2007年1月21日 (日)

今、放送局では捏造が大ブーム!!フジテレビ系列の「あるある」でも捏造発覚~いい加減放送免許取り上げろよ

先日TBSでスポーツニュースの捏造が発覚したが、フジテレビ系列の関西テレビでも捏造が発覚した。
「発掘!あるある大事典II」で、納豆を食べるとやせるという報道が全くの捏造だったということだ。
この捏造報道のおかげで、納豆が店頭から姿を消し、品切れが続くという社会現象まで発生してしまった。

捏造したのは番組制作会社だが、その真偽をチェックして報道すべきかどうかの判断の責任はテレビ局が負っている。
番組制作会社に責任を押し付けて、捏造を許すテレビ局に被害者面をさせてはいけない。

だいたいテレビ放送を行うような大手のマスコミは、正義面して報道の自由を振りかざすくせに、自らの虚偽の報道の責任は取らない。
そのくせ給料だけはたくさん手に入れる。
フジテレビなんて、社員の平均年収1,400万円以上だからね(ヒラのOL含めての数字)。

正義の味方ぶって自由を振りかざし金をもうけて、そのくせ責任を取らないのだから、こんな楽な商売はない。
そういえば、夫である外資系証券の社員を妻が殺した事件があった。
この夫婦が住んでいたのは東京渋谷の家賃20万円の高級マンションだが、TBSの社員もその隣のマンションに住んでいるそうである(みのもんたが、「朝ズバッ!」で言っていた)。

フジテレビってフジサンケイグループだけど、その中の扶桑社もクソのようなマスコミだよな。
そこの「SPA!」も最悪。
いきなりFAXを送りつけて、この内容について明日までに回答をくれとのこと。
でないと、憶測記事を書くとか言ってきやがった。
ヤクザのゆすりたかりと変わんないじゃん。

そんなので、報道の自由だの正義だのを振りかざして高い給料をもらっているのだから、こんなクソマスコミはいい加減抹殺されろよ。

情報は誰のものか Book 情報は誰のものか

著者:筑紫 哲也,西山 太吉,細野 豪志,田島 泰彦
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

報道被害者と報道の自由 Book 報道被害者と報道の自由

著者:喜田村 洋一
販売元:白水社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (10)

2006年12月 4日 (月)

ドラゴン桜ってよく続くよなあ・・・

この漫画、原作者にネタがないから、出版社の担当者にアイデア出させていたんじゃなかったっけ?
えっ?何でそんなこと知っているかって?

筆者の知り合いから相談されたんだよね、担当者がネタに困っているって(筆者の知り合いがその担当者からどんな経路で依頼されたかは知らない)。
そのときは仕事が忙しくて、あんまり思いつかないって回答しちゃったけど、でも、いろいろ受験勉強のテクニックから正攻法までいろいろあったなあ。

ちなみに筆者はこの漫画を読んだことがない。
大学時代は無類の漫画好きだった。
幼稚園のころから、漫画にはまっていて、ブラックジャックやドカベン、エコエコアザラク(ってチャンピオンばっか)が好きだったなあ。
熱笑!花沢高校とかがきデカとかも好きだった。

人からネタを仕入れるのは悪いことではないと思う。
取材を元に漫画を作成することもあるから。
でも、担当者にせびるなよなあ。
自分の足で稼げっつーの。

ドラゴン桜 (1) Book ドラゴン桜 (1)

著者:三田 紀房
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドラゴン桜 (2) Book ドラゴン桜 (2)

著者:三田 紀房
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年10月 1日 (日)

日経新聞の情けなさ

2006年9月25日(だったかな)の話だが、日経新聞にこのようなことが書かれていた。

最近では企業の人手不足が顕著になってきた。マネー営業などの即戦力が特に足りない。これは企業が人材育成を怠ってきたからだ。

何を言ってるのだ。
ついほんの少し前(5年も前ではない)まで、企業は、国際競争に生き残るために人員・負債・設備の三つの過剰を解消せよと言ってきたのはどこのどいつだ!!

日経新聞の節操のなさにはあきれるばかりだ。

経済知るなら日経新聞とでも言わんばかりのコマーシャルを流しているが、100年早いわ!!

コア・コンピタンス経営―未来への競争戦略 Book コア・コンピタンス経営―未来への競争戦略

著者:ゲイリー ハメル ,Gary Hamel ,C.K. プラハラード ,C.K. Prahalad
販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

グローバル競争に勝ち抜く戦略―技術力&マネジメント力革新で最強のコア・コンピタンス創り Book グローバル競争に勝ち抜く戦略―技術力&マネジメント力革新で最強のコア・コンピタンス創り

著者:速践ビジネスシリーズ企画委員会,伊藤 要蔵
販売元:日科技連出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

広告ではないけど、「日本農業新聞」って面白い!!

先日妻の実家に行ったときに、「日本農業新聞」という新聞があることを知った。
JAグループの新聞社が発行しており、日本で唯一の日刊農業専門紙だそうである。
筆者の両親も農家出身だが、このような新聞があるとは知らなかった。
妻の実家も農業を行っているが、農業協同組合の輪番制の仕事のため、購読しているとのことである。
農業に従事していない筆者が普段購読しているのは日本経済新聞だが、その筆者が読んでも内容が面白い。

例えば、「超古米の在庫がなくなった」とか、「特許法等に比べて種苗法の権利保護が弱い」とか、普通の新聞ではあまり(というかほとんど)載せないような記事が載っている。

農業に従事する人口はかなり減少しているが、そうはいっても日本の人口の3%程度はいるわけだから、もっと注目してもいいように思う。
日本の農業というのは、貿易問題とも関連が深い一方、あまりその実態が一般の人には知られていないことも多いのではないかと思う。

食と農の黙示録―あしたへ手渡すいのち Book 食と農の黙示録―あしたへ手渡すいのち

著者:日本農業新聞
販売元:影書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

窓を開けて―農村女性の介護・相続・嫁姑 Book 窓を開けて―農村女性の介護・相続・嫁姑

著者:日本農業新聞
販売元:影書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

漢民族のメンタリティがわかる奇書

今から20年ぐらい前に読んで未だに忘れられない強烈な歴史小説がある。

その名は「馬賊戦記」。

時は第一次世界大戦後、小日向白朗という青年が、特需で儲けた資金を元手に中国大陸に渡る。
当時流行の馬賊にあこがれて、自分も一通りの格好をして日本軍の特務機関の一員として中国に行くも、現地で捕まってしまう。
馬賊といってもピンきりで、盗賊まがいの馬賊もいるが、彼を捕まえた馬賊は実は地元の名士が率いる農村の保衛団。
中央政府の統制の利かない当時の中国では、町や村が自らの力で身を守るしかなかったのだ。
最初は下っ端として働き始めるが、やがて頭角を現し、中国東北部で彼を知らないものはないというぐらいの中国人のヒーローになってしまう。
あるときは千山を舞台に東北抗日義勇軍を率いたり、あるときは張作霖の配下に属したり、あるときは上海で秘密結社「青幇」(チンパン)の幹部になったりと、「本当なの?」と思えるような実話が出てきて驚かされる。
日本人としての意識を持ちつつも、中国人を理解しようとしない日本人に怒りを覚える主人公。

中国人の考え方もわかって面白い。
中国人はとにかく約束を重んじるそうだ。
酒の席のちょっとした約束もきちんと果たすという、義を重んじる性格だそうである。
首脳会談でその場しのぎのことを言って、後でそれと相反することをするような政治家は、対中交渉ではうまくいかないだろう。

馬賊戦記(上)新装改訂版馬賊戦記(上)新装改訂版

馬賊戦記(下)新装改訂版馬賊戦記(下)新装改訂版

| | コメント (0)

2006年9月19日 (火)

リチャード=クー氏を久しぶりに見たなあ@週刊東洋経済

9/23号の週刊東洋経済に、リチャード=クー氏のインタビューが顔写真入りで掲載されていた。
最近メディアへの露出が少なかっただけに、久しぶりだなあという印象を受けた(筆者が雑誌やテレビに目を通さないだけ?)

ワールドビジネスサテライトでは、小泉・竹中路線の批判を展開していたが、氏が同番組のコメンテーターを退いてからは、同番組で批判的な論調を展開する人もいなくなったようだ。

週刊東洋経済のインタビューでは、従来と同様に小泉構造改革を批判していた。
植草一秀氏が有罪と無罪のいずれかに決まったわけではないが、いずれにせよ植草氏の活動には大きな影響が出るであろう。

リチャード=クー氏にはぜひともがんばってもらいたい。

デフレとバランスシート不況の経済学 Book デフレとバランスシート不況の経済学

著者:リチャード・クー
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本経済 生か死かの選択―良い改革悪い改革 Book 日本経済 生か死かの選択―良い改革悪い改革

著者:リチャード クー
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月18日 (月)

「貧困の終焉」を読む!!~どうして世界の貧困が解消しないのか

貧困国をどうするかという問題は古くて新しい問題だ。
先進国が経済的な発展を続ける一方で、貧困国が貧困のまま取り残されている状況をどう考え、どう対処するか。

そんな中、ジェフリー=サックス氏の「貧困の終焉」が発売された。
氏は非常に著名な経済学者である。

で、氏の主張は至ってシンプル。

先進国が十分な経済援助を行ってこなかったから、貧困が解消しないのであり、その解消には先進国が十分な経済援助を行えばよいというものだ。

これまで経済援助を行ってきたが、だったら、どの程度の経済援助を行うべきか
そこらへんは本書を確認されたいが、それほど多くはない(ただし、現状では不十分)。

というと、貧困国の国民は怠惰だから経済発展しないのではないかなどの反論が出てくる。
それに対し、根拠なき俗説として反論を退ける。

貧困イコール怠惰というのは、単純なレッテル貼りにすぎない。
実は100年以上前も、世界の国々からは、日本人は怠惰だから貧困であり決して豊かになれないと考えられていた。
アフリカの村では、水道などのインフラが不十分。
したがって、生活に必要な水を1日がかりで汲みに行くという骨の折れる労働をアフリカの人々は勤勉にこなしている。
つまり、インフラが整えば、その勤勉さを別の方面に生かして、もっと経済的に発展できるということなのである。

この本は、貧困国含めた世界経済を考える上で必読である。

ところで、話は変わるが、発展途上国の問題解決にも尽力している藤原紀香さんの自民党からの参院選出馬の話が立ち消えになったようだ。
彼女は護憲派(特に9条のところ)で、次期自民党総裁と目される安倍シンゾーの改憲とは相反するから、あるべき姿に落ち着いたということだろう。

貧困の終焉―2025年までに世界を変える Book 貧困の終焉―2025年までに世界を変える

著者:ジェフリー サックス
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月17日 (日)

ローマ法王につける薬!!

楽天トラベル

イスラム教とその預言者ムハンマドに関するローマ法王の発言を巡って、ローマ法王がイスラム教徒から激しい抗議を受けている。
その内容は、14世紀のビザンチン帝国皇帝のジハードに関する発言であり、ムハンマドがもたらしたものは邪悪と残酷だけであるというものだ。

そのような発言は歴史認識の乏しさを表しているとしか思えない。
それに先立つ十字軍は、ヨーロッパ人がいかに野蛮でアラブ人に対し残酷な行為を行ったかを表すものでしかない。
しかも、ヨーロッパはこのとき文明的に遅れており、優れたアラブの文化を十字軍等を通じて受容することにより、その後の自らの文明を発展させることができた。

ここらへんのことは、「アラブが見た十字軍」という本が詳しい。
ローマ法王はこの本を読んだ方がよい。

この本では、世界史では習わない、アラブ世界から見た十字軍の実態がわかる。
なお、この本は単なるアラブびいきというわけではない。

ヨーロッパがアラブの文化を吸収していっそう文明を発展させた一方で、アラブが停滞に陥ってしまった理由も分析しており興味深い。
この分析はイスラム原理主義の台頭の分析にも応用できるものと思う。

アラブが見た十字軍 Book アラブが見た十字軍

著者:アミン マアルーフ
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年9月 9日 (土)

家田荘子さんに惚れる!

自分は愛知県名古屋市出身で名古屋が大好き。
で、家田荘子さんはノンフィクションを中心に活躍する作家だが、彼女も愛知県出身。
そんな彼女が原作を手がけた漫画が「AB・フリャー」。

これは今読んでも非常に面白い漫画だ。
設定は以下のとおり。

優秀なアメリカの軍事ジャーナリストの「アルバート・ビリー・フラー」つまり「AB・フリャー」が、自らの希望で名古屋に赴任する。
名古屋を県庁所在地とする愛知県は、信長・秀吉・家康の武将を生んだ地であり、軍事ジャーナリストとしては日本を軍事面で知る上で興味があったというのがその理由だ。
しかし、その名古屋で一癖も二癖もある周りの人間によってドタバタに巻き込まれていくとともに、名古屋独特の文化を知っていく。
ちなみに、彼は出身地のカリフォルニアのワインを飲むと、名古屋弁と空手が出てしまい、それによって事件も解決してしまう。

で、このドタバタが中心なんだが、非常に面白いのに既に絶版で手に入らない。
何せ1994年に出た漫画だし、10年以上前に発刊されて今でも販売され続ける方が圧倒的に少ないわけだからね。
この漫画の1巻のあとがきに彼女はこう書いた。

「バブルの影響も受けない、日本で唯一の独立国家、名古屋。今はまだまだ、しいたげられてますが、最後に笑うのは、そう、名古屋なのです」

そして、2巻のあとがきはこのように書いている。

「しかし、名古屋ほど不況に強い独立県はありません。あと十年、不況が続いたら、いよいよ名古屋の出番です。そう、最後に笑うのは、やっぱりケチでなく、合理主義の名古屋人なのです。よー覚えときゃー」

今でこそ、愛・地球博や中部国際空港で知名度が上がったこともあってか、日本で一番元気がいいだの名古屋経済は不況に強いだの言われているが、1994年時点で全国区ベースでそんなことを言う人は、ほとんどいなかった。
そんな中、彼女がこのように明確に名古屋の将来性・可能性を信じていたこと、そしてそのとおりになったということは、彼女のものを見る目がしっかりしているということではないか(そんな大げさなものではないかもしれないが)。

特に経済関係の新聞や雑誌も、元気だの不況に強いだの、名古屋経済を肯定的に捉えて記事を書き出したのってここ2・3年のことではないか。

名古屋を中心とする愛知県の企業は、もともと借金嫌いで合理主義だから、無駄なことに金を使わないことは徹底していた。
これは名古屋人の気質によるものだが、何もここ数年の現象ではなく、もともと文化として根付いたものだ。
だったら、不況に強いということで名古屋経済にもっと早く注目してもよかったわけだ。
経済関係の新聞や雑誌というのは、流行に敏感そうなイメージがあるけど、実は名古屋経済が騒がれてから取り上げるなど、結構流行に遅れがちなのが実情である。

そういえば、日経がスポンサーでテレ東系で放送している「ワールド・ビジネス・サテライト」という経済中心のニュース番組だって、バブルの崩壊した年1989年に始まったなあ。
バブル崩壊時期に、これからは経済のニュースだといって始まったわけだ。

彼女の作品は好みが分かれると思う(自分も好きというほどではないけど)が、彼女の漫画のあとがきを読み返すにつけ、そのようなことを考える。

Abfurya

これがその表紙の写真です。






何キロやせたら綺麗になれますか―ダイエットに賭ける女たち Book 何キロやせたら綺麗になれますか―ダイエットに賭ける女たち

著者:家田 荘子
販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

歌舞伎町シノギの人々 Book 歌舞伎町シノギの人々

著者:家田 荘子
販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

渋谷チルドレン Book 渋谷チルドレン

著者:家田 荘子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年8月27日 (日)

雑誌「Will」での櫻井よしこが必死なので、とても笑える

今日の新聞の広告欄に「Will」という雑誌の広告が載っている。
「富田メモ」「靖国問題」についての特集らしい。
クソみたいな雑誌なので、読む気にもなれないが、当然のことながらこの雑誌の論調からして、「富田メモ」を貶める内容しか載っていないようだ。

その中には、櫻井よしこの「『富田メモ』に異議あり!」という寄稿のタイトルがある。
副題として、「史料価値として『富田メモ』をはるかに凌駕する『昭和天皇独白録』を提示しながら、媚中派・日経新聞の同メモ公開の姿勢に厳しくメスを入れる!」とある。

何かもう、あまりにも必死なので、笑いが止まらない。
ついに気がふれたのかと思うぐらいだ。
この人、富田メモの現物を見たのかね。
文藝春秋9月号ではこのメモをめぐって徹底的に専門家が検証を行ったが、この時代の歴史家の一人者である、半藤一利氏・秦郁彦氏はそのメモの正当性を保証しているともいえる。

櫻井よしこは、「昭和天皇独白録」で昭和天皇が東条英機に高い評価を与えていたことを根拠に富田メモの正当性を疑っているのだろうか。
確かにそのような記述はあっても、それは最初のうち。
戦況が悪化すると東条英機の言葉も信じられずにアメリカの短波放送で戦況を把握していたそうだ(敵国の情報の方が信じられたということだ)。
ということは、彼に対しては裏切られたという感情を抱いていたとも想像できる。

(ここらへんは、文藝春秋9月号や立花隆氏の記事を参考にしています)

しかし、それにしても、Willという雑誌も櫻井よしこもいつまで負け犬の遠吠えを繰り返すのか。
立花隆氏がこの記事で述べている表現が適切だ。

それらの議論の特徴を一言で要約すると、もっぱら「にちがいない」「としか考えられない」という論法を駆使することによって、ろくに根拠もなく、自分の願望を客観的な現実ととりちがえてしまうお粗末な議論の羅列といってよい。

このような雑誌や寄稿者は、負けても負けても同じ説明を繰り返し、何の知識のない人間に捏造した危機感であおりたて誤った知識を植えつけようとするのだろう。
いい加減見苦しいから、言論界から去ってほしい。

靖国問題の核心 Book 靖国問題の核心

著者:富岡 幸一郎,三上 治,大窪 一志
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (4)