2006年10月28日 (土)

2005年度の軽自動車販売台数が前年度比36%増と好調~トヨタによるスズキいじめも激しくなるかも

全軽自協の発表によると、2005年度の軽自動車販売台数は、前年度比36%増の約195万台だそうだ。
一方で軽自動車以外の販売は苦戦している。
日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表した2005年度の国内新車販売台数(軽自動車除く)は、約391万台と04年度比0.7%減った。

原因はいくつかあろう。
軽自動車は車両価格の安さに加え、税金が安く燃費が良い。
しかも以前に比べて車両性能が改善している。
また、日本人が車に対して抱くイメージが変わりつつあるのも原因の一つだろう。
かつては贅沢品でステータスの象徴だった車が、今では日常の足として意識されていることも事実だ。

このような状況では軽自動車首位のスズキが、自らは軽自動車を製造していないトヨタ(グループのダイハツでは製造)により激しくいじめられるかもしれない。

トヨタは軽自動車の販売で好調の目障りでしょうがないようだ。
会長の張氏が自工会の会長に就任したのも、軽自動車の低い税金を他の自動車なみに引き上げるのが目的と、堂々とアナリストの説明会で言うぐらいだから。

レクサスの国内販売が不調だからスズキに八つ当たりしているのだろうか。
税率はどこの企業も同じである。
であれば、自らもそれに応じた戦略を採るべきなのに、自工会の会長として自らの企業のために税率を変更させるのはいかがなものか。

世界のトヨタといってもこのようなことを行っている企業なのである。

トヨタ・レクサス惨敗―ホスピタリティとサービスを混同した重大な過ち Book トヨタ・レクサス惨敗―ホスピタリティとサービスを混同した重大な過ち

著者:山本 哲士,加藤 鉱
販売元:ビジネス社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (8)