去に日本人が海外の食事をいわば「間違った」形で取り込んだことはどうなるのだろうか。

たとえばスパゲティ。

有名なのはナポリタンだろう。
ナポリに行っても、いわゆる日本のナポリタンのスパゲティはない。
ナポリで見られるのは、牛肉の塊や肉団子の入ったラグーだ。
また、バジルが日本で手に入らない時代は、バジルがシソ科ということで、シソの葉っぱを使って「バジリコ」として食堂等で提供されていた。
さらに、カルボナーラ。
日本ではカルボナーラというとベーコンが入っているが、イタリアの現地ではパンチェッタという肉の加工品を使っており、ベーコンは使わない。

キムチもそう。
日本で作られるキムチの大半は韓国ではキムチと見なされない。

韓国ではキムチを作る上で欠かせないのが、あみやいわしなどの塩辛。
これを入れて発酵させるのが韓国の伝統であり、これがなければ韓国ではキムチとして売れない。
しかし、日本産の漬けの原料にはこれらの塩辛が入っていない(スーパーか何かで原料を見てみれば、韓国産と日本産の大きな違いがわかる)。
でも、漬けの原料に塩辛がなくたって、日本ではキムチとして売られている。

パンもそうだ。
パンの中にあんこやカレーやうぐいすあんを入れるなんて、パンの本場のヨーロッパではありえない。
日本人オリジナルのパンである。

さらに、日本のカレーだって、インドのものとは異なっているし、日本のいわゆる中華料理だって現地とだいぶ異なる。

海外から食事を取り込む際には、国内の嗜好や調達可能な原料にあわせて、食事が現地化するのはごく普通のことだ。
そして、海外から様々な文化を取り入れてそれを日本的に発展させてきた日本人は、食事に対してもそのような導入の仕方をしてきた。

そんな日本人が、海外の日本食を変な日本食といって非難するというのはずいぶん心の狭い話だ。

 

粉から作るパスタとイタリアパン―楽しく作っておいしく食べる Book 粉から作るパスタとイタリアパン―楽しく作っておいしく食べる

著者:北村 光世
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

OXO SSサービング パスタサーバー Kitchen OXO SSサービング パスタサーバー

販売元:OXO (オクソー)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

味道 横型スパゲティトング AD-175 Kitchen 味道 横型スパゲティトング AD-175

販売元:和平フレイズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

らくゆで パスタポット Kitchen らくゆで パスタポット

販売元:富士パックス販売
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

さよなら、アカデミー賞~アカデミー賞でそれほど騒ぎ立てる必要があるのか?

最近菊地凛子さんがアカデミー賞にノミネートされたことが話題を呼んでいる。
が、そんなにアカデミー賞で騒ぎ立てるほどのことだろうか。

というと、菊地凜子さんがノミネートされたことにケチをつけるのかと言われそうだが、全く逆である。
むしろ、喜ばしいことである。
だが、問題は菊地凛子さんがノミネートされたことそのものではない。

アカデミー賞というと世界的な映画賞だと思われがちだが、その知名度に比較して実態は非常にローカルなものだ。

ノミネートされる条件として、ロサンゼルスで上映されることが条件となっている。
なぜかって言うと、アカデミー賞というのはもともとがハリウッドの娯楽映画業界の賞であるからだ。
したがって、それとは異質な分野、たとえば外国語映画部門やドキュメンタリー部門は非常に軽い扱いである。

確かに、ハリウッドの映画がほかの映画よりおもしろい時代であれば、アカデミー賞は目指すべき映画賞であったかもしれない。
しかし、最近のハリウッド映画の凋落ぶりとそれ以外の映画の台頭を見ると、もはやアカデミー賞など取るに足らないと言われても仕方がない。

最近のハリウッド映画が何でつまらないのか。
リメイク頼みやCGアニメ。
ここらが理由としてあげられるだろうか。
前者の場合、リメイクでも面白ければいいが、実際には面白くないものが多い。
特に2006年に公開された「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク、「ポセイドン」は、その年に日本の地上波でオンエアされた。
ハリウッド映画が公開されたその年に、日本の地上波で放送されるなんて、通常はあり得ないことだ。
後者の場合、近年のCGの技術の発展に驚かされて見たものの、どれも内容が同じような感じだ。
カーズやシャークテイル、ファインディング・ニモなど、どれも家族愛や友情などテーマが一緒。
何見ても後から思い返すと区別がつかないというひどい状況だ。

その一方で、ハリウッド映画以外の勃興がすさまじい。
日本でも2006年の邦画の観客動員数が洋画よりも上回ったようである。
世界各地の映画にも実にすばらしいものが出てきている。

ところで、菊地凛子さんがノミネートされた「バベル」の監督・アレハンドロ=ゴンザレス=イニャリトゥ氏だって、メキシコ出身の人で以前は外国語映画部門でノミネートされた人である。
この映画は「アモーレス・ペロス」というスペイン語の映画であり、筆者は非常に感動した(このとき受賞したの「グリーン・ディスティニー」だった)。
今回は英語なので、ノミネートされた部門が広がったが、結局のところハリウッド以外から参入した人なのである。

こうしてみると、アカデミー賞で今更騒ぐ必要はない。
ハリウッド映画の凋落とそれ以外の映画の台頭により、アカデミー賞にかつてほどの輝きはないのだから。

21グラム DVD 21グラム

販売元:東北新社
発売日:2006/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

DVD アモーレス・ペロス

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2005/01/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (2)

より以前の記事一覧